2018年06月11日

ハーバーランド駅のえんとつ町のプペル

DfQB2y4UYAE5BL5
キングコングはそれほど面白くない漫才師ってイメージしかないし、
最近は漫才すら見掛けないし、
絵本作家の西野亮廣には何の興味もない。

現在は売名を前提とした炎上商法をメインのタレントっていう、
泰葉や長谷川豊達と同列な認識。

ただお笑いの微妙なスキルと、イラストレーターとしてのかなりのスキルがあるので一定のファンは付いている様で、そこら辺で本人が勘違いするんだろう。

過去色々と、金銭の絡む炎上を繰り返して来ているけど、今回もまた・・・

キンコン西野、借金3億円返済のため寄付金募集

これがまた信じられないくらいの地雷踏んでる内容、
クラウドファンディングを理解していないのは間違いない、
 すんごい馬鹿なんだな 知ってたけど

これ、一昔前なら出資法違反でとっくに摘発されてるんジャマイカ?

直ぐに詐欺だとの指摘が紫外線くらい降り注いだもんだから、西野も謝罪コメントを出す事態になってしまったんだけど、

紀州のドンファンの死亡事件の前には西野亮廣のネームバリューは遠く及ばなくて、ワイドショー等のネタになるほどじゃない。
まぁ、小物故にここまで同じ様な炎上を繰り返して来ても消えずに済んでるとも言える。

西野のファンがお金を投下するのは何の問題もない、
ジャニタレやAKB、安室奈美恵など好きなタレントにに大枚はたくのと変わりない。

西野を信用してクラウドファンディングに投資するような人は、騙されたとしてもどうせ別口で同じ様な目に遭うだろうからどうという事もない。

まぁこんな風に単純ではないだろうけど、
某漫画家の指摘を待つまでも無く、西野の訴えを真に受ける人は人生ずっと同じ事やらかす筈。


だけどこれが自治体絡みとなると税金が消費される訳で。

NHKの朝ドラに便乗した【神戸べっぴん博覧会】にもイッチョカミしてて、
兵庫県川西市生まれって出自のせいなんだろうけど、

同じ場所でえんとつ町のプペルの原画展まで催してたらしい、
知らなんだ。

で、トップ画像のハーバーランド駅通路の巨大パネル、
今回もまた、何で神戸市交通局が西野亮廣をヨイショするのか?
例の美術館設立詐欺プランに関わってるのか?

プラントハンター・西畠清順にいい様におちょくられた騒ぎを忘れたのか?


神戸市、どんだけ山師に食いつぶされてるんだよ。

大きなとこでは東京でも大阪でも胡散臭い連中が入り込んでるし、
地方でも武雄市に出来たツタヤ図書館とか、こういう事例は数え上げたらキリが無い。

どこの自治体も赤子の手をひねるくらいイージーなのか。


   おいで下さって感謝です。
ランキングはこちらをクリックしてね、なむ〜。
 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ    神戸に興味があれば




koba357 at 00:30│Comments(0)神戸 | 事件

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔