廃墟ディスカバリー:・山の牧場 - livedoor Blog(ブログ)

・山の牧場

2007年01月17日

おまけその3

牧場の夜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の牧場です。

 

さて、これで山の牧場はおしまい。次回は「次を読む」へ。

続きを読む

2007年01月16日

おまけその2

カウンター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとカウンター風。

 

トロフィー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かで優勝されたようです。



2007年01月15日

おまけその1

トラカレンダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色あせたタイガーカレンダー。1998年と書いてあります。

 

入り口の感じ

入り口の自動ドアの仕組みがわかります。

写真右手に少し穴が開いてますね。あれが隣の部屋に通じるものです。



2007年01月14日

帰り道

帰り道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて帰ります。この写真を見ていただいたらわかるように、車の出入りはあるようです。

最初にも書きましたが、これは2回目の訪問。明日からは1回目の訪問時の写真とあわせて、おまけ画像を出しますね。



2007年01月13日

降り口

降り口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

降ります。



2007年01月12日

機械類

湯沸かし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風呂の湯沸しって、室内にあっても大丈夫なのかな。

 

自動ドアー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダ油の重みで、扉が自動でしまる仕組み。



2007年01月11日

ベッド

ベッド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいいカーテンに、ベッドまであります。

 

おりる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

降りるときはこんな感じ。圧迫感を感じます。



2007年01月10日

左の部屋

左の部屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり強引に穴を開けた感じ。そこに板を渡して隣の部屋に行けるようにしてあります。普通ではありえない建て方だと思います。右手の波板の後ろが風呂です。

 

70センチほどか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもこの穴が小さい。かがまないと通れません。

縦に70センチほどかな。



2007年01月09日

風呂

へんな風呂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンに帰ってきました。トタンの向こうの風呂。

プライバシーを保つのは困難ぽい。

 

風呂に包丁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

錆びた包丁。



2007年01月08日

イスのある部屋

イスの部屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従業員宿舎の一番右端(牧場の入り口の方)。写真が散乱しています。

 

お札のドア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巨石があった事務所の2階。事務所のほうからも上がる階段はありませんでした。ではあのドアは何?おそらくあそこがお札の貼ってあった部屋でしょう。

光の反射で中が見えなくて良かった〜。



2007年01月07日

従業員の部屋

キッチン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入ってすぐは炊事場のよう。トタンの向こうは風呂か?

 

右の一室目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず炊事場のある場所から、右側の部屋にやってきました。オーディオルーム?

誰か消火器まきやがったな。



2007年01月06日

たんごろうの家

たんごろうの家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たんごろうの家がありました。

 

あ〜来た

ここは本の記述にある「天井の一部を破壊してかけられたハシゴ」だと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やばいよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり強引に後付されたようです。



2007年01月05日

そのまま

異様な

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吸殻とかペンとか全て、そのままな感じです。本の後日譚には、作者の恐怖体験の数年後には普通に牧場として運営されていたようです。

 

大きい方に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こっちの大きい方の建物に行ってみましょう。



2007年01月04日

牛カレンダー

うしカレンダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなりカビくさい部屋です。

 

事務所っぽい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巨石のあった部屋は事務所になっています。



2007年01月03日

謎の岩

謎の岩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本の記述にもある「扉から入らないほどの大岩」と思われるものがあります。確かにでかいですが、本の記述の2メートルには程遠い感じ。

 

謎の岩2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポットとかそのまま。



2007年01月02日

奥の牛舎

奥の牛舎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地の一番奥にある牛舎です。

 

奥の牛舎入り口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは入り口です。

 

奥の牛舎内部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが内部。あまり使用感がないように思います。



2007年01月01日

散髪のいす

散髪いす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

散髪いす?

 

ススキ隠れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ススキの中に隠れてる。



2006年12月31日

牧場っぽさ

丸い建築

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと変わった形。中には何が?

 

軽四駆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬には雪深い山になる地域なので、4駆は必須。

 

冷蔵庫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4駆のむかいには冷蔵庫。冷蔵庫のウラが丸いところのようです。

 

牧場っぽさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牧場らしい感じ。



2006年12月29日

あの部屋

通路

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに奥へ行きます。

 

う〜ん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この部屋は牛さんをどうにかしてしまうところでしょうか。



2006年12月28日

トイレの謎

トイレの謎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

便器の数がものすごいです。

 

トイレの謎2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これと左右対称で、右側にも同じ数だけ便器があります。合計で男性用便器10個、和式便器12個。なんでこんなに多いのか?

デパートでも一つのトイレにこれだけ便器は無いでしょう。



2006年12月27日

なぜか

そうこのような

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは倉庫のようなところですが・・・

 

図書コーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか図書コーナーがあります。



2006年12月26日

牧場の機械類

牧草を何とかする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牧草を何とかする機械。かな?

 

青トラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナンバーがついてないので、牧場内だけで走っていたのかも。



2006年12月25日

ぱつぱつ

ぱつぱつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この建物、雨は降っていないのにずっと天井が「ぱつぱつ・・・」と雨を打つような音がしてます。

 

冷蔵庫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業務用の冷蔵庫。その奥の白い箱は何だろう。



2006年12月24日

牛のいたところ

牛のいたところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛のいたところに行きましょう。

 

牛のいたところ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

においはまったく無いです。



2006年12月23日

ソファ

ソファ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで使われていたものか?

 

ドラム缶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打ち捨てられた雰囲気。



2006年12月22日

資材置き場として

こちらも2階の扉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの建物にも、謎の2階扉が。通路でも渡そうとしてたのか?しかしそんな形跡はない。

 

資材置き場として

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資材置き場として使われているのでしょうか。



2006年12月21日

畜魂

畜魂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターネットでの情報だけを頼りに、某県の山を3時間以上探し回りました。普通に探せばまず見つからないでしょう。そんな人気の無い、辺鄙なところにあるのです。

到着した頃には、日が沈んでいくところでした。

そこで、日を改めて再びやってきたのでした。

この「蓄魂」の石碑が目印。写真ではわかりませんが、僕の胸くらいまでの高さがある大きな石碑です。

謎の2階扉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口のすぐ近くにある建物。あの2階の扉はどうやって入るのか?何のためにあるのか?

実はここに到着して、この写真を撮っているとき山の下の方で獣らしき声で「ウォー、ウォー、ウォー」と何かが、叫び続けてます。恐ろしい。。。



2006年12月20日

山の牧場

今回取り上げる「山の牧場」は怪談「新耳袋 第四夜」に出てくる「山の牧場にまつわる10の話」のモデルとなった、牧場の廃墟と思われる場所です。

この新耳袋というシリーズは創作ではなく、実話を収録していると筆者の方が書かれております。しかもこの「山の牧場にまつわる10の話」は筆者の方20年以上も封印してきたほど恐ろしい話なのです。

ただ今回紹介するのはあくまでも「そう思われる場所」だということを、念頭において置いてください。

ちなみに「新耳袋 第四夜」を読んでから、見ると10倍面白いです。

新耳袋―現代百物語〈第4夜〉