2019年03月09日

ワンコインランチ399 阿倍野 ヒレカツ丼定食

阿倍野界隈をうろつくのはン十年振りかなあ、
麺類をいただきたくて、地下通路を歩いててお蕎麦屋を見つけた。

信州庵そば茶屋 信州庵

へれかつ丼定食 ワンコイン+380円=880円

出汁の塩が強い、結構強い。

色も東京そばかというくらい濃いし、これは屋号とおり関東風なのか。

でも味は宜しい、へれカツ丼のタレの甘味が強いがこれも宜しい。
カツはそれほど柔らかくはないけど、厚みのあるのが3切れ、旨味はまずまず。

お値段は阿倍野の地下界隈じゃこれでもお安い方かなぁ。

アポロお店を出て暫くしてから、そこがアポロビル内って事に気が付いたんだけど、

このビル、ン十年前にアパレルの営業やってた頃に、取引先があったので何度も訪れてたんだ。

当時は営業車だったから、近くの駐車場に留めて1Fからだった。
今回、徒歩で地下から入ったので全く気付かなかった。
地下のフードエリアも利用した事なかったし。

あべのハルカスがオープンした時、立地的にこのアポロビル辺りを取り壊して建ったのかと錯覚していた。

このビル、もうかなりの年月になるしねえ。
今度、訪れたら上階まで探索してみよう。



banner tinrobot
  おいで下さって感謝です。ブログランキングはここ。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村  神戸の事は
koba357 at 00:00|この記事のURLComments(0)

2019年01月10日

亥年 遅い遅い初詣だったけど・・・

初詣

年が明けてすぐの、あの渋谷交差点の如き大混雑の中の初詣はもう耐えられない。

今年は人出が落ち着いてからと考えてたんだけど、
この数年、3が日までは同じ様な混み方、

元旦の人混みを避けたいんだから3が日に拘る必然性はない。

仕事を終えた7日の夜に、20時前に行ったんだけど既に閉門していた湊川神社。

僕が子供の頃の湊川神社は7日くらいまで屋台が営業してたけどなぁ、
ちょうどこの日が撤収の早仕舞い日だったか。

仕切り直して改めてお休みの日に出掛けた。

10日も過ぎての初詣だけど、関西では松の内は15日までだからモーマンタイだろう。
とか言ってたらもうえべっさん始まってるんだけどね。

楠公さんこと、湊川神社は実家から徒歩2分の距離。
確か・・・


幼稚園児から小学生低学年まで、楠木正成を奉ってる由来も知らず単なる遊び場だった。
本殿の天井画の龍を カッチョええなー って飽きもせず眺めていた。
初詣2
阪神淡路大震災を食らった湊川神社は
外塀や灯篭や、色々と損傷を受けてそれなりの改修を余儀なくされて、以前の風景からかなり変化はあるんだけど、

この天井画の龍は当時のままみたいなので、たまに訪れる度、ほっとするんだよねえ。

で、お賽銭を投じてから200円のおみくじを買ったんだけど、社務所のアルバイトの巫女さん、
もう参拝客のピークを過ぎて緊張感が無くなってるのか、

200円出したら、あ? みたいな反応で、

年が明けて10日も過ぎて、アルバイトの巫女さんも緊張感無く、えべっさんも始まり、屋台も影も形もなく、

およそ新年の賑やかさの無い雰囲気の中での初詣、
そうしたらですね これが
初詣3


おぉぉ! だ 大吉

これは何?
残り物には福がある みたいな?

大吉なんてもうね、何十年ぶりだろうかねえ、
ウホウホウホ って心持ちですよ、いやぁ目出度いなあ。

って、

三日も過ぎれば記憶から消えちゃうアイテムなんだけどねぇ。



banner demae
  おいで下さって感謝です。
ランキングはこちらをクリックしてね、なむ〜。
 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
  神戸の事なら
 

koba357 at 00:00|この記事のURLComments(0)

2019年01月05日

この歳になってまだ行った事の無い都道府県

japan

暮れからお正月に掛けて、TV番組が日本各地を紹介する機会が1年で一番集中する期間で。

普段から食べ歩きやら温泉やらのテーマで、そんな番組はお馴染みではあるんだけど、この時期は特に多い様に思う。

元々、旅行に関しては興味はあっても物凄く好きって程でもなく、どっちかといえば出不精な方。
それが30歳から自営業で、連休なんて有り得ない生活だから増々、旅行とは縁遠くなってしまってる。

せいぜい月に1度くらい、京阪神のミュージアム巡りをという有様。

で、ふと過去に訪れた都道府県を数えてみた。
足を踏み入れたっていうレベルまで含めると、

大阪、京都、奈良、三重、和歌山、岡山、広島、山口、鳥取、島根、福岡、長崎、大分、熊本、高知、愛媛、香川、愛知、東京、石川・・・

忘れてる地区もあるかも知れないけど、そんなのカウントしても意味ないしね。

30歳まで営業マンだったから月に一度のワンウイーク出張で訪れた県が5,6県あるなぁ。
まー、一応 足は踏み入れてる訳だから。


20都道府県かぁ、これは一般的に多いのかな、少ないのかなぁ。

大阪、京都なんてもう、神戸人からしたら何十回も訪れてる地だから、他の地域とは事情は違うんだけど、
こうやって見たら、各地、それなりに昔であってもはっきりした記憶があるなあ。
それは出張であっても観光であっても。

出張の担当地区は2,3年で変わってたんだけど、毎月、その地に少なくとも2日は滞在してたし、仕事の苦労があるせいか観光で訪れた地とは、また別の思い出が残る。

不思議なもんだね。

そーいや 僕が4,5歳くらいの頃に、東京タワーのエレベーターから外側の鉄骨の風景を観た記憶がある、
エレベーターの箱はかなり満員だったから、抱っこして貰ってたと思う。
でないと大人に混じって外の風景は観られないだったろうから。

物凄く断片的なんだけど、そのシーンだけは何故かしつこく脳のひだの一部に入り込んでるみたい。


北関東、北陸、東北、北海道、沖縄は、石川の他は全くの未踏の地だなぁ。

未踏の地は残り27都道府県、
残りの人生で体験出来そうもないなあ。

歳をとっての大晦日から新年は、段々と寂寥感が増してくるねぇ・・・

あぁぁ  どっか旅に出たいなあ、
って、

ananの旅行特集読んで、旅行にあれこれ妄想してる女子みたいだな、こりゃ。

まぁ、♪ 知らない街を歩いてみたい ってのは男女関係ない憧憬だしね。



banner arare
   おいで下さって有り難う。ランキングはこちらをクリック、クリック なむ〜。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村   神戸の事なら、
koba357 at 00:00|この記事のURLComments(0)

2018年09月22日

プライム劇場37 【シャーロックホームズ】2009

150138_01小学生3年の頃、クラスメイトに教えられて、学校の図書室の存在を知った。

クラスメイトは、美術書の写真のミロのヴィーナスをはじめとした、銅像のおっぱいやらちんちんやらを目当てに訪れていたようで、
僕にも真っ先にそれを教えてくれた。

まぁ、気を惹かれたのは間違いないけど、

その日からその図書室は小学校の中に蠢く小宇宙、
輝くばかりのアンドロメダ、
涎を垂れ流しのアヘン窟、
胸の動悸が早まるような桃源郷、


シャーロックホームズの子供向け翻訳のハードカバー本が並んでいたのだ。

だけどそこはたかが小学校の図書室、
ホームズ物はせいぜい10数冊しかなく、他に怪人20面相やら少年探偵団やら怪盗ルパンやらシリーズ物を含めても30冊もあったかどうか。

4年生になる頃には全て読破してしまって、仕方なく乏しいお小遣いでそのポプラ社のホームズ物を求めて、定価で書店に買い求めて行くようになった。

やがて中学に入り、子供向けのポプラ社から創元推理文庫にステージを変えてミステリーに傾倒していったのだけど、当然コナン・ドイルもその範疇だった。


c720974b0c24a08f6c5cefdc378ca8f4やはり中学生の頃、せっせと2,3本立ての映画館にも通い出していて、
ビリー・ワイルダー監督の【シャーロック・ホームズの冒険】に出会った。

子供向けのポプラ社と違って創元推理文庫のホームズは、
気難しい変人で、頑固で意地悪くて、コカイン中毒という、結構なハードボイルド的人格だったのだけど、

映画はコミカルなタッチだったから、そのイメージとは違ってはいるものの、まぁ楽しい作品でね。
今でも再見したい作品だ。

61WYacoHYvL._SY445_それからハーバート・ロス監督の【シャーロック・ホームズの素敵な挑戦】

フロイドが出てきたりして、ローレンス・オリヴィエとか俳優陣が豪華で記憶に強い。

【ヤング・シャーロック ピラミッドの謎】っていう凡作も、TVシリーズもそれなり観てきて

で、ガイ・リッチー監督の【シャーロックホームズ】

主演のロバート・ダウニー・JRのホームズにはかなりの違和感しかない、
元々、演技の上手い人という認識はあったけど、ワトソンのジュード・ロウも。

そうしたら コナン・ドイル原作と何の関係も無いジャマイカ!

コナン・ドイルの創作したキャラを借りた別物、
みたいなお断りしてるし。


確かに当時のロンドンの雰囲気は出しているものの、これならホームズ物を謳わなくてもいいようなもんだ。
興行的にネームバリューが欲しかったんだろうなぁ。

まぁ007シリーズだってイアン・フレミングの作品は映画原作としてはとっくに枯渇してて、再使用かオリジナルしか無い訳で。

ジェームズ・ボンドのネームバリューとキャラを使った原作とは別物、って事なんだし。

ダイハード3は、元々リーサル・ウェポンシリーズの為にあった脚本だったのは有名だけど、
ハリウッド作品のこの近年の兆候は、こんな風に金太郎飴みたいに根っこは一緒のコピー物ばかり、と言っていいのばかり。

時代設定は19世紀後半、蒸気機関は既に発明されているので、日本では幕末から明治初頭の頃。

近代化が顕著になりつつあるものの、ノスタルジックさを包容している時代、
コスチュームプレイ物としてぎりぎり通用する時代、


ハリウッドを席捲しているDC、マーベルのコミック原作物だって、わざとノスタルジックな雰囲気のある時代に設定をぼかしている例は多い。

昔はそういう、ギリギリ無茶な設定が通るカテゴリーってウェスタンだったんだけどな。

スピルバーグの【インディジョーンズ】シリーズ辺りから、トレンドが変わったかなぁ。

【るろうに剣心】とか【銀魂】とかも同様、好き勝手な設定を押し通せる時代。

漫画原作の映画化と馬鹿にする人もいるようだけど、ハリウッドの現状がベストとは言わないものの、世界は同じテイスト。

アクション作品ってか、活動写真的な物はこれでいいんだよ、
面白くなければ論外 ってのはいつの世も同じだし。

まぁでも、B級テイストのバディ物としては悪くは無い。



banner alien
  おいで下さって感謝です。マウスを構え、クリッと。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村  神戸の事なら
koba357 at 00:00|この記事のURLComments(0)

2018年07月25日

【昔話】神戸市 中央区と兵庫区の境目【真実】

メトロ
神戸高速鉄道の、高速神戸駅から新開地駅までの間を繋ぐ地下通路、

プレーヤーのレベルが高過ぎ卓球場やら、最近様変わりした古書街、最近発生したゴルフ練習場、とか

近年、色々と取り上げられ頻度の高いディープ地域

メトロ1その一角の柱にこんな道標があるんだけど・・・

中央区と兵庫区の境の標識



有馬街道
僕の実家は子供の頃から中央区で小売業をやってて、今でも細々と続けてる。
中央区と言っても殆ど西の端の方で、三宮や元町とは離れている。

家のすぐ数10メートル西が南北に通る有馬街道で、幼少時には路面電車が通っていた。

市電が通ってるって事は車もそれなりの交通量がある訳で、
我が家では有馬街道を電車道と呼んでいて、

危険だから電車道の向こうには行かないように、としつこく注意されていた。
当時は信号も横断歩道も無かったし。

で、その有馬街道が中央区と兵庫区のボーダーラインとなってるっていう知識もあったので、
中央区から見る有馬街道の西向こうは子供には異世界、
まるでベルリンの壁、遠い遠い天竺のような。

だからいつも電車道の東側から禁断の地である西側を眺めていたのだけど、

そこは男の子、
この電車道を踏破しないと己の成長は無い、

という何だか分からん冒険心に突き動かされて、ある日渡ってしまったのですよ、
 
あぁ、勇気が要ったよぉ

少しばかりの達成感と人間としての成長を実感したのでした。


で、年は数十年過ぎ行き、

ある日、実家の仕事で銀行から外国送金する用事があって、為替のコーナーで手続きを待っていた。
画像の緑の○の場所にある銀行。
有馬街道
外国送金は案外と時間が掛る、
ぼけっと行員の仕事ぶりを眺めてたんだけど、よくある 警察官立ち寄り所 っていうプレートが目に入った。
ところがそこに 生田警察署 って書かれてる。

画像の有馬街道の赤ラインが中央区と兵庫区の境目だと思ってたから、その銀行も当然、兵庫区圏内だと信じてたのに、生田警察署なら中央区の管轄ジャマイカ!

え”〜?

後で調べて判明した、
何十年も有馬街道が両区の境目だと思ってたのが間違っていたのだ、
それもそこらへんの場所だけ。
有馬街道2

ブルーのラインが正確な境目。
高速神戸駅の真上の交差点から南の箇所、西側に中央区が入り込んでるのだ。

なんでこんなヘンテコな区分けにしてるんだろう、意味不明だよ。

まぁこれが判明したのもちょっと昔の話、
緑の○の場所の銀行も移転してしまって今はもう無い。

ちなみに、地下街の区境の表記があるのはピンクののこの辺、
➡

なんでこんな場所に道標が要るのか、何だか不可思議な気もするんだけど、

これはあれかな、

この地下で死体が発見されたりした場合、
事故、自殺、他殺、いずれにしても死体があった個所で管轄の警察署が決定づけられるらしいので、

地下だと直ぐに管轄エリアが判別出来ないから、初動捜査に影響が出ない為、
とかなのかなぁ。



banner demae
  おいで下さって感謝です。
ランキングはこちらをクリックしてね、なむ〜。
 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村
  神戸の事なら
 
koba357 at 00:00|この記事のURLComments(0)