2011年09月

比良 八幡谷

比良 八幡谷    平成23年9月11日   Y山 T中 U本 T(記)


 比良。急峻なY字型の山脈を構成する関西岳人の古里。古くて、新しくて、
そして危ない。急峻なその奥に何か我々の求めるものが隠されているはずだ。
でなければ古今東西の岳人たちがそこをめざしたはずがない。
 今回は口深、奥深に続き、八幡谷を目指す。急峻な滝のその上に何か、
まだ見ぬ何かがあるはずだ。それを拝む前に私は転落していたかもしれない。
 今回も毎度最近おなじみのメンバーで前夜の21時に西宮に集合し、細川
集落を目指す。夜の運転に迷ったのかそのひとつ南側の三舞谷へ車を走らせて
しまい、どうも様子がおかしいと言う事で一本沢を間違えた事に気づく。
 再度車を北へ走らせ、目指す八幡谷の取り付き堰堤に到着する。平地が
少ないのでテン場探しにに苦労する。夜はニンニクとステーキで豪勢に
宴会する。晩飯でビールを控えたため、もう手が震えそうだ。25時就寝。

 翌5時起床。小雨が降っている。と言う事で再度、寝る。6時ごろ、止む。
晴れ間も出てきたため、やむを得ず、出発する。この微妙な感覚。
 堰堤を左から巻くと、長い間の河原歩きが続く。単調で全く面白くない。
 うんざりした頃、二股が出現。私は敢えて(?)遡行図を持ってこなかったが
Y君がきっちりと備えていたので確認する。最後の二股ではなく、1番目の二股
なので2:1の2の方の水量の多い左股へ進む。二股へ分岐してからやっと
沢登りらしくなり、次から次へと滝が連続して現れて遡行者を有頂天にさせる。
(使い古された表現だが)どれも釜を持たない5~8mくらいの滝で、登攀
要素が強い。登攀力に自信のない我々は(道具も不足していたが)登るか、
巻くかを選択しながら超えて行く。2番目の二股を右に取り、出てきたやや
大きな滝は無理そうなので左岸から巻く。次に現れた中滝は両側ゴルジュで
直登は難しそう。巻きは大巻きで尾根に乗りかねない。どうすんべと考えて
居ると滝の中ほどに残置ロープがあり、これは何かと思案しているうちに
巻き道である事が判明する。先頭の私は有頂天にノーロープで滝上まで
上がり、冷静に考えるとここは危ないのでロープを出して確保しながら登る。
 天気も曇りで暗いが、尚一層谷中が暗い。暗くて寒い。台風12号の傷跡か
沢中の大きな石がぐらぐらでよく動く。しかも倒木もやたらと多い。忘れた
頃にヒル君が付いてきて遊んでくれる。
DSCF0376後半の滝をフォローするT中さん

 次第に水は枯れ、ガレ場歩きとなる。これがまたきつかった。何処でも
歩けるので踏み後が薄く、コンパスを見ながら適当に上がると細川尾根の
稜線直前辺りに飛び出した。時刻は14時30分。だいぶかかった。
 ここで最終到達点として休憩する。体中に小バエがたかって鬱陶しい。
 辺りはガスって何も見えないが武奈岳頂上は近いと見て、頂上を踏みに行く
ことにする。5分もかからず到着。記念撮影をし、また稜線を北へ戻って細川
尾根に入り、下山する。706mの小Pまでは歩きやすい明瞭な道だったが
越えた辺りから噂の激下りとなってきた。道は大きく掘れており、しかも一直線に
降りているので膝が持たない。前二人は大きく掘れた道を脱し、山の斜面を
山スキーよろしく左右にジグザグターンを切りながら降りていると掘れた道を
バスケットボール大の岩が人為的にゴンゴロと飛ぶように落ちてきた。人が
居たら直撃だ。ここは道なのか、溝なのか、よく分からない不思議な場所だったが、
溝の中を歩くのは落石で危険だ。 
 激下りを終えるとまた斜面は落ち着きを戻し、めでたく車のデポ地点へドンピシャで
降りてきた。数名の靴にはやはり、あの、人懐こい愉快な山仲間がくっ付いていた。
下山時刻17時。
 
NOTES:
 山を批判はしないが、八幡谷はきつく、長かった。中間部に滝やゴルジュが
 集中し、その前後は凡庸か、きつい斜面が長く続く。もし途中でアクシデントが
 あった場合、対処には時間がかかるだろう。また、泳げるような釜はなく、
 中間部は滝の連続だった。また、台風の結果か、山崩れ後があちこちにあり、
 不気味でもあった。
 
 



9/11 比良 八幡谷

比良 八幡谷      平成23年9月11日
<メンバー>T、T中、U、Y(撮)(文)


2ヶ月前に奥ノ深谷を遡行したメンバー4人で八幡谷を遡行してきました。
当初は台高 黒倉又谷の予定でしたが、台風12号の被害が酷く、交通規制があるのと沢の状況が荒れていることが予想された為、メンバーの意見から比良に行き先を変更となりました。

前日夜に沢の入渓場所手前の堰堤近くのスペースにて幕営。
翌早朝小雨が降りましたが、7時頃には止み、晴れ間の除く中07:40頃駐車場所を出発。
幕営地近くでヤマビルが見つかり、ヤマビルの多かった先月の台高 唐谷川を思い出しました。

堰堤を越して直ぐに入渓。
幅の狭い薄暗い沢ですが、勾配は緩やか。しばらくは滝と呼べる傾斜も無く、延々と沢を歩き遡行していくと沢の1/3程の所からようやくシャワークライムできる滝が出てきて楽しくなってきました。
P9110010
前半なだらかで長い沢歩きだった為、延々と沢歩きに終始するかと危惧されましたが、後半は所々ザイルを出して確保しつつシャワークライミングを楽しめました。
P9110026
基本的にTリーダーがトップ、T中さん、Uさんを中間に挟み、Yがラストのオーダーで遡行していきました。
そろそろ沢が終わる手前、3段になった滝で最初の滝を突破した後ラストのYがそのままトップで登高。下で見たよりも中間辺りのホールドが悪く、ランニング・ビレイを一箇所取って何とか突破しました。
セカンドビレイにムンターヒッチを使いましたがザイルが濡れている為か流れが悪く、ルベルソキューブに変更。ルベルソでもザイルの流れが悪く、乾いた岩のようにはセカンドビレイできないと実感しました。
沢では8環の方が使い勝手が良さそうです。
P9110041P9110049

その後、勾配のキツいガレ地と滑り易い草付きを登高し、細川尾根に合流。当初の予定だと比良縦走路に出る予定でしたが、右手に振り過ぎました。
細川尾根を更に登り詰め、比良縦走路との合流点にて小休止。ガスって視界が効かないので武奈ヶ岳頂上は止めておこうかと思いましたが、ガスが薄くなった時に確認すると勾配の緩い登りを少し登るとピークに立てそうだったのできっちりピークを踏んでから下山開始。
P9110052
因みにYは今回初登頂となった武奈ヶ岳でした。

地形図から見ても細川尾根は急勾配の下りでしたが、急勾配の上にぬかるんでおり、想像以上に路面状況が悪い下山道でした。
細川尾根は踏み跡がありましたが、一部不明瞭な箇所があり、地形図とコンパスでルートファインディングをしつつ、致命的な道迷いはせず、ドンピシャで堰堤まで下れました。
苦行の様な下山を終え、ふらふらになりながら駐車場まで到着。

温泉にて服を脱ぐ際、ヤマビルに食いつかれていたのに気付かず、引き剥がしてしまって足首から流血しながら帰神しました。

今回のルートは沢自体は後半楽しいですが、沢終了点から尾根への登高と尾根の下りがキツく長い為、また来たいとは思わない沢となってしまいました(汗)

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ