2018年07月10日

【絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜】沢村一樹のスキル

絶対零度〜未然犯罪潜入捜査
過去15年に集積されたビッグデータを元に、AIを使ってこれから犯罪を起こすであろう危険人物を割り出し、未然に防ぐ・・・

という骨子のドラマ らしいが、これはスピルバーグの【マイノリティ・リポート】の様な設定。
でもあれは結局、オカルトなオチだったけどな。

それに制作された2002年当時には似た様なものはあってもビッグデータという概念は無かった。

だけどこれ、中国が国民に施行している社会信用システムの小さいスケールダウンに等しい。

民主主義があやふやな、共産党独裁国家でしか成立しない国家政策。

とも言えない、世界的なAIの重用の進行度を思えばどこにでも成立しそう。

な〜んか

釈然としない状況設定



前シリーズの【絶対零度】の流れに当たる作品のようだけど、相変わらずフジTVのお気楽振り。

はみ出し者達で構成される総務部資料科分室のメンバーが五人って、、、
キャラの振り分けに都合の良い人数、

大体、こういうの5人から7人なんだよねぇ、
実質45分で完結するドラマではレギュラー登場人物の数的限界。

それはとも角、笑福亭仁鶴

主演の沢村一樹って、
この番組や、【DOCTORS〜最強の名医〜】の主演のような、軽佻浮薄なキャラでありながらかなりな 奸智、狡猾なスキルを持つ曲者。

今年の大河ドラマ『西郷どん』の赤山靱負役のような清廉実直な藩士。

連続TVドラマ【ひよっこ】の、田舎の純朴なお父さん。
C4A1iPOVYAIsbjq2104804_201801290821309001517173209cC83ZyWxUwAIcHGs-900x400
役どころの受け幅も大きいし、役所広司や渡辺謙、阿部寛達の演技スキルに比して、何ら見劣りはしないと思う。

歳の近い阿部寛と比較しても、阿部の滑舌の悪さを考えれば沢村の方を贔屓する。
もっと大きな役をこなしても不思議はないんだけどなあ。


banner alien
  おいで下さって感謝です。マウスを構え、クリッと。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村  神戸の事なら

koba357 at 13:14│Comments(0)芸能 | TV

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔