時には、淑女のように。-Act like a lady at times-

Shibako's Adventures in Wonder(Eng)land.My outspoken diary...

約5年のイギリス生活を終えて帰国、日本でも言葉を巡って冒険中。東北で被災→遅れてきた妊娠出産→金太郎のような息子を授かり絶賛育児中+ゆるやかに社会復帰

The Queen's Hat

Our favorite one. The Queen has her hat blown off!
 So the Queen and her men follow it through the zoo, over Tower Bridge and up Big Ben.
A must for anyone with a kid going to London! 
私と息子のお気に入りの一冊。
クイーンの帽子が風で吹き飛んだ!  クイーンと近衛兵たちがロンドン中を一緒に追いかける。
ロンドン動物園を抜け、タワーブリッジを乗り越え、ビッグベンをのぼる!
絵もとても可愛いらしいし、ロンドンの名所が沢山でてきて懐かしい 涙。
いつかロンドンにお子さんと行くかもしれない方は必読!私と息子も絶対にいく!


The Queen's Hat
Steve Antony
Hodder Children's Books
2014-10-02


I love me! Endo!

Endo(sumo wresler) sweeps himself up like a princess.
遠藤にお姫様抱っこされる遠藤。

10616467_10152498023166919_974555158037098527_n

夏の思い出 三陸鉄道でめぐるあまちゃん旅

夏休みの思い出。パパが息子の誕生日にアレンジしたサプライズ鉄道旅行。
海の日の3連休乗り放題チケットを利用して、新幹線やまびこ、はやぶさ、
リゾート列車ジパングとうみねこ、 青い森鉄道、三陸鉄道、そしてポケモン列車、、、
と息子の希望の列車を網羅。 旅行会社並みのプランニングと人気列車予約のぬかりなさに脱帽。

忙しい仕事の合間にどうやって予約したんだろうwww。
仕事でほぼ平日不在のパパですが名誉挽回!
男の親ばかってダイナミックだよなあ。次元が違うわ。 シャッポを脱ぐわ。

そして、「あまちゃん」大好きな私も大満足。
っていうか、あんなにブームになったのに
全然垢抜けない久慈が愛おしすぎるわ 笑

 息子よ、三回目のお誕生日おめでとう!
 明るくのびのび育ってくれてありがとう。⁽度々やんちゃが過ぎますがwww⁾
 君はパパとママの太陽です。愛をこめて。


The doting daddy arranged the rail fan's trip as a son's birthday gift (by unlimited ride passes).
 The planning and the reserving popular trains' seats were perfect like a travel agent.
 He must have spent so many days for the planning.
 Daddy is usually away from home most of the time on his business,so retrieved his honor!

Congratulations on our precious son.
 May lucky star shine on you! With a lot of love, from Daddy and Mommy

10559847_10152423908701919_6353540159545837780_n

10491976_10152419578981919_683752483991222609_n

10378140_10152423908901919_1603856674922914003_n

10557229_10152423909361919_3974885786928314603_n

10520103_10152423909176919_8443857219692697438_n

10550847_10152423909676919_3296936005028289538_n

追伸

震災以降ずっと東北の海が恐ろしかったけれど、信じられないほど青々と済んでいて
すっかり魅了されてしまいました。まさに、海はひろいな、おおきいなー!!⁽By息子⁾
家族を津波の事故で失っても尚、どうして海を憎まずにその側に住めるのだろうと
疑問に思っていたのですが、ほんの少し理解できたような気がしました。
その雄大さに圧倒され、何があっても恐れ敬う感情なのでしょうか。
私も今回初めて東北の海がとても好きだと思いました。

メッセージ

名前
メール
本文
Profile
Amazonライブリンク
Archives
  • ライブドアブログ