最鬱点より愛を込めて

歳を取ってよかったことは、前向きになったこと。以前に比べて(これでも)ウジウジしなくなったこと。最低な今日は最高な明日への仕込み、とか妄信的に言えるようになったところ

畳み掛けるような腑に落ちない出来事の連続も、近いうちに起きる良い出来事への布石だと思えるようになった。実際のところどうなのか懐疑的なのは、きっとまだ経年が足りない。今よりまだ若かった頃は、良い空気に変わるまでの辛抱が足りなかったような気がしてる。気がしてるだけかも。

希死念慮から紆余曲折で10余年。あの頃の自分を殺したいとは毛頭思わないけれど、どういうわけか俺は長生きしたくて足掻いております

昔作った曲を大幅に改変して既存のデモのパーツを組み合わせた新曲を録っています。よって歌詞も書き下ろしたんですが、童貞を超越した童貞ソングの完成と相成ったわけです。妄想で10年強やってるんだからすごいよ俺は。俺はすごいよ。


何もかも上手くいく
そんなわけないけど
もしも許されるならば
抱きしめたい
だけど
このままでいたいんだ

君がいるから楽しくなる
くだらない話をいつまでもしていたい
君がいるから寂しくなる
何も分かり合えないからまた会いたくなる

何もかも上手くいく
そんなわけないけど
どうか
どうか今だけは
願ってみても
どうしたって
上手くいってくれないよ

君がいるから苦しくなる
笑い声を聞く度に締めつけられる
君がいるから恋しくなる
何も伝えられないからまた話したくなる

黒い髪、白いうなじ
ゆられて、ゆられて

君にいるから楽しくなる
会えない夜ばかりで待ち遠しいけど
君がいるから寂しくなる
黒い髪、白いうなじ
抱きしめたくなる
また寂しくなる

フラテリスのPV、いつ見ても素敵な気持ちになるなぁ

夏らしいことのないまま、今年の夏も無事に終わりそうです。絶望するために希望を抱いているような日々を過ごしている

このページのトップヘ