2011年08月

台高 唐谷川

台高 唐谷川      平成23年8月21日    Y(撮)、 U、  T(文)


 台高の唐谷川が綺麗らしいとの情報を得て、3人で登る事にする。迷岳は以前、
秋に登った事があるが唐谷川は初めてなので若干緊張する。ネットの情報では
「癒しの沢」とあるので私の嗜好にもぴったり(?)
 前夜21時西宮発。阪神高速と309号線を走って、やっとのことでスメール温泉
に到着は午前0時過ぎだった。眠たいが頑張って宴会を行う。宴会をやめてすぐに
寝たらどうなのかとも思うが宴会が主目的なのでしょうがない。
 翌午前6時起床。天気は曇りで時々小雨だ。この天気では沢は増水しているかと
思ったが橋の上から見る限り、伏流水で水は見当たらない。これなら行けるだろう
との判断で沢に入る事にする。しばらく歩くと突然綺麗な釜を従えた小滝が現れる。
 早速泳いで取り付くが、水は冷たくなく、快適だ。その後も次々と小滝が出てくる。
 どれも綺麗だがよく似た滝が連続するのでどれがどの滝かよく分らない。
 「癒し系」ではあるが、登るのには技術が要求される。見た感じと登った感じがP8210004
違い、登ってみると結構きつい。Uさんは滝ごとに長シュリンゲで確保する。
 Y君はファイト一発で登ってくる。やがて、一の滝に到着する。前に大岩が
あり、視界をさえぎる。ここは遡行図通りに右岸を高巻く。しかーし・・・
 「ヒルやあ!」Y君の叫び声が聞こえる。うーん、ヒルか、久し振りやなあ・・
とのんびり構えていると、自分の足にも5匹くらいが蠢(うごめ)いている。
「キショ!」指ではじくが追いつかない。あたり一面ヒルまみれだ。こうなったら
「ヒルてんでんこ」だあ! と走って高巻くが慌てると余計に危ない。
 ベテランはヒルなどには動じないものよ・・と冷静を装い、河原に下りるが、手や
足に一杯付いている。気色い! 必死でスパッツを剥がし、点検する。大きなのや
P8210009
小さなので一杯だ。タバコがあれば楽に取れるがもう止めたので手でつまむが
なかなか取れない。そのうちに虫除けスプレーを吹きかけるとヒルがヒルんですぐ
取れることが分った。しかし3人分の駆除で虫除けもすぐ無くなった。ヒルを即死
させるツールを開発しなければならない。
 取りあえず駆除が終わり、また遡行を再開する。そのうちに二の滝らしき一帯にP8210016
来た。時刻も昼前なのでここでそうめん流しを決行する事にする。乾いた平らな
岩盤を見つけ、コンロを付けて湯がく。そのうちにまたもやヒルだ。しかも私の首に
二匹いる!(単独だったら温泉で鏡を見るまで気づかなかった)Y君に取って
もらう。3人で来て良かった。お尻もチェックしてもらう。そうめんを食べ終え、食後の
スターバックスコーヒーで寛いでいると・・ポツリ、ポツリ、・・ザザザアーッ!!と
雷雨だ。ひょエー!ヒルの次は大雨か! 沢中での本降りは危険だ。スターバックスも
途中で中止し、大急ぎで右岸の林道を目指す。幸い、ソマ道が近くに来ており、
増水の心配のない高度まで上がれた。しかしまた今度はヒル地獄だ。ソマ道を
しばらく歩くと、やがて林道に合流した。ここでまたヒルチェックだ。(13時過ぎ)
 林道を歩いてスメールの寂しい遊園地を迂回して車に戻ると14時だった。
 車でまたヒルチェック。どこから沸いてくるのか分らないが取っても取っても居る。
 上半身裸になり、腹の辺りに居ない事を確認して、ふと右の方を向き、また左を
振り返ると、さっき居なかったはずの脇腹にでかいのが吸い付いている。ヒルの
根性は素晴らしいものがある。見習わねば。とりあえず雨も止まないのでザックを車に
掘り込み、スメール温泉に入る。さすがに温泉までは着いてこなかった。温泉でさっぱりし、
また3時間ほど車を走らせて西宮駅前に到着は18時過ぎだった。帰りに皆さんの荷物に
ヒルが1,2匹くっ付いて、家までお土産として持ち帰られた。(笑)

P8210023

 
notes:
   沢は秀麗だが、ヒルが多すぎて帳消しとなった。4月ー10月位は快適な登山は
  出来ないのでは? ヒルに吸われても痛くも痒くもないが、気持ちが悪い。
   厄介な生き物だ。
 

8/13 駒形岩

<メンバー>A木、M浦、M田

あまりの暑さに、熱中症になるかと思いました。
手汗でホールドが滑る中、A木君がサイレントティアーズをRPしました。

<登ったルート>
〇烏帽子
・タイムトンネル 5.10a

〇駒形岩
・ひまわり 5.10a
・イグジット5.9
・斜陽 5.9
・ルート名不明 5.10c
・サイレントティアーズ 5.11a
・フィギアヘッド 5.11b

IMG_0815
※フィギアヘッド (A木)

8/7 堡塁岩

< メンバー>堀田、大西、高橋、青木、三浦、田中、横山、魚本、前田

当日は、こうもり谷の清掃活動に参加したのち、会のメンバーと合流しました。

清掃活動の後、比較的涼しい堡塁岩に登りに来た方も多く、どのルートも大盛況でした。
とはいえ、涼しいはずの堡塁でも日が当たる箇所は非常に暑く、何もしなくてもけっこうバテました。

そんな中、田中さんは油こぶしを下から登って岩場まで来たそうです。
暑い中しんどいですが、これが山岳会本来の姿かもしれません。最近は楽な方向に流れがちですが、このスタイルを復活させたいですね。

経験が浅いメンバーは、まずは簡単なルートで登攀技術とロープワーク、安全確認等を反復練習し、基礎を固めて下さい。初めから難しいことが出来ないのが山の世界だと思います。少しづつレベルアップができればいいと思います。

IMG_0808

※西稜クラックを登るM浦とビレイするY山(笑)


<前田>

7/30 烏帽子・駒形岩

<メンバー>青木、三浦、前田

クライミングシューズを忘れてしまい、青木君に借りて数本登りましたが、終日ビレイしてました。
そういえば、5年ぶりにサイレントティアーズを登りましたが、上部核心のムーブは全く覚えておらず。
途中、雨に降られましたが、昼過ぎから良い天気となり、それなりに楽しめました。


IMG_0784
※サイレントティアーズ(青木)


IMG_0785
※斜陽(三浦) 


また行きましょう。

<前田>
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ