日本OBD2診断機-jobdii.jp

JOBDII.jpはjapan 日本専門メーカーで、様々な自動車故障診断機を提供し、自動車故障診断ツール、自動車の鍵の書き換えツール、OBDIIコードスキャナ、走行距離書き換えツール、VAG用診断ツール、ブランクの鍵、エアバッグのリセット用ツール、ECUチップツール等々。日本自動車故障診断ツールサプライやとして、世界中のお客様に様々な商品を提供します。日本向け厳選千種以上のobd2診断ツールをリーズナブルな価格で提供します。 Japan obd2

Keydiy KD-X2とkeydiy remoteを使用してルノーKangoo 2018の433MHzリモートキーキーレスエントリーをコピーする方法。

オリジナルリモート2ボタン433MHz

Keydiyリモート3ボタン

リモートキーをコピーするには?

リモート機能 - >特殊コピー処理を選択します。6

元のリモートキーの上にあるUNLOCKボタンを押します

UNLOCKボタンをもう一度押します。

元のリモートキーのLOCKボタンを押します。

LOCKボタンをもう一度押します。

元のリモートにはLOCKとUNLOCKボタンしかないので、KD-X2が3rd / 4thボタンを押すように促す場合は、無視してください。

次に周波数調整するインターフェイスに進みます。

正しい周波数(ここでは433.84MHz)を調整するためにスクロールすることができます

リモートからkeydiyを削除し、keydiy kd-x2でPCBボードを接続します

直接生成 - >配線生成を押してリモートに書き込みます。

リモートキーデータを成功に書き込みました。

リモートキーをコピーしました。しかし、オリジナルのリモートはエンコードされていませんでした。大丈夫です。イグニッションスイッチをもう一度開けた後、再び作動します。

イグニッションスイッチを元のキーでオンにします。キーがもう一度やり直します。

完了しました。

jobdii.jp

中国GM Tech II tech2を1台持っていれば、BCM /車からコルベットF55システムを取り除くのに1分かかることがあります。

「診断」に進みます。

2005年->乗用車->シボレー-> Yラインを選択します。

"車両制御システム"に進みます。

コンピュータ/統合システム。

「マニュアル」

BCMとのコミュニケーションを確立します。

次のステップに進むと、「モジュール設定」ができるようになりました。

ボディコントロールモジュール。

BCMセットアップ。

「はい」を選択します。

データを待っている間、情報を取得するのに2秒かかります。

そこで、次にBCMを設定します。

[はい]をクリックします。

データを待っています。

「続行」を選択します。

アメリカの自動車。

データを待っています。

「続行」を選択します。

BCM /車からコルベットF55システムを削除します。

新しいBCMが完成しました。

jobdii.jp

方法:OBDSTAR X300 DP /キーマスターDPを使用して、Geely Emgrandの2018年に新しいキーを追加する

新しい鍵をプログラムするにはピンコードが必要です。車には、IMMOセキュリティコード付きのカードが付属しています。カードを紛失した場合、X300 DPはピンコードも読み取ることができます。

4桁の暗証番号:1606

 

OBD経由でX300 DPと車両を接続します。

イグニッションスイッチをオンにします。

IMMOBILIZER-> GEELY / HUAPU / AQYL->車両から選択 - >緯度 - > EMGRAND-> E820->イモビライザー - > STECイモビライザー - >セットピンコード - >ピンコード入力

4桁のピンコードを入力して確認します。

ピンコード入力が完了しました。

プログラム機能 - >プログラムキーを選択します。

新しいキーをプログラムする前、すべてのキーを削除する必要があります。

作成が成功です。

プログラムされたキーの数:1

次のキーをプログラムする場合は、次のキーを挿入してイグニッションスイッチをオンにし、ENTERを押して5秒以内に進みます。そうでない場合は、ESCを押します。

新しいキーをテストします。

jobdii.jp

このページのトップヘ