(前回 ジェイデン・ダニエルズとドレイク・メイ

ミシガン大のクォーターバック J.J. マカーシーには「スロワーとして、このドラフトの他の選手ほど”ボリューム”がなかったことは分かっている」と先週火曜日にヘッドコーチのケヴィン・オカネル。「そのことが話題になっていると思うが、このドラフトの他の選手のアテンプトにボリュームがあったというだけで、それがどれだけ妥当な(批判)なのかは分からない。(他の選手のアテンプトは)バブル・スクリーンや RPOs だったかもしれないし、ランゲームの延長でボールを放しただけかもしれない。」

「だから、スタット・シートやボックス・スコア以上のことを話し始めるなら、テープを見れば、このドラフトの他の選手にできないかもしれないことを J.J. マカーシーがしていたのが分かる。彼はアンダー・センターでプレイし、ランゲームが強い(オフェンス)の一部としてプレイした。彼らはプレイ・アクションとキーパーでランとパスを混ぜ合わせようとしていた。」

「それから、J.J. のサードダウンのテープを見れば、かなり高いレベルの生産性が分かる。通常(サードダウンでの高い生産性)は何につながるか?フットボール・ゲームでの勝利だ。フットボールをランして、サードダウンを高いレベルでエクシキュートするクォーターバックがいれば、ドライヴを継続できる。敵側のフィールドにボールを進めるチャンスができ、最終的にはレッドゾーン入り、フィールドゴールではなく、タッチダウンで終わることが期待できる。」

「J.J. には説得力のあるテープがある。ナショナル・チャンピオンシップを勝ち取る選手の気質がある。彼が 12 歳から今までに負けたのは、正確な数字は分からないが、3試合だったと思う。だからこの選手は”ウィナー”だ。」

ハリー ローテに降格か

ハリソン(S スミス)を以前ほど多くはプレイさせられない」とオカネル。「キャム(バイナム)とジョシュ(メテラス)がハリソンと一緒にセイフティの部屋をリードして、さらに若手選手たちもいるから、ウチのそのポジションはディープだと思う。」

「我々はスマートにならなければならないと思う。日曜日は重なっていくにつれてキツくなってくるから、ハリソンを酷使することなく準備させる方法で、我々は良いスウィート・スポットを見つけたと思う。」