2018年11月02日

【サカナとヤクザ】鈴木智彦

サカナとヤクザ

かなり以前から、この著者のtweetアカウントはリストに入れていたので、次著、つまりこの作品が海産物絡みというのは小出しな情報で知っていた。

もう、数年前の話だから、今回刊行されたのを知って、おぉ〜やっとこさ出たか と鷹揚に構えていたら何やらかなりの売れ行きらしい。

早いとこ買っておこうと、三宮センター街のジュンク堂に赴いたけどざっと見廻しても見当たらない。
てっきり平積みしてるのかと思ってた。

店員さんに訊ねてそのコーナーまで案内して貰ったら、売り切れ。

そんなに売れてるの? って訊いたら

はい、全国的に いや、全国云々はどーでもいいけど。

それに案内されたのは 任侠 コーナーだったぞ、ちょっと違う気が・・・ 
過去、ヤクザ物ライターとしての実績が大きい人ではあるが。

翌日、仕事帰りにサンチカのジュンク堂にも寄ったが、やはり売り切れ中。

う〜ん、こりゃ本屋さんを巡って探すよりamazonでオーダーする方が手っ取り早いかねぇ。
その夜にポチっとしたら、翌々日に届いた、やっぱり正解だったな。

実は著者の鈴木智彦氏が、刊行後から本著の補稿という形でブログを展開している。
勿論、販売促進の為の宣伝という側面もあるんだけど、
取材の裏話とかこれだけでも中々面白い。

当然、詳しくは本著を読んでね、だから増々、期待が高まっていて一刻も早く読みたかったのだ。


構成がガチャガチャしてる感はあるが、数年を掛けて取り組んでるのであれもこれもの満載度のせいだろう。

ヤクザ物ライターの過去の取材で得たルートを駆使して宮城、函館、札幌、根室、銚子、種子島、鹿児島、台北、香港、イタリア、霞が関を駆け巡り、

築地で密漁アワビを扱っている という確証を得るまでの、築地市場での4か月の潜入取材、

取材対象者は、検察庁、海上保安庁職員、元捜査員、ヤクザ、元ヤクザ、漁師、元漁師、卸市場従業員、加工業者 他

密漁の対象は、アワビ、カニ、シャケ、ナマコ、うなぎのシラス 他、

生の声でしか知り得ない、黒い事実のオンパレード。
こりゃぁ、日本人全員が、必ず密漁物を口にしていると言っても過言ではない。 

ナマコ、うなぎのシラスの密漁っていうのは昔から噂にはなっていたが、日本の漁業に関する括りが如何に手付かずに近い状況になってるのか、驚嘆だよ。 


折しも、というか たまたまこのタイミングで、というか

【安倍内閣総理大臣所信表明演説】平成30年10月24日
七十年ぶりに漁業法を抜本的に改正いたします。
漁獲量による資源管理を導入し、船のトン数規制から転換する。大型化を可能とすることで、漁業の生産性を高めます。漁業権の新たな付与について、法律で優先順位を定めた現行制度を廃止し、養殖業の新規参入、規模拡大を促してまいります。

【密漁の罰金、最高3千万円に 捕り得指摘に水産庁方針】平成30年10月26日
暴力団の資金源にもなっているとされる水産物の密漁を抑えるため、水産庁は26日、漁業法の罰金を最高200万円から3千万円に引き上げる方針を示した。政府が進める水産改革の一環として、開会中の臨時国会での法改正をめざす。


う〜ん、密漁の現行犯確保がかなり難しいんだよね、
まぁ、かなりの抑制効果はあるだろうが、ロシア産の輸入カニそのものがロシアでの密漁物だというし。

日本からの密漁が、ロシアからの密漁になるだけみたいな、、、
カニの漁場は同じ海域だから。

シラスウナギの闇の流通価格は、昨年、金と同じ程度まで跳ね上がったという。
1キロ500万円弱・・・ 

調べたら、財務省の貿易統計では300万円超という数字になっている。
だけど上昇気配なのは一緒の見解。

警戒厳重な大金庫で保管されている訳でもなく、ガードマンが目を光らせてる訳でもない。
そりゃぁ、密漁で捕まれば実刑だろうが、銀行の金庫や輸送車を襲うより遥かにイージーな気はする。

ヤクザが手を出さない筈がないわ。


読後感は決してカタルシスを得られる様なものではない、

日本の漁業、その流通に存在する闇を提示されてるのだけど、これだけの取材でもその全容が曝け出されてはいない。

何より、おおよその実態を把握してはいても、水産庁、海上保安庁、警察等、これという対応策を持ち得ないのは誰でも分かるから。

カニだってアワビだってウナギだって、自然の産物である以上、資源の枯渇を避ける為に漁獲量の制限は必要だ。
だけどニーズがあるから業者は儲けの為に裏道を探す。

闇が生まれて密漁を承知の業界となって久しい、つまり、
消費者も裏の流通を支える密漁の共犯者っていう構図になる、と作者は指摘するのでね。

個人的には、、、漁業ってそんなもんって認識はずっとあるからねえ、
密漁云々、あんまり気にしないなあ、消費者側としては。

大体、豊洲移転でゴネ通してた反対側の築地の卸業者なんて、
$%&#!” だしなぁ。



baneer lump
  おいで下さって有難う。
ランキングはこちらをクリック。押せば命の泉沸く〜。 


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村  おいで下さって感謝です。神戸の事ならこちらを

koba357 at 13:09│Comments(0)社会 | 小説

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔