はたらこらぼ ブログ

こんにちは。 

はたらこらぼの井上です。 

 

たかさんが入社して、もう4ヶ月が過ぎようとしています。 

(本当にあっという間) 

 

ピカピカの新人だった、たかさんも 

今では、たさんの仕事を覚えてくれて、 

とても頼もしい存在になっています^^
スクリーンショット 2022-04-20 7.31.53

初めての研修講師で、一生懸命レクチャーを頑張るたかさん(よく頑張った!) 

 

今日は、新しい仲間を迎えるにあたって、 

意識したことを書いてみたいと思います。 

 

意識したこと1 

一緒に働いてくれていることに感謝の気持ちを持つ。 

 

1人で考えていて、煮詰まったことに対して、 

新しい視点でアドバイスがもらえること。 

自分たちが今まで作ったものをもっと良くするために、 

どうしたらもっと良くなるかフラットな立場で意見をくれること。 

 

仲間が1人増えるだけで、 

こんなに心強いのかと日々痛感しています^^ 
スクリーンショット 2022-04-20 7.32.10
でも、この安心感は当たり前ではなく、 

たかさんが飛び込んできてくれたからこそ、感じられること 

 

そのことを常に心のどこかにおいて、 

一緒に働けることを当たり前と思わず、 

感謝の気持ちを持ちながら、働かないといけないと思っています。 

 

意識したこと 

先輩として、恥じない行動を心がける。 

 

たかさんが入社する前は、 

良くも悪くも自由に仕事をしていて、 

お客様と接するとき以外は、 

”周りから見た自分”というものをあまり意識しておらず、 

自分が正しいと思うことに向かって、ただ突っ走っていました。 

 

ですが、新しい仲間が入ってきて、 

「この先輩、全然ダメじゃん・・・」と思われたくない! と思い、 

発する言葉、ちょっとした時の態度など、 

自分の言動や行動が、社内の人間から見た時に、どう思われるのか? 

突っ走る前に、一度立ち止まって意識するようになりました。 

(ダメな先輩と思われていないことを祈ります!笑) 
スクリーンショット 2022-04-20 7.32.26

意識したこと 

結果や仕事の質にこだわること 

 

「お金をもらう以上、相手の期待を超えていかないと意味がない」 

よく日下から言われていました。 

 

今度は、それをたかさんに伝えていく番。 

 

「お前できてないじゃん・・・」 

と思われながら、そんなことを伝えるのは、 

ものすごく恥ずかしい人なので、言葉に恥じないように、 

今まで以上に結果や質にこだわるようになりました。 
スクリーンショット 2022-04-20 7.32.42


意識したこと4 

手を止めて、話を聞く。 

 

これまでにも、育てる役割はしたことがありましたが、 

今までできていなかったのがこれ。 

自分の仕事が立て込むと、それを終わらせてしまいたいがために、 

どうしても、自分の作業をしながら、話を聞いてしまう癖がありました。 

 

ダメだと分かっているけど、どうしてもやってしまう癖で・・・ 

毎回「なぜ、手を止めて、話が聞けないのか・・・」と反省していました。 
スクリーンショット 2022-04-20 7.32.55

今回こそは、この癖を治そう!ということで、 

 

・どんな忙しくても、作業の手を止めて話を聞く。 

・どうしても止められない時は、それを伝えて、キリがいいところまで終わらせてしまう。 

 

この2つをマイルールとして決めて、実行しています。 

 

今のところは、うまくいっている! 

ので、継続してやっていこうと思います^^ 

 

たかさんの育成担当として、育てる立場にありますが、 

逆に育てられているという意識がすごくあります。 

 

これからも、”はたこらを選んでくれたこと”に感謝の気持ちを持ちつつ、 

一緒に仕事を頑張っていきたいと思います! 
スクリーンショット 2022-04-20 7.33.11

こんにちは

 

はたらこらぼの樋口です。

 

4月、新年度がスタートしました。

人事異動による転勤や入社、学校への入学など

慌ただしい時期ですね(><)

 

私は、はたこらに入社して

早3ヶ月が経とうとしています。

 

 

もう、3ヶ月か・・

なんてしみじみ思いつつ、

日々仕事に追われ、あっという間の3ヶ月でした。

 

 

今回のブログでは少し

この3ヶ月を振り返ってみたいと思います。

 

1月の入社研修を終え、岡山を離れる時には

寂しさと不安を感じていたのに。

 

毎日LINE WORKSや電話でやり取りをしていると

不思議なものですね・・・

今は寂しさを感じることは全くありません(笑)

 

むしろリアルで会った時は

どこか気恥ずかしさすら感じます(><)

ちなみに、入社後リアルで会った回数は、日下と5日・井上とは9日でした。)

 

 

少しずつ、はたこらの一員に

 なれてきたのかなと感じています^^

図1

一方で、まだまだ難しいことも・・・

プライベートと仕事の境目、

気持ちの切り替えが難しいとも感じています。

 

 

これまで

仕事はオフィス

プライベートは自宅で。

 

 

この切り分けが

意識せずとも体に染み込んでいたと

強く感じました。

 

 

仕事とプライベートの境目をなくして、

ミックスすることは

私にとっては、正直難しいと感じています。

 

休む時はめいっぱい休む!

働く時間は懸命に働く!

 

 

私の理想のライフスタイルには

この切り替えが大切だと改めて実感しました。

 

 

 

また、この3ヶ月

自分自身の仕事との向き合い方にも

すごく悩みました。

 

仕事を通じて

何を実現したいのか。

何を求めているのか。

 

 

日下、井上と接する時間の中で、

 

 

仕事を楽しむって何なのか。

私にとって、『はたらく を たのしく』とは何なのか。

 

 

模索した時間は辛い日々でもありました。

 

ただその時間を過ごしたことで、

はたらくことを無理にポジティブに捉える必要はない。

ネガティブな気持ちを持っている自分もそのまま受け入れ、

認めても良いんじゃないか。

 

私にとって、『はたらく を たのしく』とは

「自信を持って、前向きに、仕事に取り組むこと」なんじゃないか。

 

この気づきを得た時には、心がスーッと軽くなりました^^

(嬉しさのあまり、気づいたその日に、すぐ日下に報告しました。笑)

 

 

4月以降、

小さな自信を積み重ねることを意識してみよう!

  この気持ちを持って前向きに取り組みたいと思います^^


これからも

みなさま、どうぞよろしくお願いします!

図1

こんにちは。

はたらこらぼの樋口です。

 

3/23(水)〜3/25(金)まで

東川町しごとコンビニの視察に

行ってきました!

 

 

入社して約3ヶ月、

運営スタッフの皆さんとは

毎週オンラインでミーティングしていましたが、

ようやく実際にお会いすることが叶いました!^^

 

今回は、この現場視察にて、

私なりに感じたことや学んだことをご紹介します。

 

この3日間、登録者さんや運営スタッフのお二方、

事業所様や東川町役場の職員の皆様など

多くの方にご協力いただき、

東川町しごとコンビニの現状について、

じっくりお話を伺うことができました。

 

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!
図1

 

私が特に印象に残っているのが、

皆様の東川町しごとコンビニに対する期待度です^^

 

 

「しごとコンビニのおかげで業務改善につながった。」(事業所さん)

「町内で働き口を探していた私にはピッタリでした。」(町民さん)

「しごとコンビニで様々な仕事を経験して、したい仕事が見つかった。」(町民さん)

など。

 

本当に嬉しい言葉を聞かせていただきました!

 

 

一方で、

「仕様書のこの部分は動画を活用したらどうだろう?

お仕事する上でわかりやすいと思うよ」(事業所さん)

「このしごと今のまま続けるより、やり方を変えてみるのはどう?

 そろそろ飽きられないように変化したら方がいいんじゃない?」(登録者さん)

など。

 

 

しごとコンビニの事業が良くなるためにはどうしたらいいか。

関わる人たち、一人ひとりが“自分ごと”で考え、共に事業を作っている。

このように感じました。
図2

現在、奈良県高取町や鳥取県南部町では

4月からの本格稼働に向けて準備を進めています。

 

一人でも多くの町民さんや町内の事業所さんに

しごとコンビニの仕組みや事業を知っていただきたい!

 

 

そして、より良いしごとコンビニにするためには

関わる一人ひとりが

“自分ごと”として

事業をみんなで作り、みんなで育てる。

 

 

この3日間で、

このような意識がとても大切だと学びました。^^


このページのトップヘ