2011年07月

7/23 赤坂谷

【山 域】鈴鹿
【天 気】曇りのち晴れ
【コース】仙香谷~赤坂谷~Co730m付近で遡行打ち切り~赤坂谷下降
      ~617m二俣から右岸の踏み跡を拾って下山
【メンバー】T中・A木


取水堰堤へ続く道を使い神崎が本流に降りる。仙香谷へは本流を少し下るが、先日の台風の影響で水量がかなり多い。体重の軽いTさんが一緒なので渡渉ポイントには気を使う。

仙香谷は・・・核心部の8m滝まであまり記憶が残っていない。ゴーロがほとんどで所どころに滝があったような気がする。一ヶ所残置ハーケンにスリングアブミで越えたところがあった。

核心部の8mと10mの連瀑。

核心滝


下調べでは上の10mは水量多いとしんどいみたいだ。Tさんに高巻きと直登どっちがいいか聞くと、直登が良いと言うので、とりあえず登ってみることにする。釜を左から回り込み8m滝に取りつく。ここは簡単。
上段の10m滝はやはり水量多く滝身を登るのは難しそう。岩棚の途中から上の樹林帯に攀じあがろうかとも思うが、よく見ると滝横の岸壁が登れそう。近づいてみると残置ハーケンがベタベタと打ってあった。ロープを出して登る。

10m滝のすぐ上にも斜滝が掛るが、これは滝身左が簡単に登れる。その後も廊下状の地形が続くが、大した滝もなく赤坂谷とカシラコ谷の二俣に到着。右又の赤坂谷へと入る。

廊下



赤坂谷に入るとしばらくはゴーロ。ゴーロだが明るく開けていて気持ちが良い。少し登ったところで広い平らな石を見つけたので、その上で休憩にする。

<つづく>

7/9 セルフレスキュー訓練

基本的なロープワークの復習がメインでしたが、皆で楽しく訓練を行うことができました。
つたない説明で申し訳ありませんでしたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

<参加メンバー> 岡島、橘、大西、岩瀬、今井、須川(幸)、宮島、青木、三浦、土谷、濱野、横山、前田
< 見  学 > 魚本、多田 

IMG_0740 ※ロープワークの復習

IMG_0742 ※負傷者を搬送中


〇訓練レジュメ
第1部 基本的な知識・技能
1.確保理論の基礎
 (1)はじめに
 (2)落下の衝撃について
 (3)支点構築について
2.基本的なロープワークについて
 (1)結着
 (2)連結
 (3)制動 
 (4)フリクション
 (5)荷重下での解放
3.支点の構築
 (1)流動分散
 (2)固定分散
 (3)2支点間の段差解消

第2部 応急手当について
 1.事故発生から救助までの流れ
 2.救急法の基礎知識
 3.心肺蘇生法(ガイドライン2005と2010の違い、BLS)
 4.止血法
 5.負傷者の搬送

第3部 ロープワーク実践
 1.安全の確保について
 2.懸垂下降
 3.自己脱出
 4.リーダーレスキュー

最後に、今井さんから、名張で実施したレスキュー訓練のロープワークについてレクチャーしてもらいました。
今後とも、集会等の機会を活用し、定期的に技術・技能の確認が出来ればと思います。

7/2 台高 戸倉谷


しょっぱなの滝は手が出ず高巻き。山抜けを渡る数メートルが悪い。

F1



次の滝は右手のクラック沿いに登る。下部は簡単だが落ち口への乗っ越しが悪い。ハーケン・カムの練習

F2



中段を左岸から右岸に渡り、ルンゼから高巻き。

中段トラバース



V字の中央を適当に登る。

V時



右岸のブッシュから落ち口へトラバース。リーチがあれば簡単。

V字上部


落ち口へ



ゴルジュ終点の滝。下流側から滝身へ近づき、中段をトラバース。上部のつり橋から撮影。

ゴルジュ終点






5:30 出発
9:40 遡行終了点
10:40 下山

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ