2020年10月27日

2020 プロ野球ドラフト

K10012682131_2010262047_2010262129_01_02
今年は新型コロナ禍のせいで例年のスタイルとは違うけど、スポーツだ真剣勝負だって言ってもあくまで興行、

その上で、エンターテイメント面からすれば、宝くじの抽選発表中継と同じレベルでドラフトを可視化したのはいいアイデアだと思う。

本家のMLBからは理解出来ないくじ引きというシステムは、富くじ以来の伝統が根付いている日本人には受け容れやすいのか、

人身売買と揶揄する声は、確かに奴隷売買市場で人間に値が付く映画のシーンを観てると間違いではないなぁ とは感じる。

今年のドラフトで、育成選手指名が多いのが巨人の12名、ヤクルトの4名、ソフトバンクの8名、ロッテの4名、西武の5名、オリックスの6名、

他の球団も2名くらいは指名している。
当然、6巡目内で指名された選手より条件は遥かに劣るのは間違いない訳で、

だからこそ、育成選手という名目は、お前らには契約金やら大枚はたく値打ちは無いけど、

ウチで頑張るんなら入れてやってもええでー
みたいな、正しく奴隷市場然。


野球だけじゃないけど、プロを目指してそこがゴールみたいに頑張って来た筋肉脳な18〜22歳。

親も大半は子供の夢だからと、応援するケースは必定、
契約金に目が眩むアホ親も一定数は必定。
入団する数だけ退団する選手もあるのも必定。
8

ドラフト指名上位を受けてた各選手、記者会見やら胴上げやらお母さんへのインタビューやらこの世の春、

みたいなムードだけど、あくまでプロのステージに上がる切符を貰っただけ。

ドラフト1位選手が何人生き残ってるか、そういう特集もあるからみんな知らない訳ではないんだろうけどねえ。

赤紙貰って出征となって、見送りに地元中で日の丸の旗振られてお祭り騒ぎみたいな、
photo


そして年末になると、 戦力外通告 をテーマにした番組が定番となっている。
興行だからね、選手はあくまで商品、望む結果にならないケースもネタになる。
クジラは骨まで皮まで再生利用される様に、プロなら当たり前の事。

これから指名されてプロとなる筋肉脳な選手達に、そんな展望が見えているのかなあ。


banner toy alien
 ブログランキングはこちら。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村 ポチっと。
koba357 at 00:00│Comments(0)スポーツ | 野球

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔