小林メディカルクリニック東京 ダイアリー

 溜池山王駅前の美容・一般内科皮膚科、小林メディカルクリニック東京
 クリニックの日常と、女医院長先生のプライベートな日々を紹介していきます。

こんにちは、看護部のRです

実は少し前に腸内セルフチェックを実施しました!!
腸内セルフチェックとは腸内環境の善玉菌、悪玉菌のバランスをみる検査です。
さらに、善玉菌の中にも乳酸菌以外の痩せ菌や女性ホルモンと考えられるエクオールを作り出すエクオール産生菌の有無もわかるのです!特に女性にとってはとても知りたい菌ですよね

検査方法は簡単で、ほんの少量の便を採取、提出するだけで約1ヶ月程度で結果がでます!
結果は院長よりカウンセリングを行います。

気になる結果は来次第またブログにアップしていきたいと思います

料金は31,500円
検査は予約制になっております。

今の腸内環境を知りたい方、便秘や下痢が改善されてからチェックしたい方、おすすめです!

こんにちは、看護師のRです

前回は歯周病と腸内環境についてお話しましたが、今回は歯周病と食物繊維との関係をお話します


/物繊維を含んでいる食べ物には、ごぼうやジャガイモ、レタスやキャベツなの様々な野菜がありますこのような野菜たちを積極的に摂取すると、よく噛んで食べる必要が出てくるため、たくさんの唾液が分泌されます。この唾液には虫歯の原因となる口腔内の細菌も減少してくれる働きがあります!

⊃物繊維には善玉菌のエサになったり、腸内のお掃除をしてくれたりすることで知られていますが、しっかりよく噛んで食べることによって歯の表面に付着している虫歯の原因となるプラークを取り除いてくれます

また、意識して噛むようにすると、歯肉の血行も良くなり、マッサージ効果も得られるそうです。



前回のとまとめると、腸内環境でとても重要とされる乳酸菌と食物繊維は虫歯予防にも役立つ!ということですね。
あとは良く噛むこと!!!

こんにちは、看護師の甲斐です

ついに最終回です。ついに、糖化の分解です。

予防はできても、出来てしまったものはどうなるのか。皆さん一番興味のあるところだと思います。
今までの蓄積を無かった事にできないのか、、、新しい自分に生まれ変わるためにっっ





ハイ、出来ます。


今まで糖化の最終段階に到達したものは分解できないと言われていました。アメリカなどでは昔から研究と失敗を繰り返し、、、いまだに有効な治療薬は開発できず・・・



が、出来ます。。


なんと、ポーラ研究所より、糖化したコラーゲンにヨモギ抽出物を添加すると、糖化物質が減少したという報告がされているんです。

まだヨモギのどういった成分が効果をもたらすのかは解明されていないので、医薬品として出回るのはまだまだ先になりますが、
分からないなら丸ごと食べてしまえばいいのです。


これは身近な例なのですが、私の祖母は奇跡の美肌でした。90歳になっても毛穴もシミしわも全くなかったのです。
農家なので小さいころから日差しは毎日浴びていたはずなのに・・・

そんな祖母の大好物は笹団子(あ、新潟県民です)でした。春から夏にかけて、笹団子を作っては食べていました。

笹団子に入っているのはヨモギ、入っている量も多くヨモギ団子とは明らかに色が違う深緑です。
今にして思うと祖母の美肌の原因はヨモギだったのではないかと思います。本当に何のケアもしていなかったのですから。


なので、ヨモギです。

笹団子









僕をお食べ






皆さんヨモギを食べましょう






こんにちは、看護師のRです

わたくしごとではありますが、なんとなんと、、
虫歯ができてしまいました今週歯科にいきます。。

そこで今日は仕事柄便秘の患者様と多く接するので、腸内環境との関係を調べてみたところ、、、何かしら関係ありそうだと思ってはいましたが、、、やはり関係あるようです!!!!

ではでは↓↓どういうことなのか簡単にご説明します。

口の中には約500種以上、1兆個の細菌がいます(腸内は3万種1000兆個
口の中にも善玉菌悪玉菌がいるようで、最近ではその中のジンジバリス菌(悪玉菌)が腸に入ると腸内細菌のバランスを崩し、腸のバリア機能が低下させることが分かっています。

食べ物や唾液を飲み込むと胃や腸に唾液が一緒に流れて、口の中の細菌もこれらと共に胃や腸内へと入り込みます。口の中の細菌が腸に辿りつくのは意外とすぐですね

ここからは対策です!!
毎日の歯磨き以外にも重要なこと、、、それは乳酸菌
乳酸菌が作り出す乳酸が口内を酸性に保ち、ジンジバリス菌の活動が弱められるのです。また、唾液中の乳酸菌は腸内の善玉菌の減りと同様に年齢とともに減っていることも分かっています。
ということは、、乳酸菌を摂ってお口も一生懸命ケアすれば腸にもいい影響が与えられるということですね!!歯周病予防と腸内環境改善が同時にできるなんて、、すてきですね

こんにちは。看護師の鈴木です。
ここ数日は日中はようやく秋らしい気候が続いていますね^^ 
都内でも紅葉シーズンが本格化してきました。私は、今年は駒込にある『六義園』に行く予定です
六義園








そして本題ですが・・・先週、ファスティングが終了してから、BEFORE・AFTERの写真を作成しました!
『目に見える結果が出てる』と数名のスタッフに許可(?)をもらったので、思いきって載せます!!
(お食事中の方がいたらすみません
ではどうぞ!!

鈴木 F写真


すぐに分かるのは
・お腹周りが落ちた。
・太ももに隙間ができた。
・二の腕が細くなった。
それ以外にも、自分としては顔周りのむくみがなくなって、何だか笑顔が楽になりました 笑






こんなにしっかりとBefore・Afterの写真を撮ったのは初めてでした。
恥ずかしいですが、視覚的に分かるというのはとっても大切だなと、改めて思いました。
あとは維持できるようにしないといけませんが・・・
食欲の秋です!悩ましいです。゜(´Д`)゜。
食べ過ぎないように、楽しみましょう

こんにちは、看護師のRです

みなさまインフルエンザのワクチンはもう打ちましたか??
まだ流行期間ではありません。11月に入り一気に空気が冷たくなり乾燥しやすいこの時期。


ワクチンワクチンは摂取後1,2週間かけて抗体がつくので、流行期間に入ってからだと、うっかりかかってしまう可能性がありますそれでは予防の意味がありませんね!
また、4.5ヶ月間効果があるといわれていますので、流行前の12月までには1度予防接種を受けた方がよいですよ!!

もちろん当院でもインフルエンザワクチンは受け付けております!
看護師が優しい気持ちで打ちます

※他のワクチンを打っている場合は間隔を空ける必要があります。詳しくはお問い合わせください。

このページのトップヘ