2019年09月29日

日本vsアイルランド ジャイアントキリングにもほどがある

jpnvire
ラグビーは大好き、我らが神戸製鋼スティーラーズの7連覇時代は、社会人大会、1月15日の全日本選手権は欠かさずTV観戦していた。

当時のメンバーに知り合いが数人いたせいもあったし、我らが神戸の名を全国に知らしめてくれる存在だったから、ラグビーシーズンに入ると応援にも力が入っていた。

スポーツ関連で神戸の名を冠するチームは、ORIXが実質大阪にフランチャイズを移して以降、
サッカーの楽天、なでしこリーグのINAC の他、ラグビーの神戸製鋼くらいしか全国区のチームは存在しない。


その神戸製鋼も阪神淡路大震災以降、プロリーグ発足というラグビー界の激変の波に乗り切れず、第一回大会を制した後、永い低迷時期に入ってしまった。

かつては脇役でしかなかった東芝やサントリーに我が物顔をされ、パナソニックなんてのにも連覇され、
観てるのが辛い位の凋落ぶりに、ちょっとラグビーから距離をおいていたんだけど、
今年はダン・カーターっていう、長嶋、王、に匹敵するスーパースターを招いて、反則技っぽいチーム編成で久し振りの優勝、

そこへラグビーワールドカップ

正直、格下の初戦のロシア戦も大きな期待はしていなかった。

それがボーナスポイントも取って完勝、
だけどSO 田村の出来がイマイチ、あんなもんじゃないんだけどなあ。
ロシアのディフエンスが甘かったし、全体にハンドリングミスも多かった。

次戦のアイルランドには20点差は付けらての敗戦、と読んでいた。

オールブラックスもアイルランドも、初戦のディフェンスを観る限りロシアのそれが比較にならないくらい強烈だったし。

さすが世界のトップチームだわ〜 と納得せざるを得ない勝ち方だった。

それが・・・
9
アイルランドの反則の多さに助けられたとはいえ、見事なディフェンスであの攻撃を凌ぎ切っての勝利。
後半、無失点だから凄いわ。


それにしても、最後のワンプレーのアイルランドの攻撃、
何で蹴り出してノーサイドにした?

7点差なんだから、あそこからワントライワンゴールすれば、同点なのに。
敗戦でも7点差内なら1ポイントが付くのを狙った?
いやそれなら、引き分けの2ポイントを目指して、途中で試合終了しても結果は一緒。

ターンオーバーからの失点を恐れての選択としたら、余りに臆病者の発想。

これが予選リーグの戦い方と言う事なのかいねぇ。


   おいで下さって感謝です。
ランキングはこちらをクリックしてね、なむ〜。
 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ    神戸に興味があれば

koba357 at 12:59│Comments(0)スポーツ | 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔