8月22日 PUMP大阪

午前中は芦屋浜にて家族で海水浴、3回目の海ということもあり、娘もだいぶ慣れたようです。


IMG_0112
 ※砂を投げて喜んでいます。

続きを読む

新田次郎「剣岳 点の記」

皆様こんばんは
やっと会社から盆休みを二日も頂けました。感謝です。
このご恩は一生忘れません。

さて、最近ケーブルテレビで「剣岳 点の記」をやっていたので観ました。
結論から言うと前半はまあまあ期待感があったが後半からだれて来て、
最後のほうは見ているのが苦痛なくらい退屈な映画でした。CGを使わず
剣岳の風景が本物だった事だけが唯一の救いといえる凡作でした。
こんな凡作をとるくらいなら普通に登山家の岩登りをドキュメンタリー
として撮ったほうが、ガストン・レビュファには及ばないでしょうがまだましだったでしょう。(商業ベースにはのらないでしょうが)

さて、その前に新田次郎の「剣岳 点の記」も読んでいました。こちらは
原作だったのですがこれもいまいちでした。何がいまいちかは説明しにくいのですが陸軍測量部の担当役人が仕事で剣に初めて登るというのですが山の躍動感などが皆無で、初登頂を争そった日本山岳会の記述の
頃では呆れてこの作家の評価に対する疑問も沸いてきました。
同じ初登頂でもモーリス・エルゾーグの鬼気迫る作品とは比べるべくもないといった感じです。

さて、色々けちを付けてまいりましたが「面白ないぞう!早く引っ込め!」
との声もなく御静読頂きましてありがとうございました。

山へも行けず、ネットで憂さ晴らしをしているかわいそうなおじさんでした。
ありがとうございます。



8月7日 集会

集会の前に王子でボルダー、数少ない(嫁さん公認)練習日なので外せません。

今日も4級位まで何とか登れましたが、こんな練習頻度で上達するんでしょうか、自分でもわかりません(泣)

少し遅れて隣の部屋でやってる集会へ行くと、O西さん、S藤さん、新人のA木君、M浦君の4名のみ。
と、思っていたら、あとから続々とH田さん、H木さん、S川さん、T橋君、I東君、と続き、久々のI井さんまで来られ、気づけば11人になってました。


夏山の計画について、皆の話を聞いてると羨ましいですな。身動き取れない分、妄想で楽しんでます。(剱行きたいな~)

怪我のないよう、気を付けて行ってきてください!


M田





山ピザ

山で食べるご飯は心底おいしい。

「なぜ山に登るのか」
と眉間にシワを寄せて自問自答をするフリをして
実は、
「今日の山ご飯はどんな美味しいものが待ってるのかしら」
と、本当は食いしん坊心満載。
KAC料理長です

さて、山を降りても
その心を満たす研究に余念がありません。

「山で簡単に美味しく食す、ピザの研究」

で論文が書けそうな程
熟考、試作をしました。


軽量化、時間短縮を考えた、
名付けて
『山ピザ!』の黄金レシピが今ここに完成致しました。
是非おためしあれ!!

201007031221000

フライパンでも美味しいピザを目指す


201007031238000

玉ねぎ・ウインナー・チーズで
スタンダード山ピザの完成



材料(4人分)
強力粉           計量カップ250ml分
ドライイースト       2.5g
塩              1つまみ
砂糖             小さじ2
サラダ油          大さじ2/3
45度くらいのぬるま湯  80ml

材料をこねて、丸めて、平らに伸ばして、トッピングして
焼くだけ!
発酵のベンチタイムが一切なしの
なんとお手軽レシピです

~お勧めトッピング~
伸ばした生地に
岩ノリ(のりのつくだに)を全体にのばす
スライスした玉ねぎ、ベーコンを適量ならべ、
マヨネーズをかけてその上にチーズをのせましょう!

お酒のつまみにもGOODの和風山ピザの出来上がりです。

いいでしょ、いいでしょう!

山と食とは切っても切れないものである。
ぐう(お腹、ぐぅぅー)の根も出ないほど美味しい山食を目指して。







いぬきち



 






8月1日 保塁岩


山岳会で保塁に行くというので、昼過ぎには帰るからと嫁さんにお願いし、久々にサラマンでも登ろうと楽しみにしていました。

が…


保塁岩01



※ちびっこハング
  byT橋&U都ペア

続きを読む

読書感想文

坂本龍馬のブームには抗いきれず、ついに司馬遼太郎大先生の 「竜馬がいく」全8冊を読んでしまいました。 (実際にはまだ2,3巻は未ですが) 内容としては惚れ惚れとするような青春幕末時代劇で、 しかも司馬遼の筆が冴え過ぎていてあたかも龍馬を見てきたような 錯覚を読者に与えます。現在の龍馬ブームもおそらくはすべてこの本が 土台になっているのではと思われます。 しかし、私は考えました。 「確かにこの本の中で司馬遼は龍馬や西郷隆盛、勝海舟等に会ってきた ように生き生きと描ききっているが、どこまで真実でどこまで作家の創り出した虚構の世界なんだ?」 「巷に溢れる龍馬ファンも実はこの作家が書いた虚構の竜馬に対して憧れを抱いているだけじゃないのか」と 何はともあれ、綺羅星のごとく人材が輝きを放った幕末の維新の時代に 思いを馳せ、平成の安泰の時代に家族のために汗水たらして働くお父さんは どう位置づければ自分で納得いくのだろうという疑問を感じる夏の日の午後 でした。 すみません、登山と関係ない話で。                           図書委員 T 

ああ3連休

梅雨も明け、真夏日になりましたね。
我が家の3連休はどうだったかというと・・・


7月17日(土)
昼頃、会社からのメール、電話対応に追われ、気が付けば夕方…。
何もしないのは勿体ないので登山研修所の猿山で一人ロープワークの復習の後、王子のジムでボルダーを1時間ほど。

以前の保持力は全くなく、4級登るのがやっと。
ぼちぼち鍛え直さないとダメですね。

続きを読む

呆れた投票行動

先日、参議院選挙が行われましたが選挙制度の複雑さは
何とかしないといけませんね。
私の知っている女性などは、「色々な政党がごちゃごちゃ有りすぎて
よく分からないので一番下にあった”幸福なんとか”にしといた」
と言っておりました。たしかに名前だけ見るとなんとなく幸福な感じが
しないでもないですが政策の中身も見ずに安易に投票するその
危険性がご本人には判っていたのかいないのか・・・
ちなみにそのよく知っている女性はいつも家でご飯を作ってくれます
(溜息)
いつか、「登山党」を作って、1億皆山に登る義務を憲法によって課す、
というのはどうでしょうか
                          政治部担当 
 

読書感想文

読書感想文 松本清澄「ゼロの焦点」を読んで

登山には関係のない本ですがこの間ふらっと山へ行ったら
雨だったので結局麓で車の中、3時間位かけて読みました。
「点と線」に続けて2作目ですが単なる推理小説ではなく
その時代の社会問題なども絡めた表現は約50年前に
書かれた作品とは思えないようなスリリングなものでした。
結末は「点と線」の方が切れ味がよかったような気がしますが
なぜ、「ゼロ」の「焦点」がタイトルなのかは最後まで読めば
分かる様な気がします。どちらも女性が結末を握るのですが
世に恐ろしいのは・・という清澄氏の人と才能があの鱈子唇と
ともに想像されて改めてこの作家の偉大さと作品の不朽性に
感動を覚えました。
しかし、また2時間半かけて帰る車の中で、なんでガソリン代を
使ってこんな山奥まで本を読みに来たのだろうという素朴な
疑問を感じました。
いつか時間ができたら今度は文庫本を5,6冊担ぎ上げて
穂高の山小屋でゆったりと景色を見ながら読書にふける
という旅をしてみたいものです。

                         読書委員 T

ファミリー登山 【金剛山丸滝谷】

降水確率が低かったので、家族で沢歩きをしてきました。

金剛山丸滝谷

丸滝谷は自然林が多く残された明るい沢で、子供連れで半日コースながら、それなりに楽しめます。 

さんぺー 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

kobe_alpine

  • ライブドアブログ