上関の問題が前向きに進んできたらしいので、
久々にN.O.Bくんに電話をしてみた。

彼は何年もの間、祝島で地元の人と一緒に中国電力と戦ってきた人だ。
(過去記事祝島が大変だ〜!やり方の汚い中国電力に断固抗議する。
愛の反対は憎しみではなく無関心である。等)

彼の話だと新しい知事になっても埋め立ての免許失効が確実とは言われているが
まだまだ予断は許さないと言っていた。
しかし上関然り、東ティモール然り、色んな人の想いと行動で変わった事は
大飯原発再稼働反対を謳う皆にとって、とても励みになる。
本当にありがとう!

そして彼に今どうしてるの?と尋ねると
「今は和歌山でカフェやってるんですよ。実は来月子供が産まれるんです。」
思わぬ展開にビックリしたけど幸せそうで嬉しかった。

そういえば和歌山はことごとく原発誘致をはねのけてきた所だな〜
とか思いながら話をしてたら

「今度、小向定さんがきてくれてカンタ・ティモールの上映会やるんです。」

それを聞いてまた嬉しくなってきた。