こんにちは。 

はたらこらぼの井上です。 

 

たかさんが入社して、もう4ヶ月が過ぎようとしています。 

(本当にあっという間) 

 

ピカピカの新人だった、たかさんも 

今では、たさんの仕事を覚えてくれて、 

とても頼もしい存在になっています^^
スクリーンショット 2022-04-20 7.31.53

初めての研修講師で、一生懸命レクチャーを頑張るたかさん(よく頑張った!) 

 

今日は、新しい仲間を迎えるにあたって、 

意識したことを書いてみたいと思います。 

 

意識したこと1 

一緒に働いてくれていることに感謝の気持ちを持つ。 

 

1人で考えていて、煮詰まったことに対して、 

新しい視点でアドバイスがもらえること。 

自分たちが今まで作ったものをもっと良くするために、 

どうしたらもっと良くなるかフラットな立場で意見をくれること。 

 

仲間が1人増えるだけで、 

こんなに心強いのかと日々痛感しています^^ 
スクリーンショット 2022-04-20 7.32.10
でも、この安心感は当たり前ではなく、 

たかさんが飛び込んできてくれたからこそ、感じられること 

 

そのことを常に心のどこかにおいて、 

一緒に働けることを当たり前と思わず、 

感謝の気持ちを持ちながら、働かないといけないと思っています。 

 

意識したこと 

先輩として、恥じない行動を心がける。 

 

たかさんが入社する前は、 

良くも悪くも自由に仕事をしていて、 

お客様と接するとき以外は、 

”周りから見た自分”というものをあまり意識しておらず、 

自分が正しいと思うことに向かって、ただ突っ走っていました。 

 

ですが、新しい仲間が入ってきて、 

「この先輩、全然ダメじゃん・・・」と思われたくない! と思い、 

発する言葉、ちょっとした時の態度など、 

自分の言動や行動が、社内の人間から見た時に、どう思われるのか? 

突っ走る前に、一度立ち止まって意識するようになりました。 

(ダメな先輩と思われていないことを祈ります!笑) 
スクリーンショット 2022-04-20 7.32.26

意識したこと 

結果や仕事の質にこだわること 

 

「お金をもらう以上、相手の期待を超えていかないと意味がない」 

よく日下から言われていました。 

 

今度は、それをたかさんに伝えていく番。 

 

「お前できてないじゃん・・・」 

と思われながら、そんなことを伝えるのは、 

ものすごく恥ずかしい人なので、言葉に恥じないように、 

今まで以上に結果や質にこだわるようになりました。 
スクリーンショット 2022-04-20 7.32.42


意識したこと4 

手を止めて、話を聞く。 

 

これまでにも、育てる役割はしたことがありましたが、 

今までできていなかったのがこれ。 

自分の仕事が立て込むと、それを終わらせてしまいたいがために、 

どうしても、自分の作業をしながら、話を聞いてしまう癖がありました。 

 

ダメだと分かっているけど、どうしてもやってしまう癖で・・・ 

毎回「なぜ、手を止めて、話が聞けないのか・・・」と反省していました。 
スクリーンショット 2022-04-20 7.32.55

今回こそは、この癖を治そう!ということで、 

 

・どんな忙しくても、作業の手を止めて話を聞く。 

・どうしても止められない時は、それを伝えて、キリがいいところまで終わらせてしまう。 

 

この2つをマイルールとして決めて、実行しています。 

 

今のところは、うまくいっている! 

ので、継続してやっていこうと思います^^ 

 

たかさんの育成担当として、育てる立場にありますが、 

逆に育てられているという意識がすごくあります。 

 

これからも、”はたこらを選んでくれたこと”に感謝の気持ちを持ちつつ、 

一緒に仕事を頑張っていきたいと思います! 
スクリーンショット 2022-04-20 7.33.11