子ども、9ヶ月。
元気に成長中で動き回る毎日。

母親にぴったりくっつきたい時期でもあり
構って欲しくて仕方ない時期でもあり。
子どもと同じ空間で仕事をすることが難しくなってきた。

物理的にもだけど、
何より、子どもが構ってと泣いているのに構ってあげられないのは
本当に心が折れる。辛い・・・。
でも構ってばかりだと仕事が進まない。
それも、辛い・・・。


そこで、1才になる8月から週3日家族に預けるお願いを。
少し気持ちが楽になっていたものの、それが急遽ダメになり
「どうしよう・・・このままでは仕事が全くできない・・・」とお先真っ暗状態に。

とりあえず息子とちゃんと向き合いながら仕事もするために
3、4時に起床し、息子が起きる7時までの間に仕事時間を少し確保。
日中のお昼寝タイムは不確実な時間だけど仕事の時間。
夜や週末も、主人に子どもを見てもらい仕事をして。

無理が続き、体と気持ちがボロボロに。
家族3人の時間もなくなった。


"あれ?何のために仕事してるんだっけ??"


そんなこんなで?
そんな日が続いたおかげで?
保育園に入れる許可を得ることができ保活をスタートすることに。


妊娠中に、保育園は入れない方向でと言われ
本当にどうしようかと悩みに悩んで。
出産後、成長していく子どもを見ると嬉しさと同時に
どうやって仕事をしていこうかという不安で苦しくて苦しくて。
毎日、子どもにも主人にも、社員さんにもお客様にも謝ってばかり。
心がすり減っていたので保育園に入れられるとなった瞬間、
どれだけ気持ちが楽になったか。気持ちに余裕ができたか。


経営者ママは、家族がふたつあるようなもの。
どちらも大事にしたいし大事にしなくちゃいけない。
それには時間も、気持ちの余裕も絶対に必要。
だから、周囲に反対されてもふたつの家族のために
保育園には入れるべきだと私は経験から思う。
結果的に、それがみんながハッピーになるのだから、それでいい。

保育園に入れずに家族に預かってもらうという手もあるが
家族はビジネスで預かる訳ではないので、確実性はない。その義務もない。
申し訳ないなぁと思いつつ預けるのも、なかなかしんどい。
近場ではない場合、預けにいく移動に1、2時間も取られるのも辛い。

だったら、ビジネスで確実に預かってもらえ、
お友達もいて、色々と学べる保育園に入れた方が、みんなにとっていいのでは?
そんな風に思います。


次は、保活について語りますよー!