呆れた投票行動

先日、参議院選挙が行われましたが選挙制度の複雑さは
何とかしないといけませんね。
私の知っている女性などは、「色々な政党がごちゃごちゃ有りすぎて
よく分からないので一番下にあった”幸福なんとか”にしといた」
と言っておりました。たしかに名前だけ見るとなんとなく幸福な感じが
しないでもないですが政策の中身も見ずに安易に投票するその
危険性がご本人には判っていたのかいないのか・・・
ちなみにそのよく知っている女性はいつも家でご飯を作ってくれます
(溜息)
いつか、「登山党」を作って、1億皆山に登る義務を憲法によって課す、
というのはどうでしょうか
                          政治部担当 
 

読書感想文

読書感想文 松本清澄「ゼロの焦点」を読んで

登山には関係のない本ですがこの間ふらっと山へ行ったら
雨だったので結局麓で車の中、3時間位かけて読みました。
「点と線」に続けて2作目ですが単なる推理小説ではなく
その時代の社会問題なども絡めた表現は約50年前に
書かれた作品とは思えないようなスリリングなものでした。
結末は「点と線」の方が切れ味がよかったような気がしますが
なぜ、「ゼロ」の「焦点」がタイトルなのかは最後まで読めば
分かる様な気がします。どちらも女性が結末を握るのですが
世に恐ろしいのは・・という清澄氏の人と才能があの鱈子唇と
ともに想像されて改めてこの作家の偉大さと作品の不朽性に
感動を覚えました。
しかし、また2時間半かけて帰る車の中で、なんでガソリン代を
使ってこんな山奥まで本を読みに来たのだろうという素朴な
疑問を感じました。
いつか時間ができたら今度は文庫本を5,6冊担ぎ上げて
穂高の山小屋でゆったりと景色を見ながら読書にふける
という旅をしてみたいものです。

                         読書委員 T

ファミリー登山 【金剛山丸滝谷】

降水確率が低かったので、家族で沢歩きをしてきました。

金剛山丸滝谷

丸滝谷は自然林が多く残された明るい沢で、子供連れで半日コースながら、それなりに楽しめます。 

さんぺー 

ヨセミテに憧れて(その2)

ぼちぼち続きを書いていきます。

広島に転勤となった年のことです。
この年の冬に、本格的に冬期登攀が面白くなったのですが、自分に足りないものは何かと考えるようになりました。

IMG_0966
※錫杖岳1ルンゼ上部

続きを読む

book 『山のパンセ』

串田 孫一 『山のパンセ』

action

<あらすじ>

ある時はやさしく、時として怖ろしい自然の不思議さ、登山の意味、山と対話する心の大切さを、博学な知識、鋭い観察眼で綴った著者の、世評高い代表作。
誠実にくりかえす思索の流れが、心の安らぎを誘います。



★KAC図書委員長のこれが読みたい!★

KAC会員の方、どなたか持っていませんか?

63534021

出版社: 山と溪谷社




フロム KAC図書委員長

book 『北壁の死闘』

ボブ・ラングレー  『北壁の死闘』


80066


<あらすじ>
アイガー北壁で氷漬けのナチ軍人の死体が発見された。
謎の遺体に関心を抱いたBBC局員が意外な事実を探り出す。
第2次大戦末期、原子爆弾の開発をめぐってナチ・ドイツが精鋭クライマーを集めて打った奇策。
追いつめられた彼らが魔の北壁で繰り広げた壮絶な死闘。J.ヒギンズをして「比類なき傑作」と言わしめた、超一級の山岳冒険小説登場!



☆あわせて見たい!おすすめ映画☆

『アイガー北壁』
製作年 2008年
製作国 ドイツ=オーストリア=スイス
原題  NORDWAND
時間  127分
監督  フィリップ・シュテルツル

a0051234_2262397

ベルリン・オリンピック直前の’36年夏、ナチス政府は国家の力を誇示するため、ドイツ人によるアルプスのアイガー北壁の初登頂を計画する。国家の期待を背負い登頂に挑むことになったクライマーのトニーとアンディ。期待と不安を抱きながら彼らは北壁に挑む。


フロム KAC図書委員長

book 『 天空への回廊』

山にまつわる本を紹介していきたいと思います。

技術書
エッセイ
小説

おすすめの本があらば、是非投稿ください!


本日のおすすめは
笹本 稜平  「天空への回廊」



<あらすじ>
エベレスト山頂近くにアメリカの人工衛星が墜落! 
雪崩に襲われた登山家の真木郷司は九死に一生を得るが、親友のフランス人が行方不明に。
真木は、親友の捜索を兼ねて衛星回収作戦に参加する。
ところが、そこには全世界を震撼させかねない、とんでもない秘密が隠されていた。
八千メートルを超える高地で繰り広げられる壮絶な死闘!

51CK65VVDGL__SL500_AA300_




フロム KAC図書委員長

岳連レスキュー講習会

0613_Rescue02-1兵庫県山岳連盟のレスキュー講習会に参加してきました。

当日は、上級指導員の更新研修会も開催されたため、神戸山岳会からはN藤さん、星Kさん、S川さん、たっさん、M田、講師のK賀さんを含めると計6名の参加となりました。

全体では各山岳会や消防防災航空隊の方も参加し、全部で27名位と盛況でした。続きを読む

ヨセミテに憧れて(その1)

P1000153またまた昔の話です。
最近はなかなか登りに行けないので許してください。

クライミングの歴史を知るようになると、必ず行き着くところがヨセミテだと思います。(登山史は自分で調べてね)


いつか行ってみたいと思っていましたが、しがないサラリーマンなのでチャンスは少ないのです。
それでも、ワンチャンスを最大限に生かし、U子と二人、なんとか休みを取って行くことができました。

と、言いつつも自分もU子もクラック技術を身に着けなくては話にならないので、当時、広島に転勤したことを機に、三倉岳でトレーニングとなったのでした。

DSC01634
 広島の岳人を育てた、三倉岳です。
 
 (続くかも)    <M>

ブログの練習_1

yamakei_alpaineclimbming昨日から練習していますがなんかレスポンスが
遅いような気がします。
やはり私にはテキスト形式で文章一本やりが
向いてるような気がします。
特に意味ないですが左記の本の紹介です。
なかなか参考になることが数多く掲載されています。木本さんの「氷雪テクニック」とともに読んでためになる書だと思います。
                
                         ふろむ  たっさん




・なんか匿名にするとなんでも言っていいようで恐ろしいですね。外部の攻撃者が攻撃してきませんかね?ブログの良い点は何か?

>匿名にしたからといって何でも言っていいとは限りませんよ。外部に攻撃されないようにしましょう(笑)
>ブログの良い点は、写真を入れた簡単な報告が手軽にでき、情報を共有できることにあると思います。
>レスポンスが遅いのはネットとPC環境に問題があるかもしれません。

                                          <M田>
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

kobe_alpine

  • ライブドアブログ