2020年10月05日

オリエント急行殺人事件

オリエント急行

昨夜フジTVで放映してたのは2017年公開版、
公開当時、ケネス・ブラマーが監督、主演、ポワロを演じるというので興味はあったんだけど、、、

51j4twtYWRLシドニー・ルメット監督の1974年公開版は小屋で観てるから、結末知ってるので観る気は起きなかった。

アガサ・クリスティの原作は何度も映像化されてる物が多いんだけど、

同じ理由でオチが分かってしまってる推理小説原作を何故何度も?


アガサ・クリスティ原作作品は【ナイル殺人事件】の新作が公開待機中の筈

main【オリエント急行殺人事件】の続編的展開で、明らかにスコットフリーの興行的展開の制作。

これもまた1978年公開作品は小屋で観てるからなあ。

ワンダーウーマンのガル・ガドットが出演してるので興味はあるけど。



なんなんだろうね、前作公開から40年以上経過してるから、
前作観た奴は殆ど死んでるだろうって目算か?

いや、アガサ・クリスティの原作はそれとは関係なく【オリエント急行殺人事件】【ナイル殺人事件】は読み継がれて来てるんだから、何をどうやってもネタバレ前提になっている。

僕は赤穂浪士の映画作品を中学生の頃から、制作会社問わず、TV放映局問わず観て来てるくらい好きなんだけど、

これなんてもうお話は嫌ほど承知の上での鑑賞になるのが当たり前、
アガサ・クリスティ原作作品もその類かなぁ。

思いもかけない結末というカタルシスは無いけど、ご存じ物の安定感とネームバリュー、豪華配役の役者達の妙味、

1974年公開版のキャストは

ジャクリーン・ビセット アンソニー・パーキンス ローレン・バコール イングリッド・バーグマン ショーン・コネリー リチャード・ウィドマーク ヴァネッサ・レッドグレーヴ マーティン・バルサム アルバート・フィニー・・・
本当に当時のビッグネームばかり。
1131371_1200

2017年公開版もそれなりだけど、比較したらやや軽め?

これは正に赤穂浪士四十七士の作品化に共通するウリそのもの。

そういう制作意図なのかなぁ、今更アガサ・クリスティがフィーチャーされてる流れでも無いし。

オリエント急行3そーいや、数年前にも日本のTVでの作品化はあったなぁ。

キャスティングは豪華だったけど、撮影がなあ、色々とチープだった。


ケネス・ブラマー監督の2017年公開版も、CGIの臭みが強くてねえ、、、

忠臣蔵個人的に赤穂浪士四十七士の映像化作品は山ほどあれど、

最高作品は、1958年大映制作の忠臣蔵だと思ってるのと同様、

【オリエント急行殺人事件】の映画作品は、

シドニー・ルメット監督の1974年版が優れてると思う。

 
banner kikaider
   おいで下さって感謝です。
マウスを構え、クリッと。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村  神戸の事なら

koba357 at 00:00│Comments(0)映画 | TV

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔