中央アルプス 越百山~南駒ヶ岳縦走

中央アルプス 越百山~南駒ヶ岳       平成28年11月3日ー4日 
                                                   橘(単独)


 以前から気になっていた仙涯嶺と擂鉢窪避難小屋を踏破すべく、2日間で行け
そうな様々なルートを調査するが、どれも大変なアルバイトだ。しかもアルバイト
をしても1銭の収入にもならない。(当たり前だが) 色々思案の末、初日に
急登を11時間も歩く擂鉢避難小屋を諦め、初日はお馴染みの越百避難小屋にお
世話になり、二日目に長躯南駒ヶ岳を回って、北沢尾根という急そうな尾根を
下山するコースを思いつく。最初はツエルトビバークで泊地を自由に設定できる
案も考えたがこの寒さでは本当のビバークになってしまいそうなので止める。


 2日、仕事を終えスーパーで買い物をし、家で炊事をして暫く仮眠して家を出
たのは21時過ぎだった。単独なので止めようと思えばいつでも止められるので
不思議な感じだ。しかし止める理由が思いつかないので出発することにする。
(風邪でもよかったが)高速道を乗り継ぎ、中津川ICを降りて伊那川ダムに着い
たのは午前2時過ぎだった。さすがに一人酒盛りする元気もなくそそくさと車内
ベッドをこしらえて眠りにつく。外は小雨で明日はどうなるのだろう。


 翌3日。目を覚ますとまあまあの天気だ。今日の日程は越百小屋迄なのでゆっく
りと準備して自転車を押して出発する。(730)この自転車は帰りの林道歩き
を短縮する用である。越百山分岐を通り越し、南駒ヶ岳方面に20分ほど歩いた
地点に自転車をデポする。さあ越百小屋へ出発だ。この時点ではまだかすかに
稜線まで上がって越百山付近でツエルト泊で距離を稼ごうという甘い考えも残って
いた。スマホGPSなどで遊びながら第一の水場、第二の水場を越え、気が付いたら
水とビールでザックには合計5。2リットルの液体が入っていた。そこに万が一を
見越してのアイゼンとピッケルの重みも加わり、ありえないような重さとなって
いたが本人は寝不足もありそれに気づかず、ただ黙々と今夜のねぐらを探して
登っていた。約6時間でコスモ小屋に到着。(1400)
DSC_0930



 あれ、鍵がかかって
いる。これは大変だ。小屋の横でツエルトを張ろうかと思っていたら、中から先客
がドアを開けてくれた。なんとも言えない気分だ。幸い真面目そうな青年だった
ので安心する。以前の我々(?)のように宴会目的でこの神聖な避難小屋に入られ
たら真面目な登山者には大迷惑な話だ。小屋では特にすることもないので、ラジオ
を聴いたり早々と晩飯を作ったりとしながら日没を待つ。買って間もないBDのヘッド
ラをザックから出してみたらなんと電気が付いている。一体いつから着いていた
のか? しかも何となく暗い。これでは明日の早立ちに役に立ちそうにないので
慌ててまだ薄明るい外に出て電池交換をする。誤点灯防止にしていたはずだがと
不思議に思うがよくわからない。夜は相当な冷え込みで風も小屋を揺するように
強く、こんな状況では快適にビバークできるはずがない。というか下手をすると低
体温症で死ぬ。あー越百小屋は天国だと山の神様に感謝する。感謝しながらも
明日の行動予定につき悩む。もう明日は下山日だ。越百山でもピークハントして
帰ろうか。いやいや当初計画通り朝3時起きで4時発で暗い中を南駒ヶ岳目指して
突進だ。様々な思いがシュラフの中で交錯する。


 翌4日。4時起床。まだ外は風がきつい。こんな中を歩くのは嫌だ。もう少し寝よう。
 そのうち若者は目を覚まして朝飯を炊いている。うーんお茶のいい香りだ。しかし
体がシュラフから出ようとしない。越百山ピークハントに決定!という安易な選択に
辿り着く。のんびり朝飯(棒ラーメン)を作りながら、空木へ縦走する若者を見送る。
 さて、ラーメンも食ったし、越百やまへとザックに水と行動食をほり込み小屋を出た
瞬間、彼方に聳える南駒ヶ岳に目を覚めさせられた。山がワシを呼んでいる。ワシ
は何をしとるんじゃ。早く全装備を担いでいかねば! 大急ぎで小屋に戻り、デポ
していたその他諸装備をザックに詰め込む。慌て過ぎて最後に財布と鍵を入れた
貴重品ケースを小屋に忘れかけるほどの忙しなさ。自分でも呆れる。いざ出発!
DSC_0946(630)DSCF1256
DSCF1253






ここからは時間との勝負だ。幸い10時間も寝たせいか、昨
日よりは体調もよいようだ。
 とりあえず雪か霜か分からないが上部が白く輝く越百山を目指して、
ダークダックスの「雪山賛歌」を歌いながら駆け足で登る。昨日に晩飯
の鶏鍋を完食し、余分な水も捨てたのでザックもやや軽い。
 1時間で越百山頂到着。なるい山頂だが、その分
風が強い。ザックから目だし帽を取り出しかぶり、ついでにオーバー手袋も装着する。
 休憩もそこそこに眼前に立ちはだかる仙涯嶺を目指して出発。風が強いが天気は
快晴で嬉しくてしょうがない。コースタイム通り1.5時間で仙涯嶺到着。
DSCF1261DSCF1268DSCF1263





写真も
そこそこに出発して南駒ヶ岳を目指す。ここからは急な登りもあり、ややしんど
かった。仙涯嶺付近もやや慎重を要する痩せ尾根だが、落ちたら終わりという雰囲気
でもない。逆に岩場の位置関係か、風が遮断されてビバーク適地もそこそこにある。
 そして、やっとのことで南駒ヶ岳頂上に到着。(10:40)出だしが遅れたが、
まあまあのコースタイムで到着できたので病気持ちでもまだまだ頑張れると自信を
取り戻す。それにしてもザックの肥やしとなったアイゼンとピッケルが重い。どこか
で使いたかったが最後まで重しになってくれた。頂上付近で同宿の青年と再会し、
互いの健闘を称えあう。うーん、いい瞬間だ。この時期に単独でこの山域に入るのは
本当に山好きな人なんだろう。
DSCF1270DSCF1269DSCF1276
DSCF1278




 さて快晴の頂上で祝杯でもあげたいところだが、早本日は下山日だ。今日中に神戸
まで帰らねばならないので早々に下山開始。(11:00)下山は頂上から西に伸びる
北沢尾根を選択する。岩に赤ペンキもマークしてあり、そう迷うような尾根ではないが
頂上から出だしの200mほどは巨岩帯を縫って歩かねばならないのでうっすらと
雪のついた岩で足を滑らすと巨岩に嵌まって骨折は間違いない。ここが今回の最大の
難路であった。人も少ない山域で行動不能となれば日没までにヘリ救助を要請しないと
大変だ。一晩くらいは寒気の中でビバークもできるが体力も消耗してますます状況は
悪くなる。恥ずかしいことではあるが、命には代えられない。そんなことを考えながら
、そんな状況にならぬよう、慎重を期しながら下降する。ある程度高度を下げると
やがて樹林帯となり、連れて気温も上昇する。やがて目だし帽もオーバ手袋も熱くなり
外し、代わりに熊鈴を装着して音を出しながらやや単調な樹林帯の急斜面をひたすら
降りる。途中で登って来られた二人パーティに合い、聞くと擂鉢避難小屋迄行くとのこと。
 この単調な急な樹林帯を良くぞと感心する。下山でも単調で大概にしんどい。
 やがて単調な下降にも飽きたころ、人工物の送受信機(?)が現れ、そこからまた
だらだらと下降させられ、やっとのことで林道に降り着く。(16:00)
 やれやれ、ヘッドラを出さなくて済んだ。ヘッドラ下降なら間違いなく疲れは倍増だ。
 ここで終わりかと思いきや、下り口(逆からなら登り口)から林道が3方向へ伸びて
おり、どれを選べば伊那川登山口まで辿り着くやらわからない。ここから約2時間の
歩きで駐車場のはずだがどっちかいな?とりあえず一番道の良いのを選ぶと谷に降りて
ダムに着いてしまった。これはおかしいと登り返し、反対方向へ伸びる林道を歩く。
 やがておかしな方向へ行きだし、ここでやっと地図とスマホGPSを立ち上げて
真剣に歩くがなんかおかしいのでまた戻り、三つ目の林道を歩きだすとやっと正しい
方向へ向かいだした。道標も何もないので疲れた下山者は必ずここで試練を与えられる
だろう。まだ明るくてよかった。これでヘッドラ下山だったらと想像すると背筋が
寒くなる。(30分のロス。日没後なら∞)
 やがてデポしてあった愛車のマウンテンバイクを発見し、そこからは歩行1.5H
を約10分で降りる。なんとか日没前に下山出来てほっとして、今回の山旅は終わった。
DSCF1296





NOTES:

 ・サイト「天気と暮らす」では直前まで二日ともC評価で登山不適だったが、  
  来てみると初日B、二日目Aだった。どうも信用性に疑問がわく。小屋に
  同泊の方の意見も同じだった。今後はあまり情報を鵜呑みにせず自分で
  考えよう。そもそもあれだけの山数での判定は、かなり大ざっぱで機械的で
  あると考えられる。
 ・最初は稜線直下でビバークでとも考えたが11月の寒気は半端でなかった。
 ・出会った登山者でピッケル持参は私だけだったのでややオーバースペックな
  装備だった。11月後半なら必携か。
 ・最近やたら黒い色の装備がよく売れる。黒い手袋、黒い目だし帽、黒いズボン、
  黒いスパッツ、ザックやテントの中で黒いものばかりですぐ行方不明だ。名前も
  書けない。黒い装備に何の意味があるのか。メーカーはよく考えてもらいたい。
 ・BDのヘッドランプが初日にザックの雨蓋で点灯していた。帰りに車に
  ザックを放り込むとまたもや雨蓋で点灯していた。もちろん誤操作防止は
  しているので、構造上の欠陥(ボタンが大きすぎてザックの中で長押し
  状態となり再点灯してしまう)と思われる。次に買い換えるときは
  ペツルを選ぼう。細かい構造の違いだが単独行では命に関わる。
  また、このような欠陥商品は売るべきでも買うべきでもない。
 ・今回スマホのLINEと地図ロイドで遊びながら(助けられながら?)
  登ったが熱中しすぎると肝心な時に電源喪失になりかねない。緊急用に7日間
  電池の持つガラケーを再度持参することも考えよう。やはりガラケーの実力
  は捨てがたい。
 ・久しぶりに単独で初冬の2865mの山を縦走したが、ひごろ如何にメンバー
  の力を借りて登っていたかが身に染みて分かった。改めて自分の実力を認識
  できた。(初心者にすね毛の生えたレベル位)
 ・最後に天候の運を少し残しておいてくれたT姉に感謝致します。














カナダ スコーミッシュ(ハイキングと岩場視察)と英会話

スコーミッシュの岩場に登るつもりで行きましたが、ビレイヤーを見つける事が出来ず、日本から持参したガチャはついには使う事なく持ち帰りました。。
またベルリッツ・ジャパン様の支援を頂いてから初めての海外であり、習って来た英会話についても再考する機会ともなりました。
山行と英会話について合わせて文章に致しました、山行報告という目的の当ブログでは、そういう意味では少し脱線した内容であるかもしれませんが海外山行などについて等、もし参考になれば光栄と存じます。
DSC_2480DSC_2469




先日カナダの親戚宅へ旅行に行った際の事です。僕の目の前に、居座っていたのは、友達でも、はたまた英会話の先生でもなく、カナダの入国審査官でした。その男、我神の申し子也と言ったような燦然たる態度で僕に、入国の目的や滞在場所について事細かに且つ素早く聞いてくる様は、今まで僕が国内で、日本人と話す事に慣れた外国人と話すものとは、また違った英会話でした。同じ試合でもホームである甲子園でタイガースが野球するのとアウェイの東京ドームで巨人相手に野球をするほど違いがあるように、その時の僕はまさにそれで言う後者の環境にありました。しかしながらこちとら、いわばベルリッツジャパンの申し子わけでありまして、ベルリッツの授業内ロールプレイ数多く行ってきたという事実こそが、僕の心に自信という掲げてくれていた事と自負しています。鏡越しで見ればそれは風前の灯火程度にすぎなかったのかもしれませんが、、

 

そもそも僕の場合は、英語を学ぼうと思ったきっかけは趣味であるクライミングや登山の舞台を海外にも少し広げてみたいと思った事でした。高校で習った英語でレベルが止まっていた僕がアメリカにクライミングに行った際に出会った方々ともっと深くコミュニケーションが取れたらどれほど楽しいだろうと思いを馳せた事を覚えています。確かにある研究によれば人のコミュニケーションの7割は表情、抑揚といったプロソディ外的要因の先入的認識と言われているそうですが、その残りのわずか3割にあたる言語という要素こそが、僕の海外での人との邂逅を色鮮やかにしてくれた事は紛れもない事実です。気軽に語学の敷居を跨いでみた先に、世界7大陸の最高峰の登頂制覇というゴールがたまたま見えてきて、最初は古文書を解読するが如き作業であった現地での登山許可の申請が段々解読出来るようになり、早口のジブリの映画のラピュタ語を聞くが如き、英語での電話のやり取りも徐々に、念仏程度は聞き取れるようになってきて、まだまだ理解出来ない部分は多々ありますが、それでも尚現在では目標の山も残すところ3座となりました。あくまでこれは最初から明白にゴールとして設定されていたわけではなく最近になってようやく見えてきたものです。

 

さて無事入国というミッションを終えた僕はバンクーバーの自然と都市の美しいシンフォニーを横目にレンタカーにて一路郊外に住む親戚の家へスマホのナビを片手に、ひた走りました。トランクには日本から持参したクライミング道具が詰まっていて、窓を開ければ9にもかかわらずすっかり涼しくなった秋の朔風、僕の胸の高鳴りをより煽るのです。カナダへ移住した親戚の第三子を見るという名の下に日本から脱出した僕は、これまで行ってきた海外登山のスタイルとは違った、ラグジュアリーな旅の始まりにワクワクしていました。これまでの海外遠征といえば低予算から、食うも寝るもままならないほどノープランであり服は洗わずボロボロで、街行く人からは野良犬を見るような目を向けられていました。 
 _20160909_182306

 




 僕のお目当のクライミングスポットであるスコーミッシュというエリアはバンクーバーから伸びる内海からせり出すようにして聳え立つ銀色の岩壁が特徴的で、その勇ましさたるやウィスラーから迫り来る凍てつく風から街を護る衛兵(ジャンダルム)のようでした、それも恰幅のいい。クライミングは基本二人一組でパートナーがロープの操作をしてくれないとけませんが何しろ一人で来たもので一先ずユースホステルのドミトリー(相部屋)に宿をとりパートナーを探すというミッションが残っていたです同じ部屋になった男でオーストラリアからきたというショーンはAにクセの強いアクセントを持つ喋り方で、僕に一緒にハイキングに行こうと言いました。僕にとって願ってもない申し出であり喜んで翌日ハイキング少しだけクライミング出かけました会話という面で見れば、やはり日本で日常的に英会話をしていた慣れがキーとなり、彼が何を言っているのかすべてを聞き取れたわけでは無いにしろ、まるで優雅な朝にコーヒーを共にするかのように肩の力を抜いて友人関係を築けた気がしますハイキングという面で見れば、彼の登るスピードは、鬼の様に速くコーヒーを優雅に楽しむどころか口から吹き出すレベルのタフさでした。また同部屋でケベック州から来たという男は少し厳ついシルバーアクセサリーを好む男でフランス語を喋っていました。挨拶をするくらいで全く会話はせずにいましたが僕がユースホステルの外のベンチで、バンクーバーで買ってきたギターを弾いていたらその厳つい男が嬉しそうに寄ってきて、俺もギターが好きなんだ!と言って自分のギターをケースの中から取り出し、一緒にStand By Meの即興セッションを始めました。音楽、スポーツ、言語、何が人と人をつなげる1ツールに成りうるかその時その時で変わるかもしれませんが言語の守備範囲は圧倒的に広いのは言わずもがなかもしれません。 


すべての些細なトラブルはベルリッツの教材のトピックに出てくる、いわば想定内のものばかりであり、滞りなく練習の成果は出ましたが例えば一緒にハイキングに行ったショーンが別の人間と話している時など、やはりネイティブ+ネイティブの会話に入って行くのはある種最終段階と言っていいほど難しいものがあり、言葉のチョイスやスピード感など、一対一でばかり会話をしていても身につきにくいレベルだと痛感しました。ベルリッツのレッスンが1段落ついた頃にいただく、教師からのアドバイスなどによれば、日常的に英語を使用すること。というのが次のレベルへの手助けになるということだったので、これまたベルリッツの教師の伝手を辿る内に見つけたアメリカ人が経営するカフェで働きましたが、やはり日本にいる外国人は、知らない内に日本人と話すことに慣れ、ある種こちらの意を容易く汲み取ってもくれるし、自然と言葉のチョイスも理解しやすいように話してくれていたのかもしれないなと思いました。これは冒頭でも述べたように、国内での語学学習における盲点なのかもしれません。しかしながらベルリッツは決して一方通行的な学習しか提供しないスクールでは無く、生徒からの意見や感想のフィードバックも提出しやすいシステムを既に構築してくれているので、リアルタイムで感じた要望も、しっかりと反映して次回にはまた一つその盲点を攻略できていることと確信しています。実践での体験とリンクしているからこそ今、週1回で組んでいるレッスンは何の苦でもなく、むしろ友達に会いに行くようでもあり、カルチャースクールに通うようでもある不思議な楽しみを生んでいます。僕の心にあった自信は、2週間の滞在を終えて、経験に基づく確証へと変わりつつあるのでした。

烏帽子&駒形岩

こんにちは、濱野です。
今回は久しく行っていなくて、残してる課題もたくさんあるエボコマへ、新入会員の方も連れて登りに行きました。
天気も良くて混雑は予想してたけど、道場駅から続々と歩くクライマーの数には驚きでした、、、。

烏帽子は混むと思い先に駒形岩へ行き、簡単なルートに3本ロープをセット
緑の光線5.9a  満寿居 OS
イグジット5.9 中野さん
斜陽5.9 濱野 RP

人数が多かったので、満寿居さんや中野さんもリードしてもらい助かりました。
リードで登ってるとすぐに上手くなりますよ。
斜陽は難し目な5.9ですが、小さなホールドに立ち込むムーブ、スラブと高さの恐怖を楽しんでもらいたかったw
P1090737P1090735P1090734P1090731P1090728P1090727P1090718P1090717P1090716P1090714P1090712P1090708P1090706IMG_2248IMG_2245IMG_2244IMG_2243IMG_2242IMG_2241IMG_2240
























































昼からは烏帽子岩へ移動して軽く昼を済ませる
混雑する中、帰ってきた酔っぱらい5.8にロープセット
5.8と思い軽く取り付くけど、意外と登りにくい
P1090740







中野さんはゴールドフンガー5.10aへ
どうしてもフィンガークラックの方へ目が行くけど、右のフェイスを使えば登りやすいかな。
P1090739P1090742







僕は瞳を閉じて5.10aにチャレンジ
カムもセットしやすくハンドジャムも気持ちよくキマって、安定して登れました。
中野さんもチャレンジ
どうしても体を奥に入れすぎて窮屈になってますね。ジャミングも慣れないと不安やしね、、、。
P1090744












タフ 関西最難関の5.10dにもダメもとでチャレンジ
核心部では手のホールドの掛かりがあまくて、まったくムーブも分からんかった、、、安定の敗退です。

中野さんはハーフ&ハーフ5.10a
僕が勘違いしてゴールドフィンガーからスタートさせてしまい、正規ルートで登ってきてた方の邪魔をしてしまいました、、、。反省ですm(_ _)m

たまたま広瀬さんも知り合いの方と登りに来てて、久しぶりに会って話もでき良かったです。
ちょっと見ないうちにかなり成長してますね、、、ビックリしました、、、。
最近成長のない僕にとっては羨ましい限りです(´・ω・`)

夕方になりクライマーも減り始め、太陽がいっぱい5.9が空いたので中野さんがOS狙いに
スラブの恐怖にも打ち勝ってZクリップや雨などもありましたが、完登でしたね。
名物ルートやし他のみんなにも登ってもらいたかったけど、雨がぱらついて来たので撤収しました。

僕は次の日、A木くんと二人で登りにきましたw
僕たち以外に誰もいなく、前日の賑わいからうって変わって静かでした^ー^
熊カンテ5.10aは2ピン目行くまでが結構怖かった。慎重にOS
僕はウイング5.10cをOSトライ
恐怖をパワーに変えて何とか核心を越え、ガバを取った時のあの安堵感が半端ないw
ジャスティスもTRでムーブの確認
何度もぶら下がって、振られな反対の壁にぶつかりながら練習して、最終的にA木君も僕もノーテンションで行けたので、次はRP狙います^ー^
前日敗退のタフもいろいろ考えるけど、正解の登り方がイマイチよく分からない、、、スマホって便利ですねW
動画は出てこんかったけど、情報得て練習してみると少し正解が分かった気がする。
でも、保持力が耐えれるかが問題で、RPはまだ遠そうだ。

A木君は久しぶりにリードの練習で、アフターバイトダイレクト5.9は緊張しながらRP
タイムトンネルは少し休憩してしまったけど、落ちることなくクリア
徐々にリードの感覚を取り戻して行きましょう^ー^

今回5.9のルートでも登りきれなかった人が多かったですが、今はそれで良いと思います。
登れるルートを何度も登るのも楽しいですが、自分の限界に挑戦して登れないのが登れるようになる方がもっと楽しいので、目標にしてもらえたら良いですね^ー^
自分の手足を信じて小さなホールドを保持出来るようになれば、必ず上達できると思います。
また、みんなで登りに行きましょう!


不動岩でクライミング

こんにちは、濱野です。
朝晩が肌寒く感じ始めて秋らしい季節になりましたね。
前日からの天気が良くはなかったですが、雨量もそんなにないみたいで、昼から回復の予報なので不動岩まで行きました。今回は渡邉さんとU本さんの3人です。
僕は日本の100岩場の本を見て5.11a付近のグレードが多いので、登れる自信がなく今まで来たことがなかった。今でも5.11を軽く登れる自信はないけど、5.10台ならなんとかなるかと思い、初の不動岩です(´・ω・`)

さっそく東陵、東壁へ行ってみるけど、予想通りあちこち濡れてて厳しそう、、、。
東壁を下見してると他のクライマーの方が教えてくれたんですが、蜂の巣ハングってルートで3月に大きな崩落があったようで、それ以来ほとんど取り付いているクライマーがいないとのこと。
どうりでトポと絵が違うはずだ。
四角い大きなルーフがありましたが、その下の部分が崩落したのかも知れないですね。そうとうでかいのが落ちたと思われます。他も脆くなっているかも知れないので、近づかない方が賢明です、、、。

じゃー次は乾いてそうなナンバブラザース5.10a登ってみようかと思ったけど、これもトポと若干違うような、、、しかも手製?のボルトが打たれているし、、、。
*帰って調べたら、故意に岩が落とされルートが消滅してたんですね、、、、Σ(゚д゚lll)
そんな事を初めての僕は知らず取り付きましたが、下部が雨でヌルヌル過ぎてやめました。

右奥に回り込んでトポ載ってない簡単そうなルートを登って、上で二人を引き上げ懸垂しナンバブラザースのギアを回収。

砂かぶりも乾く気配ないので、中央陵正面壁へ
渡邊さんの希望でミート&ポテト5.10aを探してると、また他のクライマーの方が親切にルートを教えてくれました^ー^
スラブを登り少し被った壁を3mほど登るのが核心ですが、ボルトもありガバも多いのでパワーと足で蹴って、少し遠いポケットを取ればクリアですね。所見はホールドが分からないけど、マゴマゴしてるとパワー無くなってしまうと思い、思い切りで登ってOS取れました。
TRですが渡邊さんもクリア!U本さんは惜しいところまで行ったんですが、、。最近試験ばかりで久しぶりのクライミングなのでね、、、。

5.11aもトライしてみたくて三ツ星のペガサスに挑もうと思ったけど、核心部が若干危ないと言うアドバイスを受けたので、すぐにパスww
オススメのリトルボーイ5.10c限定 を登ってみました。
下部でとても良いホールドがあるんやけど、それは使わないと言う事ですが手は掛けなかったけど、足が出た、、、(´・ω・`)
テラスから上のハングが核心でこれもガバの連続やけど、パワーが、、、心折れてワンテンション。
後で後悔したのは、次の一手を取りに行って落ちたのなら仕方ないけど、無理だと諦めて手を出さなかった事が悔しかった。
IMG_2213IMG_2206













次に左隣のパフ5.9
先ほどのルートに比べば安心して登れる。
IMG_2219












親切なクライマーの方に道案内までしてもらい、陽だまりフェイスへ移動して春の小川5.9
IMG_2220











SOCHI5.10bはハンドもフィンガーもジャミング効くし、足を大きく開けば左の壁も届いた。
フィンガークラックでは薬指の第二関節がナッツのようにピッタリハマったw
日が暮れるギリギリまで登ってこの日は終了です。

初めての不動岩でしたが、全体的に岩が脆いのが見てわかりますね。実際崩落も多いようですし。
グレードは辛いようですが、僕の感覚としてはトポ通りな感じがしました。
また、岩がもう少し乾いてる時に行って、他のルートにもどんどんトライしてみたいです!^ー^

岩登り

こんにちは、濱野です。今年に入ってからあまり岩にしがみついてなかったですが、これからもクライマーでありたいので、いろいろ登りに行こうと思ってます。22日は初めての石灰岩を触りに備中遠征を計画するも雨の為断念、、、。行き場を失ったワクワクが落ち着かないので、近々計画を立てたいと思います。

で、24日は新会員の谷口さんに誘われて、初めての外岩ボルダへ行きました。久しぶりに一緒に登る事になった渡邊さんをピックアップして、いざ!笠置へ!

1時間半ほどで駐車場へ到着、薄曇りのせいか人は少なめ。木津川沿いに岩というか大きな石がゴロゴロと点在してました。
一番近くて登りやすい所は地元の女性クライマーが取り付いていたので、マントリングロック5.7(8級)へ
IMG_2120











右足で登る方が優しく、左足だと少しグレードが上がる。低いので安心です^ー^
谷口さんは2年のブランクがある上に、ややピチピチのデニムw動きにくそうでしたw

ストイックに何度もチャレンジする女性クライマーに、断りを入れワンハンドフェイス5.6(9級)??やったかな
BlogPaint











左手カチまでがギリギリな感じで、ムーブにコツが要るような?要らないような?僕はボルダリング下手くそなんで良く分からないけど、何とか届きました。届けば後は問題なし。

その右側はフィネス5.10b/c(3級)
カンテをしばきながら微妙なバランスで登るのが面白かったです。

次は岩を変えてお買い得な1級課題?名前も忘れましたw
BlogPaintIMG_2097











よいっ!と両手のパーミングで体を上げて登る。手足が今にも滑りそうで、これも絶妙なバランス。これこそデニムはキツいですよw

雨がポツポツ降り始めるけど、めげずにバリーフェイス?
右と左に3級の2本ルートがある
IMG_2100











左の方がホールドも小さくバランスもシビアで、全然難しかったような気がします。
降りるのに隣の岩へBダッシュから飛び移るのが、ちょっとスーパーマリオな気分にさせてくれますw

ジーザスクライストロックへ移動してトランキライザー5.10c/d(3級)
人気のルートらしく取り付いてみるもスタートすら難しい、、、。敗退しました。

なれない外岩ボルダなので、3m越えるルートは怖いですわ(´ε`;)
足元も良くなかったりするしね。
グレード低めで高さも低めの大スラブ岩トラバース5.8(7級)課題をチャレンジ
IMG_2103











ところがどっこい!7級やのに最後の1歩が無理やったw3人で何度かチャレンジするも、、、、ボルダリングムツカシイネ。冷やかしの雨も止んで、いろいろ登ってみるけどほとんど敗退で、この時点では達成感が(´・ω・`)

この岩は何やったかなぁ、、、。
ハング下からヒールフックで登るんやけど、ガバばっかりやから行けるはず!
IMG_2104IMG_2116IMG_2113











世の中そんなに甘くない、、、。3人ともぶら下がって楽しみました^ー^

キケンフェイス5.10c(3級)2手目のカチを触れるけど、止まらないです、、、、またしても、、、〇退
トンネルホール左5.10b(4級)
IMG_2117











これも飛びついて左足を強引に上げて、今にも滑りそうな恐怖に耐えながら右奥を取る!滑って脛を削る事2回!意地で登りきりました。今日一番の達成感でしたヽ(´▽`)/

最後はのっぺりカンテ5.10c(3級)三ツ星ルート
IMG_2118











左手、左足が極小のホールド。カンテは丸みがありそれほど保持は良くない。何とか極小ホールドで耐えながらカンテの手を送るが、足のムーブが分からんかった!かなり粘ったけど、指先がヒリヒリやしムーブが分からんし、心折れたので終了です(T_T)

初めての外岩ボルダでしたが、全体的にパワーもいるしムーブも練習しないといけないし、難しかったです。
でも家のすぐ近くにあれば手軽にトライできて通ってしまうかもw

雨も少し降りましたが何とか1日楽しめました。
帰りは「ダイエットは明日から!」を心に刻み、塩ラーメンと餃子で打ち上げしました。おわり


25日堡塁
一旦家に帰るのがめんどいので、銭湯からのー六甲ケーブル上駅へ。
カップルで賑わう中、男一人寂しい視線を受けながら、夜景を眺め、駐車場で車泊しました。
集合時間より早めに中央陵頭でO島さんと装備を整え、中央クラックを登る。
僕はセカンドでしたが、リードで登る方がムーブをしっかり考えたりして慎重に登りますが、セカンドだとその辺がいい加減になりすぎて、ダメですね、、、。
次に西面のジグザグクラック
O島さんがリードでしたが、濡れてて怖そうでしたね。

僕は登ったことのない中央陵正面の西端 枯れ木のカンテⅤ-とトライ
下部のハングはパスして、テラスまで左上する。
アルミのアンカーがあるが、ボルトが腐敗してるので、カムでランナーを取る。壁は垂直でガバの連続やしⅤ級もなさそうな感じ。しかし、最後の乗り上げが良いホールドが無くて焦りました。イモイモとずり這い上がって終了。
術後で片腕のk谷さんのアドバイスを受けながら、久しぶりのクライミング
IMG_2125IMG_2123











2回目の大角では余裕の笑顔ですが、ここで苦戦してましたねw
IMG_2138IMG_2144











O西さんも安定したリードで中央クラックを登ってましたね。
O島さんがトップでスカイフレークへチャレンジ!
IMG_2133IMG_2135IMG_2126IMG_2127











ガバの連続ですが、逆にパワーが使いすぎると後半がしんどくなります。
雨が強めに降り始めましたが、何とか二人ともトップアウト

僕もスカイフレークを登り、セカンドのTさんを引き上げて懸垂で降りる。
この日も若干雨に降られましたが、人も少ない堡塁で練習ができました。
新入会員の方も多くなってきたので、練習を積んでみんなでマルチでも行けたら良いですね^ー^

スポンサー様の報告 新井紳吾

bz



こんにちは、新井紳吾です。
兼ねてより僕が英語の学習の為に通わせてもらっている英会話スクールのベルリッツ ジャパン株式会社様が
僕の海外での登山活動をサポートして下さる事となりました。
人のコミニュケーションの7割が表情、抑揚、外的状況の認識といったプロソディと言われているそうですが、その残りの3割にあたる言語という要素が、僕の海外での人との出会いやご縁を色鮮やかにしてくれた事は類い稀ない事実でもあり、これに携わる全ての方々との邂逅に心から感謝申し上げます。

予算面もそうですが、競争ではなく自分との向き合いという登山に、社会との繋がりという要素がプラスされることに大きな喜びを感じます。

ベルリッツで学んだ英語・知識をリアルタイムのフィールドで実践します!

14224877_1791436764408624_1790930156536563386_n

2016.9.11 南紀 高田川栂谷

2016.9.11 南紀 高田川栂谷 メンバーI(記)

 

以前から気になっていた南紀の栂谷を計画するも、事前情報では、またしても雨予報。しかし計画日に近づくにつれ、徐々に晴れ予報に。おお、好天の神様が遂に俺にも舞い降りたか!?に思えたが、同行予定の友人が所用で突然のキャンセル。う~ん、でも、やっぱり行っとくか!?

 

911日(日)

結局、何やかんやで自分の出発も遅れ、下道で約3時間かかって朝5時頃に道の駅に到着。
1時間ほど仮眠し、栂ノ平橋へ向かう。
やたらと纏わりつくスズメバチにビビりながら準備して出発。
橋から直ぐに入渓できる。
DSCN3480




樹林帯に囲まれ薄暗く鬱蒼とした谷だが、水は頗る綺麗だ。
DSCN3481




10
分程で栂ノ平滝2段斜滝がお出迎え。苔むした滑りやすそうな左岸を越えていく。
DSCN3487DSCN3489




4m
幅広滝は、左岸の水流沿いを夏場ならではのシャワークライミングで越える。
DSCN3493




前後に続くナメ滝が楽しい。
連続する斜滝と岩間滝は略水流沿いを越えていける。
DSCN3496




続く岩間の滝を縫うように進むと谷が右に屈曲する所で噂のコ〇コーラの看板が鎮座していた。なんでこんな所に(笑)
DSCN3501




続いて綺麗な大釜とナメ滝が
2か所出現。滑り台にはうってつけだが、一人でやるには虚しいので釜に浸かってナメ滝を直上する。
DSCN3509DSCN3515




巨岩と流木が重なったガレ場を通過すると、朝日で綺麗に輝く大釜。
右岸をへつるのだろうが、ここはザブザブ釜に入ってナメ滝を直上。
DSCN3523




これを越えるとドドーンとヤケベ嵓が出現。
威圧感のある嵓と勢いよく流れる滝を見ながら小休止。
DSCN3530








10m
斜滝は左岸の苔と草の生えた岩を容易に越えられる。
DSCN3534




ここからが、栂谷のハイライト、
300m続くナメ滝。
大岩まで延々ナメ滝が続くが、さほど傾斜もなく水流も弱いので快適に遡上できる。
DSCN3540DSCN3545DSCN3547




交互に現れるナメ滝と釜をのんびりと越えて行くと、右手にガンガラ滝が見えてくる。
DSCN3552DSCN3553DSCN3559




文字通り大きな岩がガラガラと沢筋に積み重なった滝だ。強い水流に直登は諦め右手の積み重なった岩の間を縫うように越える。
DSCN3561




少し進むと浅い釜とナメ滝。右手の大きな岩の下のナメ滝を進むが意外に滑り易く、途中から思わずへっぴり腰に。
DSCN3563




続く大釜とナメ滝は傾斜が強そうだったので、右岸を巻き登り滝上に出て続くナメ滝を登る。
水流沿いを登っていたのだが、途中、比較的傾斜がキツいことに気付き、また滑り易い地帯に嵌まり込んで身動きがとれなくなってしまう。
滑ったら、先ほどの釜まで滑り落ちて痛いことになりそうだ。
ここは慎重に!?四つん這いで進み、何とか危機を脱する。
本日一番の核心はここだった(笑)
DSCN3567DSCN3569




ナメ滝を進むと三俣。左手に顕著な
50メートル黒滝が落ちている。
DSCN3573




右手の
10m斜滝を右岸の木の根を頼りに越える。
DSCN3574




滝上の右岸は傾斜が強いので左岸に転じ、木の枝を掴みながら滑り易い水流沿いを登る。
この後、快適なナメ滝が続く。
ナメ上に寝転がりながら少し日向ぼっこする。
DSCN3578DSCN3580




暫く進んだところで二俣。
DSCN3583




ここは水流の少ない左手に入ると
7m斜滝。クラック沿いを足掛かりに直登する。
DSCN3584




続くナメ滝を越えて、そろそろ源流域を感じる辺りの二俣で痛恨のミス。
一本早く右手の沢を詰めてしまいガラガラのルンゼを登る羽目に。
ルンゼを詰めた先に、もう
1本ルンゼがあり、この急なルンゼを詰めるも終わりが見えない。
一つ左手の尾根上に登ると漸く左手に帽子岩が見え、右手に寄りすぎていることを確認する。
獣道を左手にトラバースして何とか登山道の西端に出る。
ピークを一つ越え、ヒーヒー言いながら急斜面を登りきると帽子岩に到着。
岩の上からの眺めは最高だ。
DSCN3589




一休みして烏帽子山頂を目指すが、残念ながらここは殆ど展望がなかった。
DSCN3593




入念なヒルチェックをして、天敵がいないことを確認してから、ゆっくり昼食を取る。
帰りは俵石へ続く登山道を下山したのだが、山頂から暫く続く急降下に、かなり参る。
途中、休憩中に落ちて眠り込んでしまった。
登山道は、はっきりしており、また地元山の会のプレートが要所に設置されているので迷うことはない。
トボトボと下山していると俵石の廃村跡に到着。
立派な石垣が沢山あり、当時かなりの人が住んでいたことが窺い知れる。
朝の連ドラで見たようなローラー付の壊れた洗濯機なんかがあって時代を感じる。
大きな谷を二つほど越えて緩やかな坂を下っていくと舗装路に飛び出す。
10分程で栂ノ平橋だ。
直ぐ近くの雲取温泉で汗を流し、またまた延々と下道を運転して無事帰宅。

 

栂谷は南紀特有!?の壮大なナメ滝が随所にあり、ナメ滝好きにはうってつけの沢だ。登攀要素も少なく、初級者でも楽しめる沢だと思う。ただしナメ滝は、天候、水量等の状況にもよるが、思った以上に滑り易いのでスリップには要注意。ヤマビルはみかけませんでした。

 

0715栂ノ平橋~0725栂ノ平滝~0800コ〇コーラの看板~0830ヤケベ嵓08500940ガンガラ滝~1015三俣~1040二俣~1210帽子岩~1220烏帽子山12551450栂ノ平橋

 

2016.8.23 北山峡 葛川本流

2016.8.23 北山峡 葛川本流 メンバーI(記)・友人2

猛暑が続く中、沢に行きたいが会の山行に予定が合わない・・・。どこか良い沢はないかと探していたところ、泳ぎ主体の葛川がヒット。調べてみると今シーズンは水量も少ない様子。泳ぎが得意な友人と共に挑戦してみた。

 823日(火)
午後は雨予報だったので少し早めの0640出発。
田戸橋先の小駐車スペースから滑り易い急斜面を慎重に下る。右手に下っていくと最後はフィックスロープがある。DSCN3301





沢に入ると事前情報通りヌメヌメの岩だ。最初はおっかなびっくりだったが、皆徐々に歩きのコツを掴んでくる。
DSCN3302




最初の泳ぎの淵を皆で歓喜の雄叫びを上げながら越える。暫く進んだところでザックに付けていたカメラがないことに気付き慌てて戻る。最初の泳ぎ淵を潜水捜索すると、やっぱりカメラが深い川底に沈んでいた。ここは潜水が得意!?な友人に回収して貰う。やはり泳ぎの沢は水中眼鏡必須か。
10分程進むと凄いゴルジュ、S字淵が出現。
DSCN3309




水の色が濃くて水深がわからず、またカーブして奥が見えなくて怖いが、泳いで進む。奥に激流の滝が見えたので少し手前の何とか足の着くところで作戦会議。ライジャケを着用し、空荷で泳いで取り着く。右岸沿いに進んで滝身の左の岩を這い上がる。水面下に丁度よいステップがある。荷物と後続をロープで引っ張り上げる。
DSCN3310




瀬滝と淵を交互に挟みながら進むと
23メートル滝。ここは左岸を越える。
DSCN3314DSCN3326




2の廊下はゴルジュと綺麗な水に癒されながら進む。
DSCN3331DSCN3356




もう泳ぎまくりである。
DSCN3358DSCN3364




L15
メートル淵を泳ぎ越えるとミニナイアガラが現れる。水量が少なく迫力不足だったが、それぞれのルートを泳ぎ越える。
DSCN3370




続く滝は左岸の岩場から越えた。
DSCN3376




そして第
3の廊下。
DSCN3379




奥の
1.5メートル滝は右岸の岩から越えた。
DSCN3382




大杉谷を越えると泳ぎの淵の連続。
DSCN3388




出口の小滝はロープを出して確保。
DSCN3390




淵を泳いで越えると大渡の橋が見えてくる。
DSCN3398




橋を過ぎた河原で陽だまりの中ランチタイム。大休止して出発。
有難い日差しの中、のんびりと進む。
DSCN3403




暫く進むと長淵
70メートル。
DSCN3406




続く、ひょうたん淵、連続する泳ぎが結構しんどい。
DSCN3411




そして大淵のある廊下帯。泳いで進むが途中のゴルジュに圧倒される。文献通り途中の岩場で一息つけます。
DSCN3414DSCN3423DSCN3424




大淵を泳ぎ越え少し進み、右手に滝が見える直前の瀬滝(両岸にかけて流木が挟まっている)で、水流に沈した際、またもやカメラを水没させてしまう。(汗)ここが意外に深く、水深は
34メートル。川底にカメラは見えているが、なんせ深いうえに滝下で水流が凄い。内心諦めモードであったが、またしても潜水が得意!?な友人が果敢に挑戦し、カメラ救出に成功!本当に感謝感謝です。度々、やらかしまして申し訳ありませんm(__)m
気を取り直して先を急ぐ。幅狭の淵を泳ぎ渡り(ここは水量が多い時、出口の泳ぎ突破が難しいかも)、続く大釜も泳いで進むと漸く一ノ滝に到着。
DSCN3432




ロープを出して手前の
1メートル滝に挑むも水圧に押し戻され突破できず。雨も降り出したので、ここはおとなしく釜の右手から左岸を巻いて越える。(巻きは容易)
一ノ滝上は美しいナメと嵓が聳え立つ。
DSCN3438




ナメと淵を交えて進むと
10分程で二ノ滝に到着。轟轟と流れ落ちる20メートル滝と聳え立つ嵓は圧巻だ。
DSCN3449




ここは左岸のルンゼを高巻くが詰めすぎると行き詰まるので注意。左手尾根中間辺りのやや傾斜の緩い所をロープ確保して越える。
二ノ滝を越えて暫く進むと熊谷が右手から合流する。
DSCN3467




この辺りから河原の岩が大きくなってくる。まだまだ続く大岩越えと泳ぎに皆お疲れモード全開だ(笑)
DSCN3471DSCN3475




下葛川集落が見えても終点の橋までが結構長い。橋が見えた時はほっとした。車道に上がり靴に入った小石を取り除いていると、靴下に何やら茶色物体がこびり付いている。まさかと思ったが、やっぱりヤマビルだった。おそらく高巻きで喰らい付いたのだろう。急いで秘密兵器のキンカンで駆除する。
3人で計6匹!!やはり沢から上がった後のヒルチェックは必須かな。皆で奴のぞっとする動きを思い出しては鳥肌を立てながら!?雨の車道をトボトボと歩いて戻る。田戸橋まで約1時間10分。本降りの雨の中、装備を解き、帰りは広い露天風呂のある渡良温泉で汗を流して帰路に着く。

葛川は水量次第で難易度は変わる。多ければ、かなり手強い沢になるだろう。また途中スズメバチの巣を幾つも見かけたので注意。パーティーに水中眼鏡、ライフジャケット各
1個は持参した方がよいだろう。行程の1/3は泳ぎ!?なので勿論泳げることが前提。

0640小駐車スペース~0655入渓地点~0740S字淵08200925ミニナイアガラ~1020大渡10551115長淵廊下~1225一ノ滝12401300二ノ滝14151435熊谷出会~1510下葛川の橋~1640出発点

台高 黒石谷 遡行

台高 黒石谷 遡行

                                 2016年8月21日(日)
                                        A木 橘(記)

 黒倉又谷と黒石谷を混同してしまい、とりあえず初めて登るような
記憶の黒石谷を遡行することにする。
 前夜土曜日22時伊丹発、翌日0時過ぎ、黒石谷ゲート着。少し奥の駐車場に
行くと料金600円との看板があるので、少し戻って道沿いのスペースにテント
を張って、酒盛りのあと仮眠する。辺りは霧雨で明日の予定について悩む。
 翌朝5時、目を覚ますと辺りは弱雨でまず出鼻を挫かれ、もう一度寝る。
 7時過ぎ起きてみると少し雨脚は弱まったようなので、仕方なく遡行準備に
取り掛かる。結局8時過ぎ発の遅いスタートになったが沢に入るには少しでも
天気が晴れて気温が高い方が楽しい。
 林道を30分ほど詰め、適当なところから沢に入る。魚影も濃く、釣りに
適したところのようだ。でも見つかったらややこしいことになりそうだ。
 暫く沢を歩くと夫婦滝のような左右に大小の二条の滝が出現。早速男女滝に
着いたのかと、我の足の速さに驚いたがどう見ても時間的におかしいのでこれは
男女滝ではないと思われる。暫く行くと廊下に出たので突破を諦めて巻く。
 何やら大きな滝が一杯現れるのだがどれがどれだか分からず、また直登の
足がかりも見いだせないので色々まとめて高巻く。巻きが勝負だ。100mも
巻きあがると却って危ない。谷に降りられないところは懸垂2Pで降りる。
 途中腹が減ったので適当なところで休憩し、またスタートする。ロープは
マメに出す。息が合うのか、結構早いペースが出る。沢でのセカンドビレイは
言わなくても半マストで十分だ。ハンマーとピトンも持ってきてくれているので
助かる(自分は持ってこなかったが)。やがて男女の滝、明神の滝、扇の滝、と
豪壮な滝が出てくるがどれも立派すぎて直登できず、大高巻きの連続で枝尾根に
乗らないように注意しながら巻く。巻き道は薄くなったり濃くなったり色々だ。
 明神滝まで来たところで14時、登山道も近いはずなので休憩の後、右岸の
杣道を求めて沢から上がる。暫くで立派な杣道に出た。あーやれやれ、下山は
楽勝かと思いきや、途中の木橋が皆朽ちかけで、高度10mほどの空中を肝を
冷やしながら橋に正座しながらやっとのことで渡る。まったく心臓が縮みそうだ。
 なんとか空中散歩を乗り切ると、今度は大きな山抜けの出現だ。熱心な
トラロープが張られているが、張った時点から地面の崩壊が進んだらしく、
ロープと地面が真ん中では2mほども離れている。それでも最短コースを
下りようとトライするが、先行者の足跡が消えた地点あたりからどうにも心理的に
参りだし、A木君のやめた方がいいですよの声を神の声と錯覚し、方法の体で
戻る。さあどうしよう。雪山ならアイゼンピッケルでステップ切りながら
トラバースだがどうも山抜けは気色が悪い。角度も微妙に急で何より足元が
ずるずる崩れていく。協議の結果、上部稜線まで巻いてこの灘場を超すことに
する。滝に続いて山抜けの高巻きだ。斜面に強い鹿君達の足跡に助けられながら
何とか30分ほどかかってわずか直距40mほどの山抜けを超える。ただ危険な
だけのタフな道だ。夕方遅めに下山コースにした場合、難易度はさらに上がると
思われるのであまり取り入れたくない下山路だった。やがて次第に木こり道と
なり、途中道をロストしたりしながら約2時間30分で無事車の停めてある
林道ゲート前まで戻る。A木君、お疲れさまでした!。


notes


 入渓暫くは初心者でも歩けるような沢かなという感じだったが、途中からは
 巻きの連続となった。遠くに滝を見ながら不安定な斜面をトラバースするのは
 どうも好きになれない。
 その名の通り、黒い岩の多い、あまり日差しも入らない、薄暗い谷だった。
 






大峰 旭ノ川 中ノ川

201681113


O島、W(記)


JR西宮駅に11日朝7時半に集合し大峰へ向け出発。

本日は新しい祝日『山の日』が制定されて初めての年、上高地では皇太子様を向かえ式典が行われているとの事。アルプス方面は沢山の登山者で賑わっているであろう事が予想される。

僕らの向かう奈良方面も祝日という事もありいささか車が多かったが予定通り3時間程で中ノ川と釈迦ヶ岳登山口の林道分岐地点に到着。先着している車は一台のみ、じっくりと沢を楽しめそうだ。

11
10分出発、林道を45分歩くと中ノ川出合いの吊橋へ、出合滝12mを右手に眺め右岸より滝上部へ降り立ち入渓。
DSCN0158DSCN0159







直後の5mの滝は左岸を登り滝の真上を対岸へ渡る。ロープで確保はしているものの滑ればただでは済まなさそうで早速の緊張を強いられた。
DSCN0160






地獄滝40mは好天が続いた事で事前の調べより水量が少なく豪快さは感じられなかった。ここは左岸を巻く。
DSCN0163






続く極楽滝35mは右岸を巻く。
DSCN0165






牛鬼滝15mと長淵は右岸に垂れたロープを頼りにまとめて右岸を巻きCS滝上部へと降り立つ。やがて本日の目的地モジケ小屋へ1520分に到着。
DSCN0172






野営するにはまだ早くさらに先へ進む。ヒジキ滝は左側を直登、続くナメ滝4m、5m程の滝を越えた辺りで1620分野営適地を発見。地面は完全にフラットに整備され石ころの一つもなさそう。落ち葉が僅かだがクッションの役割もしてくれそうだ。ここにツエルトを張り、焚き火にて濡れた服を乾かし快適な一夜を過ごす。

12日朝4時起床、6時前には再出発。廊下内の滝はほとんど巻いたが、ナメ滝220m、ササモト谷の美しい姿に目を奪われた。
DSCN0181DSCN0182





730分黒滝40m到着。高さに圧倒されながらしばし堪能。ここは右岸のガリーから大きく巻き滝の落ち口へ降り立つ。
DSCN0187






8
30分特徴的なナメが現れすぐに黒ナメ八丁だと気が付く。
DSCN0196






三又を過ぎやがて水も枯れてしまう。最後の僅かに濡れた涸滝をザイルを出し登る。岩屑の急斜面を落石に注意しながら登り、ブッシュをかき分けると12時登山道へと抜けた。

しかしここからが第二部へのスタート。七面山から孔雀岳を経て釈迦ヶ岳への縦走開始、疲労マックスでコースタイムよりも1時間遅れ、18時に釈迦ヶ岳山頂に到着、深仙小屋に着いたのは19時でした。
DSCN0201






13
日は620分発、釈迦ヶ岳南西の尾根を下り10時には駐車場着。2日間の沢登りと縦走でお腹一杯、夏合宿気分を堪能しました。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ