2018年03月06日

【不可思議 】クレーンゲームとパチンコ台

20171225-00079650-roupeiro-000-37-view
最近のゲームセンターってTVゲーム機はあんまり設置してないんだなあ、
殆ど縁が無いので永い事気が付かなかった。

要するにクレーンゲームとかの景品ゲーム機が主流なようで、お店に拠っては100%景品ゲームってとこも多いようだ。

こないだ、たまたま店頭のクレーンゲームをあんちゃんが熱を入れてトライしているところを通りかかって・・・

UFOキャッチャーなんだけど、景品は透明の直径10数センチの丸いカプセルに入ってて、それを3本アームで掴むという機種。

で、見始めて1発目でアームがカプセルを掴んだ、
そのままスーッと持ち上がって行って、
お、やったねこれ
って思った瞬間、カプセルはアームからポトッて落下してしまった。

IMG_20180220_183327え?え?  どうして?


真ん丸いカプセルを3本のアームで掴めたならズレがある筈は無い。
ズレがあったならその時点でカプセルは弾かれる。

カプセルの重量にアームがはさむテンションが負けたとしか考えられない。

昔からアームのバネの強弱はお店側で調節してるっていうのは定説、
アームの先も景品に拠って形状を変えたりとかも常識、

だけど、これはあんまりだなぁ。

それでもそのあんちゃん、再度挑戦する、結果は同じ、両替して更にトライする。

それ、、、何度やっても無理ちゃう?

本来、風営法ではこういう景品の提供は違法とされるんだけど、クレーンゲームはずっとグレーゾーンのようだ。

景品の値段が800円まで、っていう業界の自主規制を当局が何となく認めてるっぽいけど、
そもそも、定価なのか仕入れ値なのかはっきりしてないし、現実には数千円の景品だって山ほど見掛けるぞ。

で、同じく風営法の適用を受けるパチンコなんだけど、
あのパチンコ台ってお店が出玉調整するのは基本、違法らしい。
つまり釘師が釘調整するって犯罪なのだ。

パチンコ台って公安委員会の指導の下、指定機関が認定してホールに出荷して後、変更を加えてはならない、らしい。

504016209つまりお店の釘調整って改造パチンコ台とされ違法となる。

昔、【釘師サブやん】って人気漫画があったけど、【釘師 犯罪者サブやん】だったんだなぁ。

それでも今まで何の問題も無かったのはただ単に警察側のお目こぼしってか、黙認だっただけ。

そうすると、クレーンゲーム機にパチンコ台のような認定制度が無いにしても、同じ風営法で考えればお店がアームの強度を調整するって問題あるんじゃないかなぁ。

ゲーセンで熱くなる歳でもなし、遠い世界の事ではあるんだけど、

千円以上突っ込んで、成果なしでどこかへ消えていったあのあんちゃんを思うと、気の毒で今でも涙が出そうになるんだよ。


banner
  おいでいただいて感謝、感謝です。ランキングはこちらをクリック、
押せば命の泉沸く〜。押せば命の泉沸く〜。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ   神戸に興味があれば
koba357 at 06:41│Comments(0) | 社会

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔