はたらこらぼ で 採用をサポートする際、
お客様にお伝えしていることがあります。

それは・・・
目指すべき採用の在り方は
「採用活動しない採用」だということ。


とある有名ホテルでは
親子が子を紹介し、子が自分の子も紹介し…という流れで
多くの家族がそのホテルで働いているそうです。

とあるコンビニでは
スタッフ(←実は私)が、楽しそうに働く姿を見て
常連のお客様が数名、アルバイトとして働きに来てくれました。
中には会社を辞めて、コンビニのオーナーになった方も!

リクルート時代も
友人やお客様のお店でアルバイトをしていたスタッフさんが
私が楽しそうに働く姿をみて、リクルートに興味をもって応募してくれました。


これって、
どんなに高いお金を払っても得られない
究極の求人広告だと思いませんか?


私自身、企業で採用担当をしていたこともあり
限られた広告費の中で目標人数を採用する大変さを経験しています。
常に数字とのにらめっこ。
毎日胃が痛かったように記憶しています(笑)


そんな疲弊する経営者や採用担当を救うためにも
「採用活動しない採用」を増やしたいと考えています。

社員さんやアルバイト、パートさんたちが、
会社や仕事に誇りをもち、やりがいを感じて働くことができれば
人は自然と集まってきます。

そんな会社をつくるための手法は色々ありますが
はたらこらぼ では「みんなで採用」という手法を用い
経営者や人事の仕事と思われがちな採用について
皆で考え、皆で動きます。

その中で、
会社のことを改めて知ったり
経営者の想いに触れたり
どんな人がこの会社に必要か考えたり
会社の意外な魅力に気づいたり
それをちゃんと言語化できたり
逆にダメな所にも気づいて改善に向けて動いてみたり。

そうしているうちに
段々と、会社や仕事、採用が「自分ごと」となってきます。
自分ごとになれば、より良くしようと人は動き始めます。


その状態になれば、常にアンテナを張って
自社にとっての"いい人"を無意識のうちに探すようになります。
だから、社員さんや関係者からの紹介が増えていく。

楽しく仕事ができる人が増えるから
自然と人が集まるようになる。


これが、はたらこらぼ の 目指すべき採用の在り方。
この基礎となる考え方と実践を
半年から1年かけて一緒に作っていきます。



ここ最近、サポートさせていただいたお客様数社から
採用費ゼロ円、広告に出さなくても人が集まるようになったと
嬉しいお声もいただいております。

表面だけを繕う採用ではなく
中身ある採用ができる会社を増やしたい。
そう強く願います。