2019年07月24日

酒のアテの王道136 豚タンガーリックオイル炒め

タン旨塩豚タン というスーパーのパック物。

ガーリックオイルも乾燥ニンニクスライスも付いていて、世話要らず炒めるだけという商品。

火入れが弱い豚肉は食中毒の温床、でもそれは身の部分であって、タンもそうなのかしら。

まぁ、ここでサルモネラ菌やカンピロバクター菌に挑戦する必然性は全くないので、念入りに炒めたので硬い触感になってしまった。

だけど美味しい、これだけ手間いらずなパック物なのに。

ニンニクチップは昔、南京町で大き目のペットボトル入りのを買って何かと重宝してたんだけけど、
スーパーでガーリックパウダーやら入手出来るので、特に再購入する事は無かったけど、

今回、チップを油で炒めた香油って、何かと美味しさに働く様な気がする。

特に牛タン味が格段に落ちるってとかは感じないけど、やや旨味が淡白かなぁ、、、

って、こんがり火入れしちゃったから、その辺も怪しいな。



banner alien
  おいで下さって感謝です。マウスを構え、クリッと。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村  神戸の事なら
koba357 at 00:00│Comments(0)食べ物 | 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔