2018年07月05日

侍ブルー 期待値が低くて結果オーライ?

011ab97c-s
inui_takashi侍ジャパンは残念な結果だったけど、下馬評が低かった分、概ね大健闘と評価する声は大きい様だ。

一番名を挙げたのは乾だろう、
通算2得点、それも2得点とも鮮やかな目にも眩いファインシュート。

永らくドイツ、スペインで実績を挙げてたのに、何故か代表には選ばれなくて不思議で仕方なかった。

多分、帰国後にCMオファーが殺到するだろう。

shibasaki_gaku個人的には柴崎が凄かったなあ、

根がかなりの神経質らしいので、この大会で幾つものビッグオファーが発生するだろうけど、
これまでスペインで思う様に行かなかっただけに適応出来るのかどうか。



haraguchi_genkiベルギー戦の先制点を挙げた原口、

柴崎からのパスを受けて一旦、右にボールを移動させるんだけど、

それは左から来る相手ディフェンダーを意識しての事なのか、タメを作ったのか、フェイントだったのか?

ベルギーGKがそれを見て右にステップしたところへ原口の左隅へのシュート!

GKが逆を突かれてなければセーブ出来てたかも知れない微妙なタイミング。

原口の意図したアクションだったなら、サッカー最高峰クラスのゴール前って物凄い駆け引きなんだなあ。

反面、ネットで拾う試合評価では、やはり川島への批判は特に専門家サイドからの声が多い。
ベルギー戦の最初の失点は、アンラッキーな印象だったけど川島のミスだという幾つもの海外の声。

2−2の同点後の2度のファインセーブも、よく見たらセーブ後のアクションが大きいのを差し引けば、スーパーフセーブって云うほどでは無い。

で、ラスト寸前の本田のコーナーキック、
何故あそこで時間を稼がなかったのか、ショートコーナーでパス回ししてれば時間切れ延長に持ち込めて、決勝点のカウンターは無かった、、、

とは言うんだけどねぇ、ヨーロッパの有名な監督が。

後半に0−2とリードされて尻に火がついた赤い悪魔、そこから25分くらいで3点連取、
延長30分でジャパン、ベルギーどちらに分があったか、

延長戦に入る前に決めようと思ったとしても無理は無いと思うがなあ。

結局、通算1勝2敗1分け 
その1勝も開始早々から10人相手の試合。

長友佑都 31歳  吉田麻也 29歳  酒井宏樹 28歳  
昌子源 25歳  乾貴士 29歳  山口蛍 27歳  
原口元気 27歳  香川真司 29歳  宇佐美貴史 26歳  
柴崎岳 26歳  岡崎慎司 32歳 大迫勇也 28歳  武藤嘉紀 25歳


これらのメンバーが主力のままなら次回、4歳加齢してる訳で、
今回、おっさんジャパンと揶揄されたんなら老人ジャパンとまで言われかねない。
4年後にベスト8を目指す拠り所はあるのかね。

で、
もう間もなく、 U-20女子ワールドカップフランス大会が8月5日に開幕、
なでしこは前回3位。

今回、予選リーグはアメリカ、スペイン、パラグァイが同組、
中々の死のグループっぽいなぁ。


banner
  おいでいただいて感謝、感謝です。ランキングはこちらをクリック、
押せば命の泉沸く〜。押せば命の泉沸く〜。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ   神戸に興味があれば
koba357 at 13:22│Comments(0)スポーツ | なでしこ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔