廃墟ディスカバリー:・摩耶観光ホテル - livedoor Blog(ブログ)

・摩耶観光ホテル

2004年11月05日

夕暮れのマヤカン

33ac0ba3.jpg

日が暮れそうになってきたので、探索を切り上げます。摩耶観光ホテルはここまでです。


さて、次回の公開物件は・・・「続きを読む」へ。


                                    

続きを読む

丸窓

9a4ca525.jpg大き目の丸窓も割られていました。

外周

ea49124e.jpg外から回ってみても、このホテルの複雑なつくりがわかります。1回の探索で構造をすべて理解するのは難しいようです。

落ちた煙突

c6fad347.jpgホテルの外周を回ります。煙突が一本落ちていました。

2004年11月04日

煙突

d3047a4f.jpg煙突の真下にたどり着きました。営業当時は黒煙がモクモクと吐き出されていたことから、「山の軍艦ホテル」と呼ばれていました。

屋上へ

106af81d.jpg

下の部屋の探索を済ませ、屋上に上がります。ここはケーブル駅から死角になっていました。さっきの航空機用タイヤ突き刺さっています!



2004年11月03日

巨大オーブン

5e412dee.jpg

多分オーブンだと思います。この大きさなら、かなりの量の料理が出来たでしょうね。



ダクト

20be0889.jpg換気扇の排気ダクトが、崩落してました。襲われそうな勢いです。

さわやか!

f9474468.jpgコカコーラの冷蔵庫がありました。じつは横に同じような型のペプシの冷蔵庫もあります。

なぜトイレに・・・?

f3113098.jpgなぜかトイレにカキ氷機がありました。

中ホール2

2ce243d0.jpg窓側から入り口側を撮影しました。右奥にあるのが黒電話のあったカウンターです。左手にはトイレ、ドリンクカウンター,厨房があります。                                                     

2004年11月02日

中ホール窓より

6a39e27f.jpg中ホールの窓から。


突き出ているところは、全面窓の部屋と思われます。 



黒電話

f6dcd0be.jpg昔ながらの黒電話が、カウンターに置いてありました。しかし電話線がついていないところを見ると、どこか違う場所から持ってこられた様子です。

中ホール

6878fa48.jpg大ホールほどの大きさではないですが、広いフロアです。扉が映画館の扉のような防音構造になっていました。ここではダンスが行われていたのでしょう。

家族浴場(右側)2

7ed0fcca.jpg浴場の窓から客室の窓が見えました。

家族浴場(右側)

62199a14.jpgこちらはちょっとジャングルをイメージした感じのワイルド風お風呂でした。

家族浴場(左側)

5fbacbcf.jpg浴槽と洗い場だけのシンプルなお風呂です。一家族がゆったりと入れそうな大きさです。

2004年11月01日

家族浴場

cc5c3bec.jpg家族浴場への入り口を発見。階段を降ります。                                                            

客室2

bc4a32a2.jpgこちらの部屋は床に瓦礫が転がっています。

d109ffac.jpgアルファベットで落書きがしてあるのですが、古くて読み取れませんでした。

2004年10月31日

机の部屋

a2108b49.jpg丸い形が印象的な机が置いてありました。

客室(正面から)

3fe4f0ae.jpg

こちらのアングルの方がわかりやすいですね。


全面窓!



2004年10月30日

客室

4226b6c4.jpg窓が一面に広がる部屋。いかにもマヤカンという感じの部屋ですね。

廊下内部

33309731.jpgまた晴れてきて、廊下内部がよく見えてきました。

客室へ

69c103c6.jpg客室へと向かう廊下です。晴れていた空が曇ってきたのでかなり薄暗いです。

戻る途中で

e28fca2b.jpg壁が剥がれ落ちていました。しかし、うまいこと落ちたようで原型を留めていますね。窓のところから、木が出てます。

2004年10月29日

外付き階段を上がると

812f423b.jpg

行き止まりでした。入り口がありますが、例によって塞がれています。「立ち入り禁止」の工事用柵はいたるところにありました。                                            


来た道を戻ります。



枯木

5d25a08a.jpg夏にもかかわらず葉っぱのない木。瓦礫が落ちていてちょっとおどろおどろしいです。

暗い部屋を出ました

1df34416.jpg光が差し込む方へ、出ました。映画に出てきそうな幻想的な雰囲気です。(実際に映画で紹介されたことがあります。1985年吉川晃司主演の「ユー☆ガッタ☆チャンス」のロケ地として利用されました。)

2004年10月28日

暗い部屋

90325ec2.jpg階段を下っていくと、さらに下へと続く細い階段がありました。おりると暗い部屋になにやらたくさんのドラム缶や、イスがありました。この写真で判別は難しいですが柱には落書きがあり、日付を見ると「昭和34年3月15日」でした。                                             

階段発見

dfeec7a4.jpg階段を下ります。左手にはトイレがありました。

2004年10月27日

げっ!

89000c34.jpgトタン屋根を突き破って、でっかいタイヤが顔をのぞかせています。直径1.5メートルはありますでしょうか。調べてみると、どうやら航空機用のタイヤのようです。                                   なぜこんなところに・・・!?

廊下を進みます

f79f5531.jpg広場の探索を終え、廊下を進みます。上を見上げると・・・

2004年10月26日

ホール横の広場から

03639b76.jpg広場から建物を撮りました。夏なんで草木がボーボーデス。                                                 

ホール横の広場2

1767572d.jpgすすきがゆらゆら・・・廃墟って植物と自然に調和してますよね。

ホール横の広場

99d4914f.jpgホールを出ると広場があります。鉄柱がたくさん立っていますね。かつては屋根がついていた感じです。向こうの方に煙突が見えました。

2004年10月25日

舞台上より

5d98606a.jpg舞台の上です。ここから見るとホールの広さがよくわかります。                                                                                                                    


シャンデリア、丸窓、天井のデザイン、どこをとってもモダンな感じがします。ここでコンサートが行われていたんですねー。入り口横にブルーシートがあるのがちょっと残念です。                                                              



舞台の下

e7eceb99.jpg舞台の下です。いろんなものが散乱していますね。階段から舞台上に上がります。                                                           

舞台の床

606f5e98.jpg大ホール舞台の床です。腐食が進んでいて、あちこちに穴が開いています。

大ホールの椅子

95755693.jpg赤い椅子が置いてありました。営業当時のものか、誰かが持ってきたのか・・・足が一本折れています。

舞台上手より

b8f9b4a8.jpg舞台の上手です。窓のきれいなデザインが目に付きました。                                                           1961年にフランスの豪華客船から、ステンドガラスや装飾品を買い取って内装をしたそうです。                                            

大ホール天井

7d198143.jpg天井です。扇風機かエアコンか換気扇のようなものがついています。人がたくさん入ったら夏場なんてキツイですね。丸窓もいたるところにあります。                                       



大ホール

6f43a23a.jpg

400人収容可能の大ホールです。何年か前には舞台にグランドピアノがあったそうですよ。                                        


ここで他の探索者の方と出会いました。こんなときはこちらから「こんにちは」と声を掛けるようにしています。記念撮影を頼まれました。                                                   



2004年10月24日

ホテル内部へ

0d95448a.jpg

正面入り口が板で封鎖されていたので、右横から入ります。                                      建物への侵入は実に容易でした。(ここまでくるのは容易ではなかったですが・・・)                               


長い廊下みたいになっています。どうやら左手側が、大ホールのようです。



入り口の左っかわ

fe48bc16.jpg入り口の左側です。丸い穴の開いた壁が船舶をイメージさせます。窓ガラスは例によって割られていますね。

2004年10月23日

入り口の右っかわ

ee5dae52.jpg正面入り口の右側です。


屋上に上がる階段がありますが、腐っている上にケーブル駅から丸見えなので行けませんでした。 



2004年10月22日

摩耶観光ホテル〜序章〜2

48c30b82.jpg

30分ほど歩いてケーブル駅を発見!しかし「雷鳴のため運休」ガーン!帰ります。                                                               



摩耶観光ホテル〜序章〜

8cfb8130.jpg

次の目標はいよいよ摩耶観光ホテル。廃墟マニアなら誰もが知っている、超有名物件ですね。場所は兵庫県の神戸市。H急電車のO子駅を降り立つと山の中に小さく見えました。歩いてケーブル駅まで向かいます。