栂池から白馬 敗退

栂池から白馬岳(敗退)

令和2年3月20-22日

岡島家、宇野君(芦田さん友人)

 

3/20(春分の日) 風雪

栂池ロープウェー終点から入山。天狗原に上がった樹林の陰にテントを張る。予定の白馬大池まで上がるのは無理。強風の中、真剣に防風ブロックを積む。

ロープウェー終点11:00出発。天狗原2100m付近にてテント泊13:00

 

3/21() 晴 強風

天気は次第に好天となる予報。白馬岳はあきらめ、小蓮華岳を目指す。乗鞍の上部は強風で氷化しておりスキー登高は注意。岩陰でアイゼンに履き替える。真っ直ぐに西を目指して進む。宇野君は余裕のスキー歩行。

視界は無限大で白馬三山や五龍、鹿島槍まで望めるのだが強風は緩まる気配が無い。

船越ノ頭を最高到達点として引き返す。

食料と酒がもう1日分あるので天狗原でもう一泊する。この日はスキーツアーの登山者が続々と上がってきた。

結局、今日丸一日強風が止まなかった。20年ぐらい前に森君や平松さんとこの時期に来た時も強風で途中までしか行けなかった。白馬の北方稜線は風次第である。

天場からは白馬三山、五龍、鹿島、東方は妙高山、火打岳が良く見える。絶景のテン場で紅茶やお湯割りを飲みながら午後の何も用事のない時間をつぶす。若者は昼酒に付き合わず、乗鞍にもう一本滑りに行った。

 

3/22(日) 曇のち雨

天狗原BC 6:30-栂池スキー場 8:00

雨が降り出す前に下山。八方の温泉が朝9時から開いている。湯上り後は白馬の別荘地の奥にあるジェラートの店に寄ってアイスを買い食い。行列ができる店で、宇野君が何故か詳しい。季節限定のナントかマメのバニラ・・とか、せまい車内で回し食い。風呂上がりの冷菓のあと、昼飯を何にするかパーティーで会議をはかる。大町の大衆中華「俵屋」のジャンボ餃子を目指が、日曜閉店。次案の2軒隣りのトンカツ屋「昭和軒」でソースカツ丼を食った。店の天井に先の尖がった昔の単板スキーが吊るしてあった。ビンディングは皮ひもで締めるフィットフェルトである。山岳基地の大町らしい店だ。

天狗原天狗原






乗鞍のぼり乗鞍の斜面






白い斜面乗鞍台地






小蓮華めざして小蓮華を目指す






白馬大池から登り風強い






船越の頭 後ろは白馬岳到達点





 

 船越ノ頭からの滑降
 CIMG0573CIMG0576CIMG0577CIMG0578







CIMG0579天場で布団干し








2020.3.16-18 八ヶ岳

2020.3.16-18
八ヶ岳 の記録
CE59EE27-A424-4169-B24D-61CB51587978

こんばんは、岩瀬た、です。
八ヶ岳に行きました。
結果的には3日間で2本登っただけにとどまりました。
全体的に計画が中途半端になってしまって、どうしたら良いか考え直してまたやってみようと思います。


今回僕が行ったのは、
・阿弥陀岳北稜
・赤岳南峰リッジ左稜
・大同心稜
です。
初級バリエーションということで、探せば記録はたくさん出てくるので詳細は省きますが、天気が良かったので簡単に記録と写真を残しておこうと思います。


16日
入山。
行者小屋テント場にベースを置いて、阿弥陀岳北稜の偵察に行く。

17日
阿弥陀岳北稜
赤岳南峰リッジ左稜

18日
大同心稜経由で小同心クラックの予定だったけれど、大同心基部で折り返し。
下山。



・阿弥陀岳北稜
偵察で岩稜の取り付きを探すも雪稜パートで思いのほかラッセルを強いられて、偵察して良かったと思う。
北稜ルートの岩の取り付きよりも下に、岩尾根末端があったので、なんとなくそこから登ってみた。
6270FC43-A02C-483D-8CB7-24F94B52226F
北稜を見上げる。

0D13AF7A-79D1-4CFA-AA3B-3B91DF0E1984
右手に岩尾根末端

B35C2BD4-8B6C-4D02-9C5E-3CFFDBDD0139
登って見下ろす

C9527EEB-99EE-4C2B-92B9-DCAC9A424380
本来の取り付き

01328E55-5476-4E98-93D4-9219BD4612BC
阿弥陀岳山頂

193A3866-90BD-4597-B847-C0AEB2864472
中岳からの赤岳


・赤岳南峰リッジ左稜
阿弥陀岳北稜から赤岳方面に降りて、文三郎道から適当に取り付く。ガイドブックには「尾根の左側からとりつき、、、」と書いてあったけど、よくわからなかったので右から適当に登った。
リッジに雪がふわっと積もっていて、間違えて踏み抜かないように気をつけた。
途中に立ったルンゼがあり、ベルグラと締まっていない雪で難儀した。ベルグラは叩き割ってホールドを探し、雪は気持ち程度にしかアックスのピックは効かなかった。
結構テンパってしまって、スリングを一本残置してしまった。回収に行かないと。何故残置なんかしてしまったのか。反省。

C518D61A-097A-4943-8835-D6780536213A
逆光が眩しい

ED955524-D830-4F9E-84D2-345EFA63E63B
奥の凹角で難儀した

3E28B519-979A-4433-99C4-446F736C8B44
地蔵尾根からの眺めが良かった



・大同心稜
小同心クラックに行くために大同心稜をラッセル。ガスが立ち込めてテンションが段々と下がっていく。晴れる予報なので進む。
大同心基部手前の広場に着くも、小同心クラックの取り付きに向かうトラバース道をどういったら良いのかよくわからず、ガスが切れるのを1時間くらい待つ。
ガスの隙間に見える大同心と小同心の影を見てると怖くなってきた。
ついには登る気力も萎えてしまって、ガスが晴れる頃には帰る気分になっていた。

58C23702-E943-473D-9A92-ADCD570F9761
ノートレースが気持ち良い

9AB54A9A-F63F-4E5E-B5E4-4C3829C40C38
もう目の前のはずだけどどの辺まで大同心に近づいてるのかわからず

0DD7A0F1-08FB-45C0-ADDD-6BBFC6C61CD3
トラバースのルートどりがよくわからなくてテンションがどんどん下がる。辞めようかなと思い始めて、辞めることにした。

3C88DF50-9A27-48C2-BC56-1882E080556E
少し戻ったら晴れてきた。カッコいい。

A031D6C2-7931-49E3-8DE3-BAB0C92D3560
晴れた。

CE59EE27-A424-4169-B24D-61CB51587978
神々しいくらい晴れた
でも帰る。また来よう。

4A09A4A1-48DC-49F4-8285-426ED1EF0D60
阿弥陀岳も綺麗

以上です。

広河原沢&夏沢鉱泉 アイスクライミング 2/22-25

こんにちは、新人の森本です。
2/22-25日に友人と広河原沢と夏沢鉱泉にアイスに行きました。

以外山行記録です。

2/22(土)
9:40 茅野駅
12:00 舟山十字路
15:00 広河原沢出合(幕営)
18:00 就寝

この日は角木場の氷柱でも遊ぶ予定でしたが、美濃戸口で気温が5℃あったため早々に諦めました。舟山十字路に着くなりベチャ雪が降り始め、気分も上がらぬままスタートしました。夕食は鍋でした。

2/23(日)
5:30 幕営地
6:30 右俣出合
8:30 3ルンゼ出合
12:00 ラッセル敗退
15:00 3ルンゼ出合
17:30 幕営地

朝、なんだかテントが狭い。10cmほど積雪。
とりあえず出発。自分達が一番乗りで下の方は滝も凍っていなかった。3ルンゼに入ったF1?を越えると雪はより深くなり、腰ラッセルに。敗退覚悟で進めるところまで進んでみたが、F2?も雪で埋まっていた。この辺で引き返した。3ルンゼ出合まで戻り、右の滝で遊んだのち、幕営地に戻った。この日は雑炊を食べ、就寝。
line_5139851321370line_5088699086285
line_5066644114939

2/24(月)
7:00 広河原沢出合
9:00 右俣出合
9:20-12:00 武藤返しの滝
13:00-15:00 クリスマスルンゼ
15:30 右俣出合
17:00 幕営地

この日は新たな新雪もなかった。
踏み跡もあり、歩くのはとても楽だ。
武藤返しもしっかり凍っている!この日はアイス初リードをした。とにかくスクリューを打つのに苦戦したが、弱点をついたこともあり無事トップアウト。その後はトップロープで遊び、ぬるいカップ麺をすすり、クリスマスルンゼに移動。こちらも凍っている!
引き続きリードトライ。調子に乗ってややバーチカルを攻め、途中で固まってしまったが、無事トップアウト。上部は時間切れのため断念した。幕営地に戻ると、すっかり雪がなくなっていた。もう2月も終わりか..。夕食は鍋。
line_5171171054379line_5253128978306

2/25(火)
7:00 幕営地
8:15 舟山十字路
9:30 駐車場
10:30-11:00 夏沢鉱泉
11:20-15:30 G3
15:45 夏沢鉱泉
16:15 駐車場(下山)

最終日。締めの夏沢鉱泉が残っている。
まずは舟山十字路まで歩みを進めると、行きには見えなかった阿弥陀岳南陵がドーンと見えた。カッコイイ..。その後車で桜平駐車場まで移動。夏沢鉱泉でハンバーグセットを奢って頂いた。苦学生にはありがたいです。
G3が力量的にもベストと考え、G3を選択。今回も僕がリードすることに。やはりアイスリードは恐怖が尋常ではない。ヒーヒー言いながら無事登った。上部は時間切れのため断念し、下山しました。
DSC_2053DSC_2060
DSC_2058

以上山行記録でした。かなりまったりしていたので、タイムは参考にはならないと思います。反省点としては、ロープワークが未熟であり、必要以上に時間がかかってしまうことでした。アルパインは時間が勝負という意味を身をもって痛感しました。来年はフリーも上手くなってアイスもより上手くなりたいなと思います。







2020.3.8-9 阿弥陀岳南稜

2020.3.8-9 阿弥陀岳南稜
八ヶ岳 阿弥陀岳 南稜 の記録

DFEF40EE-5BE8-4DAD-BF12-BFC3150930B1


こんにちは、岩瀬た、です。
阿弥陀岳の南稜に行ってきました。
南岸低気圧がかすめて行ったので、ふわふわ雪が積もってたら辞めとこうと思いながら入山しましたが、新雪の積雪量はたいしたことなく、アタック日は昇温甚だしい予報だったので行動時間を早めて、丁度良い締まり具合の雪を快適に登ることができました。

以下、山行記録です。

————————————————————

◎メンバー
岩瀬た


◎装備
縦走用ピッケルx1
アイスアックスx1
ハーネス等
ロープ30m(撤退等下降用。シングルなら60mある方が良いかも。)


◎行程概要
・3/8
山中 小雪
泊地 ー5℃
7:00 茅野駅
しばし天候待ち
12:30 舟山十字路・入山
15:30 立場岳
16:00 青ナギ手前・ツェルト設営・泊

・3/9
快晴
ー5℃
3:30 起床
5:00 出発
6:30 P3ルンゼ下
7:00 P4基部
7:15 阿弥陀岳山頂
10:30 美濃戸口 下山完了


◎行程詳細
・3/8
夜行バスで茅野へ。
今日は夕方頃まで雨の予報だったので、駅周辺でのんびり過ごす。
思いのほか早く雨が上がって空も明るくなってきたので出発することにする。
タクシーで舟山十字路まで行き(雪も氷も少なくて入れた)、立場岳に向けて出発。
D9F14838-62A8-424A-98F5-011EEDB63579

98BC09CD-8387-4238-AE54-241146E293DA

序盤は雪少なくところどころアイスバーン。早めにアイゼンをつける。
立場岳で新雪の積雪は10cmあるかな?くらい。
ふわふわ雪。もっとサラサラの雪かと思っていたけど、予想よりも少しだけ湿っぽい。
ふーんと思いながら進むと、樹間から阿弥陀岳の南面がドーンと見えた。
5292EE92-83E6-401B-8E56-383A5B057E5F

あまりのかっこよさに、「うわ!やったー!ひゅー!!」と1人歓声を上げてしまう。まだなにもしてないのに。周りに誰もいなくてよかった。

その阿弥陀岳が見えるポイントが誰かのテン泊跡だったので、今日はここまでとしてツェルトを張る。
今回は軽量化しようと思ってスコップも持ってこずだったので助かりました。やっぱりスコップは要るな。

お茶を飲んで一服していると、一瞬、夕焼けで阿弥陀岳が薄いオレンジ色に染められて綺麗でした。風が強くてツェルトの外に出るのが億劫で写真撮らなかったことを少し後悔。

整地を適当にしてしまったので体がズレて何回か目が覚めてしまいましたが、夜半には風も止んでゆっくりすることができました。


・3/9
3時に目が覚めて、もう一眠りしたら寝坊しそうだったのでそのまま起きて行動開始。
今日は気温がガーッと上がる予報だったので、早く動くに越したことはないだろう。
準備や撤収していると割と良い時間になってしまった。
青ナギを過ぎて、いくつかピークを越す途中で月が諏訪の街の向こう側に沈んでいくのと同時に、明るくなってきた。
A735D091-72C1-474F-80B1-F0D255BFA41F

DFEF40EE-5BE8-4DAD-BF12-BFC3150930B1

56F9A6D4-FE04-484E-860A-1AF8260A294E

79B27806-F231-4E63-BBE5-C44D204D5DBC

モルゲンロートにはならなかったけど(山中にいるからわからなかっただけかも?)やっぱり朝は良い。

P3が少しずつ迫ってくる。
594E4127-3626-4D84-9D89-3FB3C7BD7905

ルンゼに向かうトラバースが悪いとのことだったけれど、少し下ったところからルンゼに入ればキワどいトラバースをせずにちょっとしたラッセルで済んだ。
ルンゼ内。雪は程よい積もり具合で新雪のすぐ下の層にアックスのピックも良く効く。
雪が少なくアイスバーンになっていれば結構怖いみたい。
AEAA8533-A87D-4344-BB05-B6BB51CDDB48

今回は不安無くルンゼを登ることができた。
事故の多い場所なので、ほっと胸を撫で下ろす。

P4もなかなか迫力がある。
56C6DA74-6BDA-4A7F-9B1A-2BED234298D5

P4のトラバースも、たしかに2、3歩が狭い。
落ち着いてやり過ごして、しばし登って山頂へ。

5876F0A4-D324-4A83-A80D-9CFAB6B3D47A

快晴ほぼ無風で、遠くまでぐるり360°たくさんの山が見えて気持ちが良い。
登ってる時は気温が上がっていくのが気になるけど、登ってしまえば暖かさで幸せな気持ちだ。天気の隙をついた良い山行ができたと思います。

しばし展望を楽しんで、御小屋尾根を美濃戸口まで降りました。

下山完了。
————————————————————


阿弥陀南稜、会の山行記録の最初の方(1996.12.21-22)に松尾さんという方が書いた記録がすごく印象に残っていました。
いつか行くときは1人で行こうかなと思っていて、時期も条件も違いますが、今回行けて良かったです。
もちろん、その後の記録も参考にして、装備はダブルアックスにしようとか、ここがあの記録に書いてあった場所だなとか思いながらの山で、楽しかったです。

また、今回はオーソドックスなP3P4巻きルートをとりましたが、ハーケンとか打ってあって登った痕跡もあったので、またいつか登りに来てみようかな?と思います。
登ると楽しいだろうな。でも怖いだろうな。





2020.3.2 馬の背北側の尾根

2020.3.2 馬の背北側の尾根
六甲山 須磨 馬の背 北側の尾根

02785D71-3284-41AC-A889-09A751E596EB



こんにちは、岩瀬た、です。
年が明けてから天候その他諸々でほぼ山に行けずまんじりともしない鬱屈した日々を送ってしまっているのが悲しくて、六甲山に行ってきました。

以前からなんとなく気になっていた須磨の馬の背の北にある小さな岩尾根。
六甲山ということで計画書も作らず、一応Yさんに行き先だけ簡単に告げて、特筆することもないだろうと思いつつ取付きましたが、どうしてなかなかシビれる場所でした。
どこに行くにしても侮っちゃいけないな。

以下、山行記録です。

————————————————————

◎メンバー
岩瀬た

◎装備
50mロープx1
ハーケンx4
イボイノシシx2
カムx2
スリング 長め数本
(全て使えず)


◎行程

目的の岩尾根へのアプローチも楽しみたいなと思い、山と高原地図からは消えているが地理院地図には載っている沢沿いの道を選ぶ。
9時過ぎに山陽電鉄月見山駅に着き、住宅街を通り抜けて“天井川憩いの広場”に到着。
立派な案内板があり、それによるとアプローチする予定の沢筋は「探検コース」という道になってるみたいだ。山と高原地図に載っていないということは、道が崩れたりして廃れた登山道になっているのかなと思いながら進むと、トラロープで立ち入り禁止になっていた。
5C0A6032-ADC7-4F77-ADA4-FC22EFE3FED7
ハーネスとヘルメットとバイルを装備して、入山。

廃れた登山道といえども、利用してる人は結構いるみたいで、踏み跡ははっきりしている。
上に建物が無いからか水も変な匂いはしないし久しぶりの沢の雰囲気に気分良く歩みを進める。

CCF01E81-E041-4293-A2AF-7D5ADAE92022
1時間程度で馬の背のコルに到着。

改めて北側の岩尾根を観察して、鎖沿いに降りていく。
この鎖沿いの道も地図には載ってないけど、どうやら沢伝いに降りれば横尾の町に降りていけるみたい。


10時30分、めぼしをつけていた岩尾根末端付近のルンゼ(ルンゼと言うには大袈裟なほど小さいルンゼ)から取り付く。
わかっていたけど、ザレザレだ。
3EECEC0C-0019-4D32-B6CE-DD2F5D39B111
ルンゼの行き止まりは5mほどの凹角になっている。
地面からニョキっと出てた松の木に気持ちばかりのセルフビレイをとって、トレッキングシューズからクライミングシューズに履き替えて、ロープやハーケンその他の装備を整える。
さて取り付こうと思うも、想像してた以上に触ったそばからボロボロ崩れていくので一歩も離陸できない。
しばらく迷って、なんや無理やん。辞めとこう。と思い元来た道を慎重にクライムダウン。
すると途中に、ここなら登れるんじゃないかと思える面があったので、しばし迷って、改めて取り付く。
どこもかしこも崩れそうに感じながら騙し騙し登って、リッジに出る。
「騙し騙し」という表現。
この時、僕が何を騙していたかというと、怖くなりそうな自分自身だ。
登り始めるまでに、思っていたよりも崩れやすい斜面を何度も壊して、あまり聞きたく無い、砂が流れていく音や石の塊が落ちていく音を聞くとやっぱり怖くなってくる。当たり前だけど、怖がると登れるものも登れない。
目の前の斜面は、あきらかに登れる斜度で、慎重にいけば問題ないのは見たらわかる。
でも、嫌な想像は当然脳裏に浮かぶ。
そんな自分を「慎重に行けば大丈夫。一点に荷重をかけないようにすれば、不確かな安定は安定してることのうちに入る。」
と、騙し騙し。

小さな立木まで行ってホッと一安心。
コルから確認してた尾根通しに抜けていくラインが見え隠れ。
進退極まりそうになったら、ところどころに点在している小さな立木か、もしくは大きな岩塊(小さなピナクルではピナクルごと崩れそう)で懸垂下降だなと思いながら進む。

2mほどの乗越をするにも、丁寧にザレを払ってスタンスを探して(探してというか作ってというか、、、)、できるだけ荷重を四肢に分散させて細かく刻んで這うように乗り上げる。
7B84E9F8-5984-43E3-88B0-DDF03C2225E5

7BBF92C7-5961-4610-9E11-BCD89F62499B

そんなことを2、3回やって、口がカラカラになってきたところで、12時頃、ようやく樹林帯に逃げ込むことができました。

————————————————————

以上、記録です。

今回の小さな目標に、前調べせずに取り付くというのがありました。
普段はかなり前調べするタイプの僕ですが、今回は今までの経験がどれほど身についているか試してみたかったのと、前調べしないことで、できること/できないことを発見できたらと思いながらのトライでした。
水平距離たった100mの中で、安全確保するにはどうするべきか考えて(岩がボロボロでまともなプロテクションが取れないのと、仮に立木などでプロテクションを取ったとしても2、3歩のトラバースや水平移動が多くてロープ伝いに降りて回収・登り返しする方が危なくて結果的にノープロテクションになった)、かなり真剣なルートファインディングをしました。
振り返れば、判断を投げ出さず慎重にいけば簡単な登攀でしたが、メンタルが鍛えられたと思います。

良い経験だったけど、2回目は行かないし次はヤバイかもしれないと思える、自分自身としては珍しい感想を持った場所でした。ちょっと、人にはオススメできない感じでした。

スケールはかなり小さいけれど顕著でカッコイイ見た目の岩尾根で、樹林帯に逃げ込んでからは薄い踏み跡らしきものもあったので、誰か登ってるだろうと思い、家に帰ってから調べてみましたが登山大系にもインターネットにも記載が見られず、でも絶対登ってる人はいるはずなので、登ったよという方がいましたら、どんなだったか話してみたいなと思います。

069AB703-1FAF-474F-B67C-D74DD6DA470F

79636EAF-22DF-4A90-BEFA-63965AF94962


次からはこういうトライは会に計画書を出してから挑戦しようと思います。




乗鞍 山スキー

乗鞍 山スキー

令和2年2月23-24日

岡島家

 

2/23(天皇誕生日) 雪

前日に入山予定であったが低気圧の通過で全国的に悪天のため、入山を一日遅らせた。今日は冬型で風雪が強く、スキー場の駐車場でしばらく時間待ち。
リフト終点12:00出発。2200m付近にてテント泊14:00

 

2/24() 快晴 地吹雪

出発5:30、位ヶ原上部2600m付近の便所小屋7:30、肩ノ小屋8:30

朝日岳9:30引き返し、天場11:30、スキー場駐車場14:00下山

 

乗鞍は2007年の年末に金田さん、野上さん、迫田さん達と来て以来であった。あの時は大雪で位ヶ原へ上がる途中でホワイトアウトとなり、地図と磁石を必死に見ながらなんとか車道の目印のポールを見つけ、ツアーコースに戻ることができた。丁度、槍平で大きな雪崩遭難が起こった時だった。

乗鞍はスキー場から直ぐに上がれる安易なイメージがあるかも知れないが、位ヶ原から上は視界がないと行動できない。また、樹林限界を越えると風除けも無く、車道沿いの便所小屋と、肩ノ小屋の脇ぐらいしか落ち着いて休めるところが無い。今回は快晴で視界無限大であったが、前日の大雪は強風で舞い上がりブリザードとなり、最高峰の剣ヶ峰手前は脚を払われそうな危険な風のため朝日岳で引き返した。

 展望はすばらしい。北方は左手から白山連峰、正面は笠と槍穂高が一望でき、前穂の北尾根がはっきりと認められる。南側の御嶽も至近距離に見える。

 

位ヶ原からの下りでスキーで転んでズッコケている処に芦田さん達が上がってきた。予定どおり出合えて安心した。上部の様子などを話してそれぞれの方向に向かう。

スキー場に下山してから仰ぐ乗鞍頂上は先程にも増して猛烈な雪煙が上がっていた。

追記 
スキーシールの糊が乾いて板に張り付かなくなったら、幅広の両面テープ(5cm幅で絨毯固定用)がよい。安上がりで楽に張れる。


入山ツアーコース位ヶ原2

ツアーコースから位ヶ原




ブリザード位ヶ原

位ヶ原から肩ノ小屋





朝日岳剣ヶ峰
朝日岳から剣ヶ峰






芦田さん

芦田さんに撮ってもらう






両面テープ


シールとビンディングの調整


  




2020.2.20.  大山北壁弥山尾根西陵

2020.2.20

大山北壁 弥山尾根西陵

谷口、ヨッシー(友人)


どーも、谷口です。

大山が好きでよく行ってました。その度に圧倒される迫力にいつも立ち止まって魅入ってました。

IMG_7939

『北壁かっこいい

そんな大山北壁に登るとは数年前には露知らずついに挑戦してきました!


状況は寒波が再来し18日にドカ雪、17日は雪、20日自体は晴れでしたが暖かく雪崩れの心配がありましたが2人の大山北壁への熱い想いが足を運びました!

注意点:雪崩が起こりやすい、落石しやすい、鬼ラッセル、鬼ブッシュ

ほぼ予想は的中しましたが、一つ想定外が

新雪フワフワ超絶鬼ラッセル!!

20人前の一生分のラッセルしたんちゃうかな


元谷小屋からノートレース。

IMG_1668IMG_1673


取り付きの手前までは順調に進みましたが、取り付き手前で傾斜のキツイ腰丈ラッセルが始まりなめくじ並の進み具合IMG_1682


取り付きからはコンテで支点確保が難しいところはビレイする作戦でしたが登攀中はなんかしら灌木もあり最後までコンテで行けた。IMG_1722


しかしやはりラッセルに時間がかかり予定時間も大幅にオーバー。

IMG_1715

IMG_1704
IMG_1691
IMG_1701

なかなか厳しい山でしたが、パートナーのおかげで自分の限界のポテンシャルを引き出す事ができ2人で乗り越えれた事に感謝!!

IMG_1717

IMG_1693
IMG_1696
悪条件が功を奏しとっても良い経験値になりました。
IMG_1712
3:00 南光河原駐車場
5:00 元谷小屋(登攀用具装備)
8:30 とりつき
14:00 弥山山頂(休憩)
17:00 南光河原駐車場

2020.2.13-14 経ヶ岳(保月山まで)

こんにちは、田中です。

寒波到来後、春のような温かさが続いたこの日。日本列島は概ね雨予報。八ヶ岳の計画を変更し、北陸の経ヶ岳へ雪上訓練をしてきました。


以下山行報告です。

◎メンバー
岩瀬た(L)、田中(記)


◎行程概要
2月13日 曇り
11:30 奥越高原青少年自然の家駐車場出発
   ・ラッセル練習 
12:30 登山口展望台 テント設営
   ・雪崩救助練習
16:00 夕食、就寝

2月14日 曇り
6:10 起床、朝食
7:50 テント場出発
9: 20 保月山
          ・ビレイ練習(スタンディングアックスビレ
    イ、ボディビレイ)
    ・滑落停止練習
12:20 テント場 撤収
13:40 駐車場


◎行程詳細
2月13日
経ヶ岳も午前中は雨のため、お昼入山とし少しゆとりをもっての出発。空にはずっしりとした厚い雲が居座り、山の中腹辺りまで覆っている。果たして積雪はどうなっているのか…。
天候悪く今日は入山出来ないかもしれませんね、と話ながら登山口となる駐車場へ向かう。
幸い雨は止んでおり、いざ入山。

登山道を半分ほど登ったところで、登山口展望台を確認。と、ラッセル練習に行ってみましょうと登山道を外れた斜面を下りて行く岩瀬さん。こんなところをラッセルとは、流石。雪も緩く踏み抜きが怖くて一歩一歩慎重になる私とは反対に、ガツガツ突き進む岩瀬さん、強い。
IMG_20200213_121658716_MP

登る前にしっかりルートを定めておかないと、せっかくラッセルしたのにまた戻ったり方向転換なしないといけなくなるので、ルートの見極めが大切だなと思いました。
達成感に満たされ幕営地に到着。
1581832460807

テント設営後は、プローブ・ビーコン・スコップを使い雪崩救助練習。実際の現場はデブリの中になるので、動きづらいうえ自分の安全も確保しないといけないし、こんなスムーズにはいかないよなと色々考えさせられた。



2月14日

約12時間睡眠、よく寝れました。
外を見ると、昨日は雲で隠れていた荒島岳や銀杏峰がきれいに見渡せ嬉しくなる。やっぱり雪山はきれい。
OI000071
とはいえ、すっきりしない空で午後からはまた天気が崩れるため午前中で切りあげることに。

保月山を目指すも、私の体力不足で岩瀬さんとの距離がどんどん開いていく。湿雪の樹林帯をつぼ足で登るが、足の沈みがなかなか深い。ここはワカンがあればよかったです。
IMG_20200214_095555344_MP
1581832501467
保月山下の樹林帯でビレイや滑落停止の練習。雪質や斜度によりまた状況が変わってくるので、色んな場所で練習を積んでいきたいなと思いました。
IMG_20200214_104731245_MP
IMG_20200214_105850451_MP
IMG_20200214_110615135_MP
八ヶ岳の計画段階から、たくさんのことを学ばせていただいた今回の山行。改めて基礎知識や技術を見直すきっかけになりました。
岩瀬さんの足を引っ張ってばかりでしたが、私に とっては充実した山行でした。ありがとうございました!
芋きんつばにでっち羊かん、かりんとうまんじゅう…次回はお土産にぜひ!

比叡山

令和二年 建国記念の日 岡島×2、岡田

滋賀の坂本から比叡山延暦寺に参詣し、京都下山の後は修学院離宮を拝観しました。
鎮護国家と病魔退散、そして皆々さまのご健勝を祈念する巡礼のハイキングでした。

琵琶湖を見下ろす比叡山御成門離宮から叡山を望む






琵琶湖遠望          山門            離宮御成門         離宮より叡山を望む


2020.02.04 例会 不動岩

2020.02.04 例会 不動岩にて

こんにちは、新人の森本です。
2/4にマルチピッチの講習として例会を行いました。
午前中~昼過ぎまでを東陵にて講習、午後からは正面壁で各々フリーで楽しみました。
システムの確認を行い、いざ実践!line_179928167818747

しかしやってみるとやはり動作にまだ時間がかかってしまいます..。スピーディーにできるようにならないといけないなと感じました。
また、支点の種類や見極めなどは勉強が必要であるように感じました。line_180017030368244

line_180280235163196

午後からは正面壁にてフリーです。ぼくはミート&ポテトとリトルボーイにトライしましたが、前者は核心のハングが越えれず、後者は時間的都合でギブアップ..。もっと外岩で上手くなりたいものです。

以上報告でした。学んだことを今後活かし、また勉強しようと思います。line_180144525002310
line_180254514458987

記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

kobe_alpine

  • ライブドアブログ