2019年08月12日

’19モトGP R11 オーストリア

マルケスがクアッタハッホに0.44秒の差を付けての、定席のポールポジション。

HONDAとマルケスのコンビは、ドゥーハンが5連覇した当時くらい強固過ぎる。

あの当時はチームメイトのクリビーレも、その間、ずっとランキング上位を占めていたし、
ドゥーハンの6連覇を阻んでチャンプになった事からも、HONDAのマシンの完成度がかなり高かったのは間違いない。

4シリンダー同爆だったか、結構、革命的なエンジンコンセプトだったな。

だけどマルケスの場合、モト2からHONDAが囲い込んだエリート展開のライダーなので、
チームメイトのペドロサ、現在のロレンソと、マルケス仕様のマシンには適合し切れないみたい。

ロッシは10位、YAMAHA勢のクァッタハッホ2位、ビニャレス4位、に比べたらやはり見劣りはする。

2020年までロッシの契約は残ってるが、YAMAHAワークスからしたら直ぐにでもクァッタハッホをワースクに引き上げたいだろう、
あくまでレースリザルトだけを目指すなら、だけど。

それくらい、イタリアだけでなく、ヨーロッパ全域のロッシ人気は凄まじいものがある。
敢えて言えば、巨人大鵬玉子焼きみたいな、
日本のプロ野球で言えば、まんま長嶋のステイタスそのもの。

既にモト2、3に個人のチームを所有しているし、近い将来、チーム運営者としてモトGP界に多大な影響を及ぼすであろうロッシなので、YAMAHAは今年のリザルトだけで契約をどうこう出来ないだろう。

KTMにとって母国グランプリってのは当たり前だけど、スポンサーのレッドブルってオーストリア企業だったのか、知らなんだ。
moto1

モトGPだけでなく、あらゆる業界に節操なくスポンサードしてるから意識した事無かった、
飲んだこと無いし。


スタート後、マルケスが無理なブレーキングでドヴィツィオーゾとあわや接触、
moto5

よし、マルケスが蟻の脳みそ化してるレースは何かが起きるかも。

この隙にクアッタハッホがトップ。

5周目 クァッタハッホ、ドヴィツィオーゾ、マルケス、ミラー、ロッシが先頭集団。

6周目 カメのスピードのYAMAHAのクァッタハッホ、相次いでドヴィツィオーゾとマルケスにパスされる。

8周目 4位走行中のミラーがスリップダウン、ロッシ4位に、マルケスがトップに
moto4

激しいドッグファイトのトップ2台
moto3

12周目 3位クァッタハッホ、4位ロッシはトップ2台に差を付けられ始める。


残り10周 勝負は完全にマルケスとドヴィツィオーゾとの争い
残り3周 ずっと2位に付けていたマルケスが仕掛ける。

ラストラップ 最終右コーナー ドヴィツィオーゾがマルケスをパス!
moto2

いやー 綺麗に抜いたなあ、ってか、
マルケスはパスされるとは考えてなかったか。
立ち上がり直線勝負と踏んでラインを大きめに取ったのか。

ドヴィツィオーゾ見事な優勝、ロッシは4位 まずまずか。



banner alien
  おいで下さって感謝です。マウスを構え、クリッと。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村  神戸の事なら
koba357 at 08:46│Comments(0)オートバイ | スポーツ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔