日本OBD2診断機-jobdii.jp

JOBDII.jpはjapan 日本専門メーカーで、様々な自動車故障診断機を提供し、自動車故障診断ツール、自動車の鍵の書き換えツール、OBDIIコードスキャナ、走行距離書き換えツール、VAG用診断ツール、ブランクの鍵、エアバッグのリセット用ツール、ECUチップツール等々。日本自動車故障診断ツールサプライやとして、世界中のお客様に様々な商品を提供します。日本向け厳選千種以上のobd2診断ツールをリーズナブルな価格で提供します。 Japan obd2

質問: GMで動作するGDS2用の
中国のVXDIAG VCX Nanoを持っていますが、MBパススルー(2019.03)で試してみると、
「関数のエラーライセンス:BENZ」というエラーが表示
されますが、修正できますか?
ライセンスを購入できますか?

解決策:
GMのvcx nanoには、GM車専用のj2534プロトコルがあります。xentryなどの別のj2534互換アプリで使用しようとすると、機能しません。
vcx nanoは、シングルカーソフトウェアパススルーです。ライセンスを購入しても、Mercedes / BMW / Porscheソフトウェアとは互換性がありません。
MBパススルーの場合、MBxライセンスを備えvcx plusまたはbenz c6 doipインターフェイスが必要です。


参考までに
、それでも機能する人もいます。あなたはあなたの危険にさらされています。
VCX NanoおよびXentryパススルーを使用して、すべての診断のほぼ98%を実行できます。
また、Monaco(smr-dファイル)とVediamo(cbfファイル)を介して接続します。
これを実現するには、
1)1.6 
ではなくVX Manager 1.3を使用する必要がありますBenzソフトウェアをインストール/チェックしないでください。
そうすれば、それを使用できるようになります。私はこのツールを過去4年間使用しており、失望することはめったにありません。

なぜ力センサーの校正が必要なのですか?
EPBアクチュエータアセンブリの取り付けが完了したら(アドレスDTC C0251)、手順に従って力センサーキャリブレーションモードをSubaru Select Monitorで実行する必要があります。
注意:フォースセンサーキャリブレーションモードには、
Subaru Select Monitor(SSM-III)が必要です。
車両を水平な場所に駐車した状態でこの手順を実行し、車輪止めを使用してください。

注:
以下の作業を行う場合、この機能を使用して、パーキングブレーキアクチュエーターの力センサーのキャリブレーションを実行します。
-パーキングブレーキアセンブリの
取り外し-電子パーキングブレーキコントロールモジュールの
交換-シュークリアランスの調整
電子パーキングブレーキコントロールモジュールを交換した後、力センサーのキャリブレーションがまだ実行されていない場合、ブレーキ警告ライトが点滅し、「力センサーライン(異常)DTCが検出されます
。1)車両を水平に駐車してくださいホイールチョックを使用して場所。
2)。接続VXDIAGスバルSSM3スキャナ
3)。オンメインメニューの表示、選択した各システムがチェック
。)4をオンシステムの選択]メニューを選択し、表示をブレーキ制御システム
。)5をした後、[OK]ボタンをクリックして駐車ブレーキシステムが表示されます
6)メンテナンス操作モード画面で、[ 力センサー較正モード]を選択します
7)。車両の駐車状況や車輪止めの使用確認画面が表示されます。駐車状況や車輪止めを確認してください。[はい]ボタンをクリックします。
8)。進行中の校正モードを示すメッセージが画面に表示され、力センサー校正モードが開始します。
9)。
画面に「フォースセンサーのキャリブレーションが完了しました」のメッセージが表示されます。
イグニッションをオフにして、校正モードを終了します。

https://www.vxdiagshop.com/service/force-sensor-calibration-mode-in-subaru-ssm3.html

これ は、米国のベテラン制御エンジニアのVident  iLink450フルサービスツールに関する共有ユーザーエクスペリエンス  です。Vident iLink400  フルシステムスキャナーと比較すると  、このスキャンツールは、EPB、オイルサービス、ABS&SRSリセット、バッテリー構成、SASキャリブレーション、DPF再生からTBAまでの主な機能を持つ専門技術者や車両修理工場向けに特別に設計されています。

インパラフォーラムのテスラ氏からの結論の一部:

パート1.パッケージ
箱の写真。
vident-ilink450-scanner-review-1

vident-ilink450-scanner-review-2
キャリングケースは、iLink450に付属しているジッパー付きの素敵なケースで、ケースの内容の写真も含まれています。CDには、PCベースのアプリケーションのセットアッププログラムが含まれています。ケーブルは、ユニットをPCに接続するために使用されます。白いギズモは、このデバイスのソフトウェアを更新するために使用できるマイクロSDです。
vident-ilink450-scanner-review-3

vident-ilink450-scanner-review-4
パート2.機能
Vident iLink450は、 フルサービスのスキャンツールに興味を持っている予算上の誰のための優秀な選択です。私は特に、自動ブレーキブリードを実行できるユニットに興味がありましたが、このユニットにはその機能があり、私のニーズを満たしています。コードの読み取りとリセット以外の多くの機能を実行できます。iLink450はスタンドアロンユニットですが、ライブデータを記録できます。

パート3.インストール
私のラップトップにアプリケーションをインストールすることは非常に簡単です。ディスクを挿入し、言語を選択して、[インストール]をクリックしました。
vident-ilink450-scanner-review-5
ソフトウェアのインストールの一部として、iScanzillaというタイトルのデスクトップアイコンが自動的に作成されました。アプリケーションの最初の起動を完了した後、無料のユーザーアカウントを作成するように指示されました。これは、私のユニットの保証を登録するためにも2倍になります。その後、スキャンツールとPCソフトウェアの両方を更新できます。
vident-ilink450-scanner-review-6
パート4.オペレーション
最初はメイン画面の写真です。画面の下にある3つの機能ボタン(F1…F3)はプログラム可能です。
vident-ilink450-scanner-review-7
ABS&SRSオプション→電子ブレーキコントロール→特殊機能を選択して、そこにあるものを確認しました。
vident-ilink450-scanner-review-8
[自動裁ち落とし]オプションが[特殊機能]画面にあることがわかります。
vident-ilink450-scanner-review-9
興味がないので、このオプションを選択して次に何が起こるかを確認しました。続行する方法についての詳細な指示を受け取りました。
vident-ilink450-scanner-review-10
次に、ブレーキブリード手順を取り消して、ABSモーターオプションを選択しました。
vident-ilink450-scanner-review-11
ABSに関するあらゆる種類のデータを示した。
vident-ilink450-scanner-review-12

表示されたデータを参照した後、OBDIIサービスポートからツールをバックアウトして取り外しました。

↑このページのトップヘ