2016年11月12日

紅葉の中のコンクリート打ち

先日、某寺院庫裏の基礎コンクリート打ちがありました。

rurikouji161109-01
rurikouji161109-02

建屋の裏山のモミジが少しずつ色づいてきました。
この景色がリビングの窓から見える配置です。

今年は全般的に紅葉が遅いようで、我が家のモミジは
まだ色づいていません。

隣に見えるのが、本堂に隣接する庫裏の母屋です。
今回は別棟での増築です。

山裾の立地なので冬は底冷えするそうです。
今度の家は断熱をしっかり施して、床暖房も設置
しているので暖かく過ごせることでしょう。


                                 小林





kobayashiarc at 09:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)業務日誌 | 寺院庫裏

2016年11月04日

老人保健施設はくあい完成

ひと月ばかり前に、老健の増築部分が完成しました。

hakuai161020-01
右手が既存部分で、左手が増築部分です。



hakuai161020-02
hakuai161020-03

敷地がかなり狭い中での施工で、業者さんは苦労
したようです。

2階部分に見えるのは、アルミのルーバーで西日よけと
道路からに視線を遮る目的で設けました。

内側は入所者さんの療養室ですが、明るさは十分
確保できています。



hakuai161020-04
1階は多目的ホールと、ヘルパーステーション&
訪問看護ステーションの事務室です。



hakuai161020-05
hakuai161020-06
hakuai161020-07

2階は9名の療養室ですべて個室で、専用の食堂スペース
を設けています。

hakuai161020-08
hakuai161020-09

あとは、機械浴室と中間浴室で、機械浴は全体で
利用します。

hakuai161020-10
既存部分とは明るい渡り廊下でつながり
中庭の緑が眺められるような工夫をしています。



hakuai161020-11
hakuai161020-12
hakuai161020-13
3階は管理部門で、屋上には天然芝で緑化しています。

向こうに見えるのが既存部分で、とにかく緑あふれる
環境と職員が働きやすい環境を整えたいというのが
この施設の理事長のお考えで、できる限りそのお気持ち
に答えたいという思いで設計監理をしてきました。

まだ工事の方は既存部分の改修中ですが、それが
終わればまた新たな入所者をお迎えする予定です。

                                   小林





kobayashiarc at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)業務日誌 | 老人保健施設はくあい

2016年10月29日

島根街並み研修旅行

10月の22日~23日の二日間で島根の方に研修旅行に
行ってきました。
前日に鳥取県で地震があったので心配しましたが、
島根は大きな被害はなさそうなので、
まちづくりセンターのメンバーと地域の住民の方と
山口市の職員と一緒に、街並みの研修です。

山陰道を車で移動し、途中の温泉津温泉に立ち寄りました。

島根-01
島根-02

ここは昔、石見銀山の玄関口として栄えた町で、当時の
雰囲気が残っています。

島根-03

和風の建物が立ち並ぶ中で、大正時代に建てられた
木造洋館で温泉施設&ギャラリーとして利用されている
施設があります。
そこで、名物の昼食をいただきました。


次に松江の市内に向かいます。

まず訪れたのが、カラコロ工房と言って、
昔の日本銀行の建物を改修して、コミュニティー施設
として利用されているところで、イベント広場やショップも
オープンしています。
もちろん日銀の建物も改修して利用されています。


島根-04
島根-05
島根-06
島根-07

この日も観光客等も訪れて、古い建物を残しながら
新たなな街並みを造るという参考になりました。


1日目は松江市内の居酒屋で楽しい
飲みニュケーションの時間を過ごしました。



二日目は朝いちで松江城に向かいました。

島根-08

松江城は建設当時のままの構造で、内部の木の
架構は見事です。

島根-09

天守からは松江の町と宍道湖が眺められます。

次に歩いて近くにある、小泉八雲記念館に行きました。

島根-10

そのすぐ近くに、小泉八雲が一時期住んでいた
屋敷が保存されています。

島根-11

古い武家屋敷で庭園がとても見事です。

日本を愛した小泉八雲の気持ちがわかるような気がします。


そして、最後に向かったのが安来市の足立美術館です。

島根-12

みなさんご存じだとは思いますが、ここは展示品も
さることながら、庭園がすばらしいのです。

この日もすごい観光客の数でした。

紅葉には若干早い季節ですが、圧巻の景色です。

島根-13
島根-14
島根-15
島根-16
島根-17
島根-18
島根-19

また、違った季節に訪れてみたいものです。


今回の研修等を生かしながら、我々は山口の
大内文化特定地域の街並みの保存・改修に
建築士として取り組んでいます。


                              小林











kobayashiarc at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)業務日誌 | 建物探訪