なでしこ

2019年12月28日

INAC神戸レオネッサ 意外な退団発表

INAC神戸が神戸ポートタワーアンバサダー就任

というニュースには、ほぉ〜ん って受け止めてたんだけどなぁ、、、

これを機会にエンブレムもポートタワー意匠のものに変更とか。
e48981216afc7f21710bfb8c880a4d95

INAC神戸密着チームとしては新デザインはスッキリして悪くないし、納得出来る方向だけど、

チーム名のレオネッサって、確か雌ライオンって意味じゃなかったか?
その由来あっての旧エンブレムの筈だったのに・・・

で、年も押し迫った27日のINAC神戸のニュースはこれだけでは無かった。

MF福田ゆい 選手(21) FW河野朱里 選手(23) DF三浦紗津紀 選手(23) が退団!

260caa5085450749dc5976a7a15f38eabcfb6c2d18_kawano_juri-main16_miura_satsuki-300










単純に考えればINAC神戸では得られない出場機会を求めて、という事なんだろうけど、

河野と三浦は二人とも早稲田大学から今年入団したばっかりジャマイカ!
福田もまだ在籍3年目、う〜ん・・・


特に福田は日ノ本学園の先輩の杉田を慕ってINACに入団したのに。

福田は2017年のなでしこリーグ新人王、三浦も今年の新人王、
河野も今シーズンの早い内に2得点してたりしてる。


福田はベガルタ仙台レディース 河野はちふれASエルフェン埼玉 三浦はアルビレックス新潟レディース

それぞれ1部リーグに移籍確定してるから、選手のスキル評価が低い訳が無い。

3人のポジションはそれぞれ違うけど、確かに現有戦力を押しのけてスタメンを勝ち取るのはかなり難しそうな気はする。

だけどそれは現時点での話、3人とも若いしキャリアも浅いしこの先の可能性は大きいのに。
まぁ、INACってコリアンルートがあって、韓国代表選手が突然移籍したりするから、レギュラー確保は余計に難しい面はある。

今年のINACは無冠の上、リーグ順位も3位に終わった。
その余波もあるんだろうか。



banner demae
  おいで下さって感謝です。
ランキングはこちらをクリックしてね、なむ〜。
 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
  神戸の事なら
 
koba357 at 10:53|この記事のURLComments(0)

2019年12月18日

東アジアE-1選手権 なでしこvs韓国 勝ったものの

なでしこ3
なでしこも熊谷を招集出来なかったが、韓国はソヨン、ソヒョン、イ・ミナの元INAC勢がいない状況で、どうやっても勝つだろう・・・

え? 岩淵と長谷川が怪我で離脱?

う〜ん  選りに選ってこの二人が・・・

僕が韓国監督で、なでしこから2人スポイル出来ると言われたらこの二人を指名するわ。

男子の中国代表のカンフーサッカーが非難されているけど、中国の本来の姿はプロレスサッカー、

カンフースタイルは元々、韓国のお家芸だ。
これまで何人のなでしこが犠牲になって来たか。


しかしこの大会、韓国の荒業がややおとなしい。
元INAC3人を欠いてカンフーを仕掛けて来ない韓国なら楽勝、と踏んでいたんだけどな。


案の定アシタノジョーオダギリジョー
完全アウェーとはいえ、後半40分まで0−0のドロー、それも韓国の雑なオフェンスに助けられての事。

ところがラッキーな韓国のハンドに拠るPK獲得、不用意とはいえるが韓国にはアンラッキー。
なでしこ2

椛木が決めてやっと勝ち越し。
際どかったなー キーパー完全に読んでたのに。
なでしこ

韓国は日本相手にはモアアップして来るんだけど、岩淵、長谷川の大黒柱を欠いたとはいえ、
この程度の相手にこの程度の勝ち方ではなぁ。

FIFAランキングでは日本7位、韓国14位、
男子も含め、FIFAランキングって結構アバウトなんだけど、上位5チームくらいは実勢を反映している。

アメリカ、ドイツ、イングランド、フランスにこんな程度で勝てるとは思えんなぁ。



banner alien
  おいで下さって感謝です。マウスを構え、クリッと。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村  神戸の事なら

koba357 at 00:00|この記事のURLComments(0)

2019年08月04日

INAC無念・・・カップ戦決勝

今年、元旦決勝だった皇后杯と同じベレーザが相手、

b4e0f417皇后杯は延長に突入してすぐ、INACゴール前でベレーザ田中のハンドが絶好のアシストになり決勝点、

目の前で見ていた主審が、イエローカード間違いなしの田中の悪質ファウルをスルー、
信じられない後味の悪い幕切れだった。



INAC

それから8か月、雪辱を果たしたいところだけど、先発に岩淵がいない、
古傷の膝の具合だろう、準決勝のノジマ戦では後半15分くらいの出場だったから、この試合も後半起用だろう。

ベレーザはフルメンバー、なでしこ代表が一番多いチームだからこの点、不利かなあ。

前半からINACは押されっ放し、殆どINAC側のバイタル近辺でボールが回されている、

ってたら前半42分、高瀬のロングキックに八坂が相手ディフェンダーに競り勝って、GKも交わして増矢にパス、ゴール前にセンタリング

そこから中島がゴール! 先制点〜

INAC 2


後半3分 INACゴール前ゴチャゴチャの混戦から有吉が同点ゴール

後半22分 岩淵投入用意
INAC 3


しかし、中盤からの攻勢は殆どべレーザの支配、
INACは相手バイタルにボールを運ぶまでに苦労してる、

90分終了 1−1のドローで延長戦へ、
ナイトゲームとは言え、猛暑のニュースが飛び交う8月アタマの試合、
湿度もかなりのものがありそう。

INAC 4延長戦入ってすぐに八坂に代えて仲田、
ダイエットしてからのこの2年は、かなりキレキレなプレーを見せる。

延長前半 0−0

後半5分 小林里佳子の縦突破から田中のゴール、
小林里佳子、お前神戸出身でなにしとん

INAC 5ベレーザ勝ち越し。

クラブでブイブイいわしてる
ハングレメンバーみたいな、ベレーザ監督。

前掛かりで同点を狙うINACは時間との勝負、

だが、三浦の痛恨のバックパスミスを決められて万事休す、
牛島の出番が最後まで無かったが、牛島ならこれは無かったろう・・・
INAC 6




banner demae
  おいで下さって感謝です。
ランキングはこちらをクリックしてね、なむ〜。
 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
  神戸の事なら
 
koba357 at 00:00|この記事のURLComments(0)

2019年06月26日

2019女子Wカップ なでしこvsオランダ 残念!

予選グループを2位で勝ち抜けたなでしこ、
本戦トーナメントの相手がオランダかカナダか、って状況に於いて、
カナダの方が組し易いって思ってたけど、残念ながらトーナメント1回戦はオランダが相手となった。
Wカップ

オランダには勝てる要素は少ない気がするな〜
カナダはオフェンスはシンクレアがまだ現役で強力なんだけど、組織的なスキルではまだなでしこに分があると見ていたから。

オランダの縦の攻撃スピードは、イングランドに簡単に得点されたシーンを思えば、
今のなでしこに対応出来るかって思うほどの強力さ。

とか言ってたら、カナダ、初戦でスェーデンに敗退。
やっぱりカナダ戦の方が良かったなあ。


予選グループでの内容を観れば、先発に岩淵、菅澤は外せないだろう。
長谷川のコンディションが良ければこれも間違いない、三浦のタイミングのいいワンタッチパスも先発から必要だろう。
NADESHIKO 1

負ければ終りのトーナメントで、高倉監督もこれ以外の冒険をする余裕はない。

さて、キックオフ寸前まで起きてたんだけど寝落ちしてしまったよ〜



組み合わせが悪かったなぁ、前回、カナダ大会の準優勝でなでしこの枠運は最高に良かったが。

16チームの中では中国、カメルーン、ナイジェリアには勝てるだろう、
イタリア、スペイン、ノルウェーにも勝てる可能性は高かった。


先制点は前半17分、オランダ。
NADESHIKO 2

オランダの前線3人は下馬評通り物凄いスピード。
パスで崩して なんて悠長な事やってないね、それも個人スキルの高さあってこそ。

前半43分、杉田〜菅澤〜岩淵と回して長谷川の同点ゴール。
流石、岩淵のキラーパス。
NADESHIKO 3


先制点を取られたのは大きかったが、同点に追い付いてからは逆に勢いを増したなでしこは良かった。
杉田のシュートは2本中2回目だなあ、ポストとバーに当たるの。
NADESHIKO 8

杉田はU17、U19のWカップでMVPを獲った他に例を観ない選手だけど、
当時のUメンバー中では最も代表招集が遅かったが、今や確固たる先発レギュラー。

続いて途中出場の椛木のシュートはキーパーセーブ。
NADESHIKO 4

後半はなでしこのシュート攻勢、だが、

後半42分、熊谷のハンド、最悪の時間帯に最悪のPK献上。
これは不運としか・・・
NADESHIKO 5


後半は圧倒してたのになあ・・・
NADESHIKO 7

予想以上になでしこの内容は良かった。
この試合から決定力不足云々が取り沙汰されるだろうけど、やっぱり守備意識が強くないとなでしこは世界では勝てない。
点が取れないからって打撃偏重になると、ザル守備の阪神みたいになっちゃうよ。

NADESHIKO 9三浦、遠藤、宝田というニューフェイスへの期待も大きい、
特に三浦は良かった。

この試合後半のレベルを今後更に昇華出来れば、東京オリンピックで巻き返せるだろう。


 
banner kikaider
   おいで下さって感謝です。
マウスを構え、クリッと。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村  神戸の事なら





koba357 at 16:01|この記事のURLComments(0)

2019年06月15日

2019女子Wカップ なでしこvsスコットランド

w cup 1
なでしこは予選リーグ初戦、グループD最弱と思しきアルゼンチンによもやのスコアレスドロー。

アルゼンチンは勝ったも同然、試合後のロッカールームでは誇らし気なアルゼンチン国歌が絶えることなく謳われ続けたという・・・

ハッキリ言ってアルゼンチン監督のタクティクスが炸裂成功したっていう試合だった。
逆に、なでしこの高倉監督の無策ぶりに批判が集まってる流れになっている。

試合後の選手のコメントに、練習していない想定外のシーンとか何とかって言う内容が多いからだろう。



グループAではフランスが勝ち点6、グループBではドイツが6点をあげて既に本戦進出決定している。
アメリカはタイ相手に情け容赦のない13−0というスコアで爆勝、

その勝ち方に賛否の声が上がっているようだけど、真剣勝負なんだからコテンパンに叩きのばして何が悪いの?

今年はラグビーワールドカップの日本開催まで、もう3か月。
あんまり盛り上がってない気もするが、かつて日本代表は、

17対145 という眩暈がするようなスコアでニュージーランドに爆敗、

ブルームフォンテーンの悪夢 と呼ばれるらしいが、これに比べりゃ、アメリカ相手に13失点ならまだマシだよ。

スコットランドはイングランドに1−2の惜敗、

やや、コンディションに不安を抱える岩淵がWカップ初の先発、
もう形振り構ってられない高倉監督の切羽詰まった決断だろう。

スコットランドには是が非でも勝たないと、予選突破は不可能になると言っていい。

グループ内3位でも、得失点差等の内容次第では予選リーグ勝ち抜けの可能性はあるが、
アルゼンチン戦で2度のイエローカードを食らっているなでしこにその目は限りなく無い。

とに角、 勝つか 屈辱の予選敗退か

なでしこ澤にユニフォーム着せて助っ人頼みたいくらいだよ。

開始からなでしこの気迫はTV画面からもビンビン伝わる。
それが空回りとか、悪い方に流れなきゃいいけどなぁ、よく有るパターンだし。

NHK BSの中継の解説は、ここんとこレギュラーっぽい起用の永里亜紗乃だけど、
この人、なでしこ代表でピッチに出たのは2,3試合くらいなんだよね。

片やフジTVの解説人は、岩清水とレジェンド澤、

永里の解説も上出来なんだけど、岩清水のそれはかなり情報量が多く、そこへ澤のハンマーレベルの説得力のあるコメントが被さるので、映像が一緒ならフジTVを偏重してザっピングするよねえ。
なでしこ8

こういう光線の加減だと分かり易いんだけど、みんな頬に陰が出来てる、
女性は脂肪の落ちの効果は顔に出難いらしいんだけど、それでいてこの頬のこけ用はそれなりのトレーニングがあってこそだな。

なでしこ6この人は別。



前半、38分、遠藤からのパスを岩淵が一閃のシュート、
本当に僅かなタイミングでのゴール、なでしこ先制!
なでしこ2

清水からのパスを受けた菅澤がPK獲得、シミュレーションっぽいなあ、でもエリア内で手を掛けた相手が悪い。

なでしこの中では高身長だけど、世界的にはそれほどの高さの強みは無い、
岩淵の様なドリブルで切り込むスキルは無いFWだけど、このPKはお見事。
なでしこ4

2点差をつけられたスコットランドは後半、攻勢を強めコーナーキックの連続、
2-0のリードは最も危険な点差とは言うが・・・


後半42分、ほぼミスのない守備を見せていた市瀬が痛恨のパスミス、
これ以上ないアシスト、って敵にパスしてどないすんねん、
スコットランド、土壇場で1点!

1点差に迫ったスコットランドは更になでしこゴールに迫るが、
なでしこ7
なんとか逃げ切ったぁ〜



banner
  おいでいただいて感謝、感謝です。ランキングはこちらをクリック、
押せば命の泉沸く〜。押せば命の泉沸く〜。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ   神戸に興味があれば
koba357 at 13:44|この記事のURLComments(0)