2019年10月01日

神戸そごう 最後の日

そごう
水島広雄のイケイケ拡大路線が見事に破綻して、2000年に倒産したのはさもありなん、
だったけど、その後セブン&アイ・ホールディングス傘下になったのは驚いた。
何しろ、コンビニ屋に って思うわねえ。

先を見通せない経営者は水島広雄だけではない、バブル崩壊後には山ほどそんな例は起きた。

それでも倒産寸前の経営状況になっても、神戸そごうだけは売り上げは良好だった筈、
2016年の統計では、横浜店、千葉店に次いでそごう内3位の売り上げ。

その神戸店をH2Oリテイリングに譲渡すると聞いてまた驚いた。

まぁ阪急デパートにしたら神戸にやっとマトモな規模の出店が成就した訳で、デパートメントストアとして更なる向上が期待出来るんじゃないかな。

元々、個人的にはデパートって殆ど縁がない、買い物は昔から専門店ばかりだ。
だからそごうが阪急になろうが大丸になろうが天満屋になろうがどうだっていいんだけど、


三宮の商圏にあって、大規模なデパートの変化は周りにもそれなりの影響を及ぼす筈で、三宮の再開発計画と相まって色んなケミストリーが起きるのは楽しみ。

神戸阪急デパートは10月5日オープンか、4日間じゃ大したリニューアルは叶わないだろうけどなぁ。

86年の歴史に幕を下ろす、って言っても外観もロゴの変更くらいだろうし。

それでも最後の日の閉店間際は、マスコミ数社がカメラ待機するこの定番の光景、
あんまり寂寥感は無いなあ。

ただ、昔の神戸 みたいなテーマの画像の三宮の風景を観ると、絶対、そごうが存在してるのね、

あの場所に

そごう2

神戸 大丸の方の昔の画像って、鳥瞰で撮られた絵があんまりお目に掛かれなくて、
三宮って言ったら そごう って印象になっちゃうねえ。



banner demae
  おいで下さって感謝です。
ランキングはこちらをクリックしてね、なむ〜。
 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
  神戸の事なら
 

koba357 at 00:00│Comments(0)神戸 | 社会

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔