ランニングバックのダルヴィン・クックは「ウチのオフェンスにとても重要な選手だ」とヘッドコーチのケヴィン・オカネル。「クォーターバックや J.J.(ジャスティン・ジェファーソン)、アダム(シーレン)に K.J(オズボーン)、ウチのどんな選手でも、序盤からリズムに乗せようにするのと同じように、(クックも)リズムに乗せることで私がもっと良い仕事をしなければならなかった。」

クックはフィラデルフィア戦でわずか6キャリー(17 ヤード)、RB アレグザンダー・マティソンも2回、8ヤードでした。「ダルヴィンとアレグザンダーはウチのオフェンスの大きなパートになりえるし、今後も大きなパートになるだろう。」

「ビハインドになることは何度もあるが、少しずつ詰め寄ることが必要だ」と QB カーク・カズンズ。「何が起こるか分からないし、どんなプレイで試合が変わるか分からないと理解することも必要だ。スペシャルチームのプレイかもしれないし、ディフェンスのプレイかもしれないから、(オフェンスが)極端にアグレッシヴになって、一気に追いつこうとする必要はない。」

Dは後半がホンモノ?

「我々はまだ、ウチのチームの長所は何か、改善する必要があるのは何かを学んでいる途中だ」とディフェンシヴ・コーディネイターのエド・ダナテル。フィラデルフィア戦で「気に入ったところは、ウチの選手たちがタフな前半から立ち直ってアジャストし、後半は相手を無得点に抑えることができたことだ。」

「前半はウチのエクシキューションが良くなかったのは間違いない。その一部は自滅で、それは改善する必要がある・・・アサインメントを正しくプレイしていなかった。全ては修正可能だ。いずれ彼らがプレイを決めるのを見ることになるだろう。」

・公式サイトは CB キャメロン・ダンツラーは故障した、としていましたが、ダナテルによれば、ベンチされた模様。「彼は多くのスナップをプレイするだろうから、あそこで少し休ませたが、今週は準備ができているだろう。(ダンツラーは)彼の目の前にあるものをミスリードしたが、修正はできた。我々は彼を信頼しているし、彼は大丈夫だと分かっている。」

故障者
・S ハリソン・スミス(脳震盪)と CB アンドリュー・ブース(四頭筋)が水・木2日連続で練習せず。
・デトロイトでは DE エイデン・ハッチンソン、DE ジョン・カミンスキーおよび LG ジョナ・ジャクソンが2日連続で練習していないそうです。RB ディアンドレ・スウィフトは木曜日に制限して復帰。