ニューイングランドでバックアップ・クォーターバックだった「ときに(将来)コーチになろうとか、最終的にはヘッドコーチになろう、と思っていたかどうかに関わらず、(ビル・ベリチックは)私が影響を受けたコーチの一人だ」と HC ケヴィン・オカネル。「今週、彼や彼のチーム、彼のコーチング・スタッフを相手にコーチすることが、どれだけのチャレンジになるかは分かっている。」

「我々には良いプランがあると思っているが、誤解はしないでほしい。この試合もまた、ウチのフロントの選手にとって、いや、ランでもパスでも(オフェンス)11 人全員にとって大きなチャレンジになるだろう。」

オフェンスの修正点については「話すつもりはない」と QB カーク・カズンズ。「オフシーズンにレストランでマイクを付けていなければ、フットボールの話ができるかもしれないし、楽しいかもしれないが、今は僕にライトが当たっているから(会見では)僕はフットボールが分からないバカのように振る舞うつもりだ。」

カズンズを助けるためには「ブロックだ」とランニングバックのダルヴィン・クック。「カークに地面をヒットしてもらいたくはない。僕たちは鏡を見て、そこを修正するつもりだ。」

・LT クリスチャン・ダリソー(脳震盪/”out”)に代わり、ブレイク・ブランデルが先発の見込み。
・「(LB マシュー)ジュドンは今、このリーグのディフェンスでベストのシーズンの一つを送っていると思う」とオカネル。「テープを見れば、なぜだかは簡単にわかる。」

ディフェンスに故障者

コーナーバックのキャム・ダンツラー(足首/IR)に代わり、過去2試合で先発したアケイレブ・エヴァンスとアンドリュー・ブースが共に”out”。「アケイレブはまだ(脳震盪の)プロトコール中だ」と火曜日にオカネル。「ブースは試合の後にヒザが腫れて痛みがある。」

残る CB のバックアップはデューク・シェリーとクリス・ボイド。プラクティス・スクワッドにテイ・ガウワンとペリー・ニッカーソンとなっています。Update:ガウワンと、同じく PS の LB ウィリアム・クウェンクをアクティヴェイト。

ディフェンシヴ・ラインマンのダルヴィン・トムリンソン(ふくらはぎ)は月曜日に復帰し、3日連続で制限して練習しましたが、”questionable”。「ショートウィークだから、彼については我々がスマートになるつもりだ。彼をルールアウトするところまでは来ていないし、プレイするかどうかを判断するところまで来ていない。」Update 2:トムリンソンはイナクティヴ。

・月曜日に OLB ベントン・ウィトリーを PS へサイン。

故障者
・月曜日はウォールスルーのみのため練習のステイタスは推定。エヴァンスも月曜日に復帰し、3日連続で制限して練習していました。
・ダリソー、エヴァンスおよびブースが”out”で、トムリンソンが”questionable”。
・ペイトリオッツでは C デイヴィッド・アンドリュースら4人が”questionable”。LB ジョシュ・ウーチェイが”out”。Update 2:アンドリュース、RT アイザイア・ウィンらがイナクティヴ。