前回のエントリでサラリと書きましたが、住宅ローン減税は「一般住宅」と「長期優良住宅」とで最大控除額が異なります。

「一般住宅」はその名の通り一般的な住宅。
さて、それじゃ一方の「長期優良住宅」とは。

端的に言ってしまうなら、その名の通り「長期に渡って快適に暮らすことの出来る住宅」ということになります。

具体的には、快適に暮らすために十分な広さが確保され(住戸面積)、バリアフリーであること。
そう簡単に壊れたりしてしまわないように風雨をきっちりと防ぎ(劣化対策)、地震などにも耐えられる性能を持つこと(耐震性)。

さらに、建築・解体時以外の環境負荷も軽減するために高い省エネルギー性能を持つこと。

それらの性能を保つためのメンテナンス計画が立てられており(維持保全計画)、そのメンテナンスがしやすい作りであること(維持管理・更新の容易性)。

将来的な家族構成の変化による間取りの変更などに柔軟に対応出来る構造(可変性)であること。

こういった条件を満たし、街並み等との調和が図られていること(居住環境)。


箇条書きにするなら以下の諸条件を満たした住宅を「長期優良住宅」と呼びます。
 ・劣化対策
 ・耐震性
 ・維持管理・更新の容易性
 ・可変性(※)
 ・バリアフリー性(※)
 ・省エネルギー性
 ・居住環境
 ・住戸面積
 ・維持保全計画
このそれぞれに基準値などが設けられています。
(※…共同住宅を対象とする)

勿論これら全ての要件を満たすにはそれなりにコストがかかることになってしまいます。
長く快適に暮らせる住宅とはいえ、ただコスト増になるであれば普及が進みません。
その為、国では「長期優良住宅普及促進事業」を立ち上げ、一定条件を満たした建築主に100万円の補助を行うことになりました。

一般住宅と比較して税金控除額が40万円(最大)優遇され、更に100万円の補助。
合計すると140万円の優遇措置ということになります。

是非ご活用下さい。

----

さて、私事ですが、8日月曜日は「長期優良住宅説明会」に参加するため仙台市まで出張となりました。
長期優良住宅について、また何かお知らせすることが出来ればと思います。
(6/9 一部追記。)






(O)