中央アルプス 南木曽山

中央アルプス 南木曽山(なぎそやま)     平成29年10月27日ー28日

                          Y村、T内、T(記)

  金曜夜発で念願の(?)安平路山に行く予定だったが、先週土日の21号に続き、今週土日にも律儀にも台風22号が日本列島を縦断してくれそうな気圧配置だ。予報を聞いても大雨なのか曇りなのか気象予報士さえ判断できないような台風君のおかげで山に行く判断も付きかねる。

 とりあえず出発してラジオの天気予報を注聴するがどうも日曜日が一番荒れそうなので、安平路に登るには林道を最奥部まで車で詰めなければならず、途中で山崩れでもあれば万事休すだ。
登山道に限れば別に問題はないが)

 協議の結果、手前にある南木曽山ならば登山口と頂上にも避難小屋があり、林道も短いので300名山でもあるし、こちらに変更しようということになる。しかし携帯は圏外で変更の連絡はつかなかった。夜中の1時過ぎ、登山口に到着。まだ雨は降っていないのでテントでも良かったがせっかく快適な小屋もあるので使わせて頂く。朝までに数台の車が来たようだが、皆台風接近の予報のためか帰ってしまった。我々は土砂降りでも行く。槍が降ったら中止だが。
DSCF1371DSCF1374DSCF1383DSCF1387





 しかし朝、目が覚めると結構雨が降っていた。くじけそうになるが、合羽を着こんで出発する。雨は降ったりやんだりの連続で訳のわからん天気だ。

 コース図では山頂まで4時間くらいなのでそう焦らずに登る。この山は珍しく入山と下山が周回コースで一方通行に決められており、時計回りに歩くことになっている。何故そうなっているかは周回してみて何となく分かった。登りも下りも木製の梯子場が多く、これをすれ違うにはかなり時間のロスが発生するのでそれを避けるためだろう。結局山で出会ったのは昨日に頂上避難小屋で泊まって下りてきた夫婦2名のみだった。
 水場は金名水というのが下の方にあるだけなので、各自2Lを余分に担ぎ上げる。何回か休憩を挟み、約4時間半で山頂避難小屋に到着。いつになっても小屋が目の前に現れた時はホッとするというかなんとも安堵した気持ちになる。そこで鍵でもかかっていたら、雨の中ツエルトで3人固まって震えながら一晩過ごすことになるので天国と地獄の差だ。
DSCF1400DSCF1403
変なポーズを決めるY係長


 

さて、小屋の中は広くテントなら4つは張れそうだ。暫くしても他のパーティも来ないので、貸し切りとなる。あとはもう酒を飲むしかやることがない。これは至福の時間だ。甘酒の日本酒割り、焼きアナゴ入り熱燗、リンゴ、何を食べたか思い出せないくらいで最後に牛すき焼きとなったがもうお腹も満腹といったところだ。カロリーオーバーで血糖値が怖い。

 18時おやすみ。あーよく寝たと目が覚めたら22時だった。

 一晩中悪夢にうなされながら次に目覚めるとすでに朝食のラーメンの準備をしてくれている。うーんこれは楽ちん。ワシは食べるのが仕事だ。今まで、テントで雑用係として水を作っていたのが嘘のようだ。朝からビールを胃に流し込み、ほろ酔い気分で下山を開始する。(マネしないように)
DSCF1413DSCF1417DSCF1433

雨の階段下りは大変
おっととっと

 しかし台風のせいかやや風がきつい。昨夜はラジオを聴きながら寝たが、ヤナーチェクの弦楽四重奏だけが感動できた。山ではクラシックに限る。それも器楽独奏曲よりも四重奏やオーケストラがよい。なぜかと考えてみたが、山々にある木や葉、風や太陽、雨や鳥や星や虫や動物達の色々な単体が組み合わされて自然ができている。そこに流れるのはアコースティックな弦楽曲だ。スメタナ、ドボルザーク、チャイコフスキー、シベリウス、コダーイ、ヤナーチェク、フォーレ、サン・サーンス、シューマン、シューベルト、・・挙げだしたらきりがない。しかしラジオから流れるのはポップな電気音楽と雑談程度のディスクジョッキーばかりでうんざりする。 (閑話休題)

 さて、棒ラーメンもおいしく頂き、雨の中意を決して下山を開始する。予定行動時間は3時間半。下りは延々と木製の梯子が続き、踏み外して大けがをしないように慎重に下りる。11時、最後に男滝と女滝を鑑賞して無事誰もいない駐車場に到着。本降りの雨の中、小屋がなければ荷物の整理も大変だが、有り難い避難小屋の中でゆっくりと荷物整理をする。岐阜県さん、有難う。途中、しなびた温泉を発見し入湯。弱アルカリ性のさわやかなお湯だった。やや狭いが、檜風呂もよかった。帰りは本格的に台風がやってきて、土砂降りの雨の高速を慎重に運転して神戸まで戻る。途中事故現場遭遇。

 参加の皆さん、お疲れ様でした。天気の悪い時は本当に山小屋はあり難いですね。それにしても毎月毎週雨ばっかり。うんざりです。しかも翌日から晴天続き。なんじゃこら。。。(完)

 

 

2017年10月7-9日 前穂高岳北尾根

2017106日、メンバー、T口、M田、M()

いよいよ出発の日、夜自宅に集まり1台で長野県へ、土砂降りの雨に不安を覚えつつも、大きな期待感も同居しており、なかなか複雑な心境だ。

去る一月前、10月の3連休を使って、前穂高北尾根へ行こうという計画が持ち上がった。まだ入会して日は浅く、山行へ参加していない身だが、その魅力的な提案に飛びつき、参加を表明した。当初経験豊富な先輩を含む6人で行く予定だったが、都合が悪くなり、計画が中止となった。しかし残った初心者3人は諦めきれずに、北尾根の計画を推進することにした。3人とも穂高は初めてで周りから不安の声もあったが、事前に情報を集める、雪彦山でマルチピッチの練習をするなど準備を行い、挑戦することになった。

 

107()

未明に平湯のあかんだな駐車場へ到着、やはり三連休ということで、3時半開門の駐車場には20台ほどの車の列が出来ており、最後尾で仮眠とするも後からどんどん列は伸びていった。4時頃、周りの車が慌ただしく動き始め、熟睡している何台かを追い抜いて、バス停の近くに駐車できた。装備を整え荷物を背負うとズシッと重く、先行きの不安が強まってくる。バスは臨時便もあり早めに上高地へ到着、トイレを済ましレインウェアを羽織って、いざ出発。T口さんは上高地に幼い頃に来た以来で、M田君は上高地初めてとのことなので、お猿だらけの河童橋を渡って、風景の綺麗な自然探索路を通っていくことに、三連休の上高地とは思えないくらい人が少なく、重荷に体を慣らすには丁度良い。



グラフィックス1rs








(上高地は猿だらけ)


  グラフィックス2rs          









(静かな自然探索路) 



 新村橋を渡ると、雨も弱くなったのでレインウェアを脱ぎ、奥又白谷登山口から進んで行くと、徐々に斜度が上がり始める。涸沢方向への分岐を奥又方向へ進むと、松高ルンゼと中畠新道の選択を迫られる。松高ルンゼは厳しそうなので、右の尾根に向かうと入り口にレリーフがあり、かなりの斜度で手と足を使って登って行く。

グラフィックス3








(真ん中がルンゼ、右側の尾根に進む) 

グラフィックス4








(入り口のレリーフ)

それにしても背中が重い、重すぎる。高度があがるほど息切れも激しく、休み休み登っていくと、踏み跡が大きく左へ曲がる所で、翌日のコルへ行く分岐を発見。そのまま進むと尾根を越えた瞬間目の前に池が現れる。非常にドラマティックでここが天空の別天地、奥又白池かと感慨にふける。見えるテントは2張、池の奥の小山の近くに広めの場所があり、4人用テントを広げる。雨が強くなってきたので、翌日の偵察は諦め、相当早めの晩ご飯にする。暖めたおでんがうまく、残った汁にご飯を入れるとこれまたご馳走に、歩く時は重い荷物のビールに感謝しつつ、寝不足なので早々にシュラフに入るとまどろんで行った。

 

108()

3時過ぎに起床、雨は完全に止み睡眠も十分、4時過ぎにヘッドライトを付けて出発。分岐を越えたところで、湿った岩に足を取られて転倒してしまった。傾斜がゆるめの所なので大事には至らなかったが右腰を岩に打ち、痛みと共に進むことになってしまった。気を引き締めよう。谷には雪は無く、浮き石だらけのガレ場を進むと、途中のケルンを最後に目印が無くなった。5.6のコルへの道は尾根を登って行く道なので、前方の尾根に目星を付けて、踏み跡を進む。しかし、途中から非常に厳しいクライミングで行き詰まってしまい、道を間違えた事に気付く。やや明るくなってきて、先の尾根に踏み跡っぽい物を見つけ、トラバースするか悩んだが、懸垂下降で谷まで戻る事にした。すると後発のパーティーが谷を歩いているのが見え、我々より大分下の方向へ歩いて行く、懸垂を急いで谷に戻り、下るとペンキの丸マークが一杯あった。


グラフィックス5










(正しいルートには丸ペンキ)   

グラフィックス6








(取り付きの丸を見つけて進む)

バリエーションルートは目印は無く、地形と踏み跡を見て進むという先入観と下調べ不足が失敗のもとであった。そこから正規ルートを登ると、まもなく先ほどのパーティーに追いつく、我々は5峰の尾根に登っていたようで、驚いたとのこと、北尾根からA沢を降りると告げると、「A沢は登るより降りる方が危ないから気をつけろ」との助言を頂き、更に気が引き締まる。5.6のコルへは8時着で予定より遅いが、景色の美しさに感動。


グラフィックス7








      (コルからの眺めが素晴らしい)


グラフィックス8








    (涸沢はテントだらけ)


グラフィックス9








(草付き5峰)

 

グラフィックス10








(浮き浮き
4峰)

いよいよ北尾根に向かう。5峰はのんびりだが4峰は岩が抜けやすく浮き石も多い。ルートファインディングが難しく、石が動かないか確かめながら怖々進むと、3峰に数パーティー取りついているのが見える。3峰の下に着き、広島から来たパーティーと話していると、「さらに前のパーティーには岩登り未経験者がいる。既に1時間半以上待っており、涸沢に下るのを諦めて、奥穂高の山荘に泊まろうかと考えている」とのこと、また我々の行程を話すと「夜のA沢下降は危ないから、ビバークした方が良いのではないか。」との助言を頂き既視感を覚えると共に、前穂高山頂14時をレッドラインに定めた。先行パーティーが進み、2ピッチ登ると、出発前にO島さんから頂いた助言を思い出し、ロープをまとめて涸沢側を回ると先行パーティーを追い抜いてトップに出た。2峰を懸垂で降りると、前穂高山頂に到着。


グラフィックス11














 (岩登り3峰)     


グラフィックス12













(前穂高山頂)

山頂にいた登山者に「どこから登って来たのか」と驚かれた。また、先行していた未経験者を連れたパーティーのリーダーが「渋滞起こして申し訳無い」と話してきて、聞くところによると「前日涸沢で懸垂下降の練習をした」とのこと。初心者3人の我々も我々だが、なんともすごい話だ。広い山頂で景色を楽しみ、写真を撮っていると、タイムリミットが近付いてくるので高度計を調整し、明神方向へ降り始める。三本槍がどれのことか良く分からなかったが、左方向を注意しながら降りていくと、3000m付近でピナクルに赤テープを発見、そのまま進むと懸垂支点も発見。



グラフィックス13
















(下の方に赤テープ)

グラフィックス14











                 (奥が懸垂支点)


次の懸垂支点が分からないので、60m50mのロープを結び、とりあえずA沢を降りてみることに、すると30mほどで次の懸垂支点を発見。しかし、岩にかけたダブルロープが、どれだけ引っ張っても動かない。3人がかりで力をかけたが、それでも動かない。時間もどんどん進み、焦り始める。結局、M田君が登り返し、ひっかかりを外し、歩いて降りてきた。自然の岩のエッジがきついのか、今後の対策を考える必要があるが、何より下降を急ぐ。ダブルロープはさばきづらいので、シングルに変更し、懸垂下降を続ける。25m一杯のあたりに次々懸垂支点があり、4回ほど懸垂したところで、踏み換え点へ到着。このあたりで大分暗くなり、ヘッドライトを装備する。傾斜が緩やかになると歩けるので、懸垂して降りたら歩けると思い2回懸垂、もう暗くて次の懸垂支点が見つけられない。谷はガレてて、一歩毎に岩が崩れる。ビバークするか強行するか悩んだ末、T口さんが下方に奥又白池のテントの明かりを発見し人の声がしたので、改めて地形図を確認、地形と奥又白池の方向、方角を確認したら間違いない。谷はガレてるが、草も付き始め歩けなくはなさそうな傾斜、何より水が残り少ない事から、強行を決断、お互いの落石に注意しながら下ると谷の左側にしっかりした踏み跡を発見、注意しながらも安堵し、踏み跡を下ると、突然目の前にテントが現れた。8時到着なので、行動時間ゆうに16時間を要してしまった。乾いた喉を水で潤し、人心地ついたところで食べた麻婆春雨とご飯、行動食の残りの柿ピー、虎の子のビールがうまくないはずが無い。周りのテントが就寝してるので、静かに無事を喜び、あたたかいシュラフに潜り込んだ。

 

109()

5時に目覚め、テントを出るとまた素晴らしい快晴。朝日の当たる前穂を見ると、昨日下ってきた中又白谷が見え、あんなところを下ってきたのかと驚く。


グラフィックス15








(今日も快晴)

グラフィックス16








      (逆さ穂高)

天気が良いので、荷物をまとめ、外の石のテーブルで朝食のラーメンを作る。温かくて塩分と炭水化物をとれるラーメンに餅を追加して、万全の朝食を頬張る。多少テントを乾かし、7時過ぎに撤収。荷物を担ぐとやはり重く、二日目に打った腰にベルトが当たり痛い。初日より軽いハズだがあまり実感が湧かない。しかし下りなので、ペースは全然速い。所々危ないので、注意しながらも、あっという間に下ってきた。徳沢でカレーの臭いに誘惑されつつ、ソフトクリームと前穂高のバッチをゲットするとバッチのデザインはなんと北尾根。大勢の登山者を見て、晴れた10月の三連休の力を思い知らされると共に、バス待ちに危機を感じて上高地へ急ぐ。バス待ちは長蛇の列だったが、下山報告しながら待っていると、次々バスが来てそう待たずに駐車場へ到着。平湯のバスターミナルの温泉で三日分の汚れを落とし、バスに置き忘れたM田君の財布を回収し、飛騨牛の鉄板焼きを食べて帰神。高速は多少渋滞していたが、許容範囲。非常に天気に恵まれて、紅葉に染まる美しい山々を眺め、楽しい思いと共に反省点も多く、色々勉強になった山行であった。

 

読書感想文

沈黙の山嶺」  第一次世界大戦とマロリーのエベレスト

                                                                                                                
                                       岡島

養生中に読んでいた山の本の感想、と言うか、あらすじの紹介です。

 

エベレストに初登頂したのはヒラリーとテンジンということはご存知でしょう。しかし、それ以前からエベレストへの挑戦は行われていました。1924年にマロリーとアーヴィンが頂上に向かったまま行方不明になってしまったのですが、本当は初登頂していたかもしれないという話です。また、「何故山に登るか?」とのしつこい質問に対して、マロリーが“Becouse it‘s there.”と返答した話も有名です。

 この「沈黙の山嶺」は単にマロリーのエベレスト登山記ではなく、19世紀末から第一次世界大戦、大戦後の1920年代にかけての大英帝国、インド、チベット、清朝、ドイツ帝国、ロシア帝国などの文明の衝突まっただ中の世界史の大変換期の中で、エベレストを舞台にした世界最高峰の初登頂に挑むアルピニスト達の実録です。

 前半は殆ど第一次世界大戦の西部戦線の話です。と言うのは、1920年台の登山家の殆どは戦争の生き残りなのです。当時のヒマラヤ遠征隊とは、国家のミッションを受けた戦闘部隊のような組織でした。

 

 

 主人公のマロリーは1921年4月8日にマルセイユを汽船で出発し、キャラバンの出発点となるダージリンに5月11日に着いています。そしてエベレストの登山口ともいうべきロンブク氷河のベースキャンプを見つけたのが6月の終わりです。やっと、そこから登頂可能なルートを探し始めます。そして北東稜のノース・コルに至ったのが9月20日過ぎでした。今でこそ、エベレストの登頂時期はプレモンスーンの5月後半がアタック・ラッシュというのは常識で、天気予報で登頂日を決める時代ですが、当時は気象条件も殆ど未知だったのです。

ここまでが第1回目の遠征です。登頂可能なルート探しが目的でした。またチベット側は地図の空白地帯なので三角測量による地図作成も重要な目的でした。

 
 翌年の1922年、早くも第二次遠征隊が送り込まれます。この時に最も高い高度まで達した隊員がフィンチという技術者で、酸素ボンベの装備係りでした。
フィンチは、登山の素人の軍人、ブルースと二人で8321メートルまで達しました。5月26日でした。帰路は夜になりルートを見失う危険に遭遇しますが生還しました。

 更に、マロリーの頂上への執念は強く、第3次アタックが計画されます。酸素の有効性を痛感した彼は、酸素ボンベと高所キャンプを担ぎ上げるためのポーター14人を伴って、再びノース・コルを目指します。しかしコルへ上がる斜面が雪崩れて7人のシェルパが死亡するアクシデントが起こります。これで第二次遠征隊は幕引きとなります。

 
 第三次遠征隊は1924年。途中は割愛してマロリーの最期の状況だけ。最終キャンプのC6を出発したマロリーとアーヴィンが頂上ピラミッドの基部を登っていく様子を、キャンプ5にいたサポートメンバーのオデルが確認しています。6月8日の12時50分。これが彼らの最期に目撃された彼らの姿でした。

 

 この本の最終章は現代に飛びます。かつてのチベット側からのルートは、中国隊の独壇場となっています。ロンブク氷河の入口までジープで入れるそうです。

 「昔の登山姿の遺体が北東稜に転がっていた。」との情報が、中国の登山家から報告がありました。積雪の非常に少ない年で、鋲靴にゲートルの格好をした遺体が雪面から出ていました。戦前の登山者です。そこからマロリーの遺体の捜索が始まります。頂上アタックに向かったときマロリーはコダックのポケットカメラを持って行ったことが判っています。もし彼らが頂上に達していればそのフィルムが残っているかもしれません。








比良 八池谷 

比良 八池谷                                                                 平成29年9月24日
                                                                           前田 山村 橘(記) 

  あまりパッとしない谷名だが、色々調べてみると日本でも有数の秀渓であるらしいことがわかり、
期待してガリバー旅行村へと車を走らす。登山者用の駐車場に車を停めさせて頂き、少しアルコール
を注入してから眠りにつく。Yさんは明日に備えてか宴会にも参加せずに早々と寝ていた。
 翌6時過ぎ起床。天気は快晴で、これなら沢に入れそうだと期待する。暫く林道を歩いてから魚止
の滝を目指して沢に下りる。 いきなり秀麗な滝が現れるが、心の準備も出来てないので巻かせて頂く。
 その後もいくつも綺麗で均整のとれた美しい滝が現れるので極力沢沿いに登る。よく見ると左右に
整備された巻き道も垣間見れるのでここは度胸を決めてゴルジュに入らねば、山の男がすたる。
 さて、美しい滝を越えていくとあっけなく大擂鉢に来た。ここも風景がよく、一幅の絵の中にいる
ようだ。しかしやや人工物が多く、やたらと鎖や鉄のステップ、緑の残置ロープなどが出てくる。
 それはそれであると安心ではあるが・・。ロープは50mを持参したが、小滝の乗越ではやや長すぎて
持て余した。特にロープワークに慣れていないと、出すたびにスパゲティが絡まるので解すのにも
時間がかかる。最後に貴船の滝が現れ、そこは圧巻の風景だった。そこを左の梯子で越えると次第に
両側に走っていた登山道も消え、滝を登るか、高巻きするかしかなくなる。次々に現れる6~8m位の
滝の乗越が非常に楽しい。直登を諦めて高巻くと上へ上へと追いやられ、遂には踏み跡も無くなる、
ということが2,3度有って懸垂などして基部に戻り、よーく観察してみると弱点が見えそこを登ると
意外とするりと抜けられる。だが、落ちたら大けがの高さなのでロープと支点用のカム・ナッツ類、
大スリング等は必携だ。そのうちに午後3時を過ぎ、この調子では釣瓶岳どころではなく、早く広谷へ
到達し、一般登山道を歩いて戻ろうということでペースを上げる。午後3時半、広谷着。栄養補給を
して、約1時間半でガリバー旅行村の駐車場に戻る。下山が楽な沢は有り難い。大峰ならもう少し
必死で歩かねばならないだろう。さて、下山は楽だったが、帰りの湖西道路がよく混み、結局温泉にも
入れずに神戸まで戻ることとなった。めでたしめでたし。
                                                        (完)

2017.8.19 神崎川本流

2017.8.19 神崎川本流 メンバーI(記)


今年も猛暑・・・涼を求めて泳ぎ主体の沢を計画する。
DSCN4613 





8月19日(土)

友人が怪我で直前キャンセルとなり、結局、単独となってしまう。

神崎橋横のゲートから取り付きの取水堰堤降り口まで林道を黙々と約50分歩く。大きいヘアピンカーブを越えた辺りの看板が目印だ。登攀具を着けて沢まで下り、取水堰堤付近から入渓する。

絶好の沢日和だが、意外にも水量が多く冷たい。水は頗る綺麗だ。
DSCN4578





最初の瀑流は左岸を越えるが、足の短い自分⁉にとっては最後の一歩が出ず、思いのほか手こずる。
DSCN4581DSCN4659





続くS字小滝は右岸水際を進み、滝を越えて左岸を登る。冷水に身体が固まる。
DSCN4583DSCN4584




白色の巨岩(花崗岩?)が多いので、暗い沢特有の陰鬱さはなく、総じて明るい。
DSCN4657





出口の長淵を泳ぎ渡るとツメカリ谷が左から合流する。
DSCN4589DSCN4652





ここから暫く明るく開放的な河原(ゴーロ帯)を、朝日を浴びながら、ゆっくり遡る。
DSCN4649





途中、岩陰にスズメバチの巣があるので要注意。

白滝谷付近で登山道と荷揚げ用?ケーブルが河原を横切る。

これを越えると沢は狭まり、核心の30メートル長瀞。平泳ぎで進むが、葛川本流の泳ぎに比べれば可愛いものだ。
DSCN4600DSCN4601





連続する小滝を越えて行き、屈曲した瀞を泳ぎ進むと、天狗滝に到着。
DSCN4610DSCN4634DSCN4615





ここの釜は大きく深い。轟音を立てて滝が流れ落ちている。

何度か接近を試みるも、水流ではじき返されるので、諦めて右岸を巻き越える。

ロープが垂れ下がっているが、結構、高度感があり、急である。

少し進むと短い淵があるが、最後に急流があり、必死に泳がされる(笑)
DSCN4619





続いて2メートル斜瀑の淵。右岸沿いを泳いで滝に取り付くが、あと一歩のところで跳ね返される。
DSCN4623





ここも諦めて右岸の岩の隙間を登って越える。

再び淵(砂利に埋まった七丈淵)を少しの泳ぎで越えると、沢は再び広がりゴーロ帯となる。
DSCN4625DSCN4630





ここがヒロ沢出合であったのだが、気付かず少し行き過ぎてしまう。

戻ってヒロ沢出合で、ゆっくりと昼食を食べる。

珈琲を飲んで一服した後、登ってきた沢を歩いたり、浮いたり、泳いだりして下る。

途中、数パーティーの沢ヤさんと、ツアー客、ライジャケを来た子供達の飛び込み大会等に遭遇する。

人気の沢ということを実感する。

帰りは、開放的な河原の石の上で、ゴロゴロしながら日光浴し、冷えた身体を温める。贅沢な時間だ。

気を取り直して、のんびりと沢を下り、取水堰堤付近から林道に上がる。

長い林道歩いてゲートに戻ると、早朝の静寂が嘘のように、神崎橋付近は多くの家族連れキャンパーとその車で賑わっていた。

 

神崎川本流、明るく開放的で楽しく遊べる沢でした。入渓者、ツアー客も多く、また登攀要素も少ないので、どちらかというと初心者向けの沢という印象。足並みの揃ったパーティーなら登攀具も必要ないかも。
泳ぎの沢と思って行ったのだが、去年の葛川本流の泳ぎが凄すぎて若干の拍子抜け。スズメバチには要注意。多いと聞いていたヤマビルには幸い遭遇しませんでした。


ゲート0730~0830取水堰堤付近~0935ツメカリ谷出合~1030白滝谷出合~1100天狗滝~1150ヒロ沢出合13101540取水堰堤付近~1645ゲート

 

クライミングと哲学

クライミングと哲学

 

肋骨が折れてしまったので、あまり動かずに本を読んでいます。生命科学を哲学的にアプローチした新刊書を読んでいて、ほとんど理解できなかったのですが、クライミングのことが記載されていたので紹介します。それと私の解釈です。

 

「我々は少しの思想も交えず、主客未分の状態に注意を転じて行くことができるのである。

例えば、一生懸命に断崖を攀る場合の如き、音楽家が熟練した曲を奏する時の如き、全く知覚の連続といってよい。・・・・・・・・・・

これらの精神現象においては、知覚が厳密な統一と連絡とを保ち、意識が一より多に転ずるも、注意は始終物に向けられ、前の作用が自ら後者を惹起しその間に思惟を入れるべき少しの亀裂もない。・・・・・・・・ 」      西田幾多郎「善の研究」より

 

クライミングや音楽演奏は、思想・思考・理屈を働かせず、主観と客観も無い状態で、自然をありのまま見つめる行為である、との解釈です。「真のリアリティそれ自体が自然の中に在る」、言いかえれば、自然の「真の実在」を直感すること、それを「純粋経験」と呼びます。何の迷いもなくムーブできるクライミングの境地でしょうか。

今西錦司の言葉も出てきます。「向こうに山が見える。その山の頂上に登ったら、また向こうに高い山が見えた。だから、また次々と山に登り続ける。」

      2017.8.20 岡島

比良 奥の深谷

比良 奥の深谷         平成29年7月30日(日)

                   山吉 山村 橘(記)

 

 突然の事情で前回中止になった奥の深谷へ、梅雨明け10日を

期待して行くことにする。しかしまたしても曇天だ。どうなっているのか。

前夜発2名、現地集合1名で、未明の雷雨の後、朝8時目出度く出発する。

 林道を小一時間ほど歩き、入渓ポイントに到着し、沢に入る。
DSCF1348DSCF1346
DSCF1345




DSCF1352DSCF1335


 結構人の入っている沢なので踏み跡は明瞭だが、滝の直登には
技術が要求される。技術も体力も最近とみに落ちてきているので

出てくる滝は合掌して拝んでから巻かせて頂く。滝は登らなくても

マイナスイオンを浴びて涼むだけで十分だ。(負け惜しみか?)

 総じて出てくる滝はどれも均整がとれて美しい。未明の雷雨のためか

やや水量が多い。そのことも巻きが多かった理由かも。(言い訳か?)
DSCF1361DSCF1362DSCF1363





 巻けない滝ではロープを出す。私は今朝から異様に眠たく、

遡行中も生あくびの連発で、真っすぐに立つことさえ精一杯な感じだ。

なぜこうも眠たいのかと考えるが、やはり原因は過労しか考えられない。
 盆も正月もGWもなく、土曜日は平日の2倍の仕事量で、その疲れの
まま山に来ている。これは危ない

 さて今回、滝の直登は避けたため、意外と高巻きにてこずる。

 変な斜面を高巻き過ぎて緊張したりしながら、また水流に戻ったりする。

 天気はずうっと曇りで。まだ梅雨が続いているような感じだ。

 途中山吉さんが釣竿を出すがミミズをかじられるだけで終わった。

 魚もすれているようだ。眠気と闘いながら微妙な滝を越え、

ようやく見覚えのある登山道合流地点に到着する。(14時)

 今回は多めにロープで確保したのでやや時間がかかったが、

眠たくていつスリップするか自分でもわからないのでこれで良かった。

 後は色々なキノコを愛でながら、一般道を約1.5時間で駐車場に戻った。
DSCF1367DSCF1366DSCF1365




 やはり夏秋の山にはキノコ図鑑があれば楽しみも倍増する。次回は持って

来よう。家に帰ってもまだ眠いので沢道具を片づけて急いで寝る。

 あーしんどかった。山吉さん、山村さん、お疲れ様でした!!

 

 NOTES:

比良の沢は滝また滝の連続で休む暇がない。大峰や台高に比べると

癒し系の沢はあまりないようだ。近いのは良いが。。

沢のお土産には蛭1匹。

 

台高 黒倉又谷

台高 黒倉又谷          2017年7月23日

                 満寿居 平井 橘(記)

 

 久しぶりに台高 黒倉又谷に行くことにする。前回行ったときのことは
完全に忘れている。情報では、下山路が迷いやすいということだった。

 土曜日の仕事を12時間労働で片づけ、大急ぎで家に帰って飯を食べて

少し仮眠して、伊丹の自宅を出発。3時間ちょっとで本沢川の取り付きに

到着。しかし途中の分岐で間違い三の公川林道に迷い込み、30分ほど

時間をロスする。筏場駐車場には先客パーティの車が停まっていたが、

1時間ほど宴会をさせてもらう。今にも瞼が閉じそうだったが酒の勢いで

なんとかもった。

 翌6時起床、7時出発。装備を支度して、黒倉又谷の取り付きを目指して

山道を小一時間ほど歩く。入渓するといきなりの泳ぎだ。まだ心も身体も

準備できていない。しかし巻きもないので仕方なく泳いで3m、2mの滝を

ずるずるとずり上がる。先行2名はすんなりと越えていったが私は身体が

重いのか調子が出ないのか、2mの小滝の乗越に非常に手間取る。
DSCF1319

 やっとずり上がって先行2名に追いつくと、行く手に8m斜瀑が立ちふさがる。

DSCF1335
  見た感じ微妙で、前回の記憶もないが、とりあえず登ろうということで

ロープを付けて平井君にリードを託すが、あえなくドボン。これは無理だと
いうことで、次の一手を考えるが、微妙なスタンスで登ってきた3m、2mを

クライムダウンは無理そうなのでショルダーを使って右岸に巻き道を求める。

 すると右岸には明瞭な巻き道があった。それを使ってしょっぱなにあった

連瀑帯は全部まとめて乗越す。釜は深く、大物が潜んでそうだ。
DSCF1321DSCF1322DSCF1323DSCF1323DSCF1324DSCF1325







暫くするとナメ床が現れ、天気が良いと快DSCF1326DSCF1327DSCF1329DSCF1331DSCF1333適そうだが生憎本日は曇天で

たまにお天道様が顔
を出す程度なのでそれほどの感動はない。やがて5m

斜瀑が現れ、登れそうにないのであっさり右岸を巻き、あとは適当に現れて

くる中小の美しい滝を愛でながら、早く植林小屋は現れないかと期待しながら

うんざりする(?)ほどの滝を越えていく。出発から5時間ほどの12時に

ようやっと植林小屋が現れて、早速遡行を打ち切って飯にする。と、ヤニワに

雨がぽつぽつと降りだし直に本降りとなった。やれやれ、幸いボロボロの

小屋があるのでそちらに避難して雨宿りとする。13時、下山開始。下山は

うまくルートを拾えるよう、各自地形図やGPSなどを準備する。M君は

文明の利器、H君はH大山岳部で鍛えられたコンパスと地形図による現在地

把握で、私は第六感による下山とする。H君の読図力もなかなか素晴らしい。

 文明の利器を使わなくてもほぼ正確に現在地が把握できるのには驚いた。

H海道の沢はもっと深いらしい。途中の植林道に少し迷ったがなんとかうまい
具合に踏み跡を拾い、筏場と黒倉又谷の中間あたりの山道に下り着いた。

駐車場着14時30分。入之波温泉で汗を流し、柿の葉寿司を手土産に

神戸へと家路を急いだ。

 

 NOTES:

 取り付き早々の厭らしい滝が今回のメインだ。朝一で水泳となるので

 ラジオ体操などをして身体を慣らしたい。途中はほとんど高巻きも

 なく、美しい滝を愛でながら遡行することができる。下山路は、途中の

 枝尾根を拾うあたりでテープ等の道案内が途切れてしまうので、そこか

 らは少し迷わされた。

 

西穂高岳 北西尾根 その2

西穂高岳 北西尾根               2017年5月7日ー8日
                                I瀬、T (記)


 南岳西尾根を2泊3日で縦走する予定だったが、私の連休前の詰め込み
過重労働による体調不良のため、代案として1泊2日で西穂高の北西尾根に
変更する。現代はネットがあるため、どんなマイナーなルートでも必ず山行
記録が検索できるので便利になった。

 7日(土)22時、伊丹発。夜の高速をトヨタのコンパクトカーがひた走る。
翌3時過ぎ、新穂高無料駐車場に到着。テントを張って仮眠していたら、ここに
テントを張るなとどこからともなくおっさんが現れてまた去っていった。気色が
悪いので車で寝ていたら、朝方また現れて車のナンバーを控えたから覚えておけよ
てなことを言われて2度びっくりする。どうやら幕営禁止らしい。看板も何も
書いてはいないが・・
 8日(日)GWは今日が最後らしいので人もほとんどいない。7時半出発。
 林道を1時間ほど歩いて穂高平に到着そこから暫くで堰堤のある沢が現れ、
その右岸が北西尾根の末端だった。早速尾根に取り付くが、シャクナゲか根曲がり
竹か分からないがとにかく藪で歩きにくい。根曲がり竹を泳ぐようにかき分け、
やっと2004mのポチに辿り着く。12時。ここまで結構な急登だった。
 そこからはやや傾斜が緩やかになり何回か休憩を挟みながら15時過ぎ、
2450付近に到着。このあたりが一番平坦で景色がよく、テントも張りやすい。
 眼前に広がる抜戸岳~弓折岳~双六岳の景色に見とれながらひたすら水を
作る。景色に見とれすぎて飯の準備が遅くなり気が付いたら日が暮れだしたので
大急ぎで鍋を作って急いで食べる。夜半はやや寒かった。
 9日(月)本日は下山日&西穂登頂日なので忙しい。夜中にシュラフが破れて
中から羽毛が雪のように噴出したので焦る。25年も使っているので寿命か。
 3時半起床。大急ぎでラーメンを食べて5時半出発。春なのですでに明るい。
 出だしからいきなりの急登が始まる。ウォーミングアップしていないので身体に
堪える。しかもなぜかザックが異様に重たい。這松帯を延々とトラバースするが
アイゼンの足も縺れ、非常にパワーを吸い取られる。2時間ほどで西尾根とのJPに到着。
8時。実際にはJPは踏まずに西穂高頂上へと左折した。このあたりからやたらと
巨大雪庇が多くなる。ビル4階建てを横に寝かせたような配置で、雪庇の切れ目が
恐ろしく手前にある。特にコル上が危ない。いつかはズドンと下に落ちるのだろうが、
あんなに巨大なものが落ちたら沢筋は大変なことになりそうだ。這松帯を越え、
雪庇を何とか交わしながら登るとやがて岩稜帯となり稜線が近いことを知らせる。
 快適な岩稜帯であればよいが、この辺りは岩がボロボロで浮石も多い。なんとも
不快な岩稜だ。途中ロープを出すか相談したりしながら結局出すことなく西穂高
頂上に到達する。(9時30分)ピークを踏めたのは嬉しいが、ここまでなんとも
骨の折れる尾根だった。マイナーであることも頷ける。
 さて、頂上で暫くまどろんだ後、重い腰を上げて縦走&下山に取り掛かる。
 一般コースで○印も付けてあるがやはりなかなかにアイゼンでは歩きにくい稜線だ。
 岩が逆相でアイゼンがよく滑る。ピラミッドピーク、独標と越え、やっとほっとできる
登山道になってきた。西穂山荘到着。(12時)人も少なく天気も良く、のんびりと
ザックに残った担ぎ上げすぎた3日分の行動食を軽量化のために食べる。
 ロープウェイ駅到着13時。急いでロープウェイに飛び乗りたったの15分ほどで
下界(と言っても新穂高)に降り着く。このスピード感は堪らない。あとは土産を
少し買って、深山荘の露天風呂で2日間の汗を流し、連休の終わった快適な高速道路を
飛ばして神戸へと戻る。

 NOTES:

 ・下部はアイゼンでの藪漕ぎ、中間部は這い松藪漕ぎ&巨大雪庇(気を付けないと
  知らない間に乗っている)、上部は浮石の多い不安定な岩稜痩せ尾根、とあまり
  快適なルートではない。(これが好きだというI君のような?人もいるが)
  背後のパノラマのような抜戸岳の景色は圧巻。
 ・中間部~上部での滑落はアウトなので、再訪される方は六甲での完璧なアイゼン歩行
  練習が必須。
 ・春でも大変なので冬はもっと大変なことが記録などでもよくわかる。
 ・唯一の希望は細い稜線を頑張れば、ロープウェイというご褒美が待っていてくれる
  こと。これは沁みた。(通年)
 ・西尾根はもう少しましなのか・・・

2017.5.7~8 西穂高岳 北西尾根

2017.5.78 西穂高岳 北西尾根 メンバーTI(記)


GW
後半の休みが合ったTさんと、久し振りに山に行くことに。
ちょっとしたアクシデントで、直前に自分が希望していた西穂高北西尾根へ計画変更となる。
しかし、Tさんに作成してもらった計画書を見て、自分が西穂高西尾根を北西尾根と誤ってTさんに伝えていたことに気付く・・・申し訳ないです。(反省)
DSCN4166






5
7日(日)

3時過ぎに新穂高駐車場へ到着し、仮眠をとる。さすがに5月に入り寒さも和らいでいる。
出発直前までワカンを持っていくかで迷ったが、何とかなるだろうという希望的観測⁉が勝り、置いていくことにする。
右俣林道は、雪解けでほぼ夏道。ショートカットルートの入り口を見落としたため、林道をトボトボと歩く。
取り付きの柳谷まで約1時間半。一休みして柳谷を越えた尾根末端から取り着く。
DSCN4090




速攻で笹藪漕ぎの歓迎を受ける。先月の霞沢岳西尾根の笹藪漕ぎが可愛く思えるほど⁉のしんどさだ。
DSCN4093




時折出てくる赤テープとTリーダーに導かれながら、ゆっくりと高度を稼ぐ。高度200m毎に約1回の休憩を挟む。
標高1,800m付近でアイゼンを着ける。ここから標高2,000m付近までの強傾斜と笹藪漕ぎが堪える。
標高2,000m付近で北側の尾根と合流し、やや傾斜が緩くなる。
DSCN4095DSCN4102




雪も出てきて少し登り易くなるが、目指すテン場は未だ先だ。
15時前に目指す標高2,400m付近テント適地へ到着する。
Tリーダーが台地上の絶景⁉適地を見つけてくれたので、そこでテントを設営する。
見渡せば絶景の銀世界だが、強い日差しと照り返しが半端ない。
DSCN4113




そんな日差しを物ともせず、テント外にマイ特等席をこしらえて景色を楽しむTリーダーは流石だ。
夕食はTリーダーが担ぎ上げてくれたうどんスープ鍋。バランスの取れた食材で満腹となる。
美しい夕陽が笠ヶ岳に隠れると、とたんに寒くなり、早々にシュラフに包まるZzz・・・。

 

新穂高駐車場0700~0850柳谷取り着き~1220標高2,000m付近~1450標高2,450mテン場

 

58日(月)
午前3時半に起床する。昨日の残り鍋で棒ラーメンを作り、準備して出発する。
直ぐ上の岩稜を右に回り込むと、尾根は細くなり急峻になる。
DSCN4118




所々、這松を漕ぎながら雪壁を登る。この辺りが第一岩峰だろうか。
DSCN4127








雪壁を登ると左は切れ落ちたリッジになり、右側の這松帯を漕ぎながら登る。
DSCN4140DSCN4145DSCN4151








JP
ピークが近づくと北側に雪庇が現れ始め、切れ目に注意しながら慎重に進む。
DSCN4160




JP
のコルは、積雪期はテントが張れるかもしれないが、この時期は雪庇の切れ目が出ていて厳しい。
この先の岩峰は右の這松帯を回り込み、第2岩峰前のコルへ。
DSCN4170








第2岩峰は右から巻き登る。所々ある浮石に気を遣う。
DSCN4171DSCN4174




第2岩峰を登りきると西穂山頂は目の前だ。
DSCN4178




しかし山頂直下の岩稜が行く手を阻む。左は切れ落ちており、正面は被り気味なので、右にルートを取る。張り出した岩を慎重に乗っ越すと、岩稜右のルンゼにトレースが見えた。
DSCN4179DSCN4180




このルンゼ内の雪が強風で固い氷に変わっており、少し緊張させられる。
DSCN4182




最後に氷化したリッジを少し登ると西穂山頂に着いた。
Tリーダーと握手を交わす。結局、ロープは使わずだった。
DSCN4191DSCN4196DSCN4188DSCN4190




快晴だが風が強い。自然と鼻水が滴り落ちる寒さだ。
エネルギーを補給しながら360度の展望を楽しみ下山開始。
独標を越えるまでは気が抜けない。雪壁と岩稜帯を慎重に下る。
DSCN4207DSCN4211




を越えた辺りでアイゼンを脱ぎ、緊張感からやっと解放される。西穂小屋までは半分以上夏道だ。
西穂小屋前で大休止させて貰い、ロープウェイ駅まで駆け下りる。半袖に短パン、スニーカー姿の外人さんが登っているのにはビックリだ。
駅に着いたら、タイミングよくロープウェイが発車し、あっという間に新穂高に到着。下山届を出して温泉に向かう。
深山荘の内湯で汗を流し、開放感満点の露天風呂でゆっくりと疲れを癒す。あーまた明日から仕事か~(溜息)
Tリーダー、藪漕ぎ尾根に付き合っていただき、ありがとうございました!今度は冬期に西尾根リベンジしましょう!(笑)

 

標高2,450mテン場0530~0655JP~07302岩峰~0845西穂高岳09051045独標~1150西穂高山荘12301310西穂高口駅~1330新穂高温泉駅~1355新穂高駐車場

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

kobe_alpine

  • ライブドアブログ