2019年11月03日

ラグビーWカップ スプリングボック優勝

IMG_20191102_215401
準々決勝で南アフリカに完敗した日本、
圧倒された南アフリカのディフェンスには驚いた、

余りにチャージが速過ぎる

NHKの解説者によれば、殆どオフサイドのプレーだったと言うんだけど、

一人が突っ込むなら目立ってペナルティを食らうところを、4,5人が一斉にオフサイド気味でチャージするもんだから審判も笛を吹き難い、んだとか。

計算と練習の賜物だなあ。

ラグビーは後ろにしかパス出来ないので、ボールポジションからボールを後ろに下げてから攻撃に転じるんだけど、そこにチャージされてしまうのでアタックを掛ける度に後退する羽目になる。

それから日本はマイボールのラインアウトを何度も南アフリカに奪われるシーンが多過ぎた。
大体、ラインアウトって滅多に相手に奪われるプレーではない。

サインで味方が受けるポジションンに投げ入れるんだから、マイボール側が絶対有利なんだけど、
身長2mの奴が2mの奴を持ち上げて、そのコンビを2か所くらいに配置してるという・・・

こりゃ日本もイングランドも敵わんわ。

南アフリカではハンドレ・ポラードが得点王
キッカーが得点数が多いのは当たり前なんだけど、ポラードだけでなく50m超の距離でPKを平気で決めてくるとか、Wカップクラスなら当たり前みたい。

田村は世界レベルのキッカーだけど、日本リーグじゃこのレベルは数人くらいだろう。

そしてスクラムハーフのファフ・デクラーク
SHのポジションは小柄な選手が多く、俊敏性とパスワークの確実性が必要なのでそういう流れになるんだけど、デクラークはあの小ささでタックルにも行くし、密集にも飛び込んでいく。

小柄で、その割にマッチョありありで、今時、長髪なのも目立つ要因、
気が強いんだろう、結構相手選手と遣り合うし。

個人的には今大会で一番、印象強いラガーマンだったなぁ。
ベスト15に選ばれるかどうかは分からないけど、
IMG_20191027_215739

村田亙昔、やはり日本代表で活躍した村田亙を思い出したわ。
顔がちょっと似てる、体格も。

さて、絶賛大盛況の評価で終わった日本大会
ラグビーブーム再燃か、という声が多いけど、

2011年のサッカー女子ドイツWカップで優勝したなでしこも、国民栄誉賞を受けたくらいの盛り上がりをみせたけど、その後の推移は周知の通り。

ラグビーは神戸製鋼スティーラーズの4連覇くらいから、
なでしこ代表は北京オリンピック4位くらいから


それぞれ同じくらいウォッチして来てるから、さぁねえ、ラグビーはどうなるかねえって心配がある。

ただ、なでしこと違うのは、今回のラグビーの盛り上がりは日本開催大会という要素がかなり大きいという事。



banner toy alien
 ブログランキングはこちら。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村 ポチっと。
koba357 at 00:00│Comments(0)スポーツ | 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔