2019年05月06日

’19モトGP R4 スペイン

moto2
フランスは、ヨーロッパの中枢の位置にあるし、アルジェリア等の植民地時代の関係もあって、人種の多様性は相当なものだ。

フランスサッカーのレジェンド、ジダンが相手にヘッドバッドかました試合は有名だけど、
アルジェリア移民のルーツのジダンに、相手選手が出自に関わる言葉を発したかららしいし、

移民のアイコンみたいなジプシーってワードも、フランス絡みで目にする機会は多い。

昨今のテロの標的にされる状況も、アメリカ同様、複合人種が当たり前な事情に拠るところが大きいんだろう。

で、ファビオ・クアッタハッホって、後藤久美子の旦那のジャン・アレジ同様、名前からイタリア系っぽいと想像するのだけど、

モトGPにデビューした当時、Fabio Quartararo
ファビオ・クアルタラーロっていう、アルファベット表記を無理に日本語に変換してた例もあったんだけど、

基本、日本文字に変換する基本として、現地の発音に忠実に っていう前提から、
ファビオ・クアッタハッホ に統一されて来たみたいだ。

第40代アメリカ大統領、ロナルド・レーガンは、前身のカリフォルニア州知事当時、日本ではロナルド・リーガン表記だった。

それが、大統領就任が確実になった折、リーガン改め、レーガン表記にするという声明を、全新聞紙が紙面でお断りした。

それも現地の発音を重視しての事なんだけど、リーガンでもレーガンでも口にしたら大した差は無いよねえ。

そんな訳で、ポールポジションは驚きのモトGPクラス ルーキーの
クアッタハッホ
2位が2年目のモルビデリと、もうビックリ仰天の結果。


YAMAHAのサテライトチーム2台のワンツー予選とは、誰も予想出来ないよ。
ウェットとか特殊なコンディションではない、
クアッタハッホはコースレコードだ!

マルケスを抜いて、最年少ポールシッターというオマケまで付いた。

クアッタハッホは2015年に15歳でモト3でデビューなんだけど、
GP参戦の16歳からという年齢制限を、彼に合わせて15歳に引き下げたというズルが話題になった逸材ではあった。

ロッシは相変わらず苦戦の13位、YAMAHAワークスのビニャレスは5位だから、ロッシ一人だけ蚊帳の外。
ウォームアップランでも15位と、本レースに向けて暗雲立ち込めている。

クアッタハッホ、モルビデリは本レースではどうか、
近年になく意外な展開になりそう・・・


うわぁ スペンサーとドーハンが・・・HONDAの1世代違いのエース同士か・・・
moto4


スタートは予選3位のマルケスがトップ、モルビデリ、クワッタハッホ、ビニャレスと続く
ロッシは前に邪魔のないスタートだったけど11位、あんまりスタートは巧くない方だし。

moto310周目 案の定、マルケスが引き離し始めてる、
2位モルビデリ、3位クワッタハッホはよく付いているとは言えるが・・・

15周目 2位のクワッタハッホにトラブル、シフト関連の故障か?
moto1

無念

これでもうアリンコマルケスの優勝は決定的、つまんね。

後半に強いリンス2位、ビニャレス3位。
ロッシは10位前後のポジションを続けていたが、流石の6位。
ラスト7周からの追い上げは見事だった。



banner spiderman
  おいで下さって感謝です。ランキングはこちらをクリックしてねん、念、念


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村  神戸の事ならこちら

koba357 at 08:45│Comments(0)スポーツ 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔