2012年11月

立山山スキー

立山山スキー    平成24年11月21日(水)-22日(木) Y山(単独)


今シーズン初の雪山へ行ってきた。富士山山スキー以来、半年ぶりの雪山だ。

今回の山行計画↓
11/21(水)立山駅→室堂→剱御前小舎→剱沢小屋→剱御前小舎→室堂(幕営)
11/22(木)室堂→真砂岳→真砂沢→真砂岳→室堂(幕営)
11/23(金)室堂→一ノ越→雄山→山崎カール→室堂→立山駅


2泊3日の予定を立てたが、予想地上天気図及び高層天気図を見ても天候が持ちそうにない。
当初は23日~25日の3連休を予定していたが、23日以降は天候が悪化、天候が回復するのは25日のみのようだったので、予定を前倒しした。

とりあえず、現地で観天望気で判断し、予報通り天候が悪化するようなら早めに下山することにして決行。

初日は11/20(火)の冬型気圧配置での降雪の影響で、立山駅発の始発便が除雪の為30分ほど遅れた。
昨年の立山山スキーの時も前日が冬型気圧配置で立山駅発の便は除雪で遅れていた。
今年はケーブルカーが運休しており、結局昨年の始発便と30分ほどしか差が無かった。

標高1,000mあたりから積雪が見られ、室堂に到着すると完全に冬山だった。
IMGP0929

昨年はまずテント設営した為、アタックザックでの行動開始時間が午後になってしまったので、今回はメインザックをとりあえずデポし、アタックザックで早速行動開始。
まずは剱御前小屋を目指す。
IMGP0937

昨日の降雪の為かふかふかのパウダースノーを約半年ぶりのシール登高の感触で楽しみつつ快調にハイクアップしていく。

剱御前小屋までシールで粘ろうとしていたが、ナイフリッジ直下の急登で進退窮まりかけ、急斜面にピッケルを打ち込んで確保を取りつつアイゼン&ピッケルに換装。
稜線に出た時点で12~13m/sほどの強風を受けつつ、慎重にナイフリッジを通過。
IMGP0946

気温はマイナス10℃で体感温度はマイナス20℃くらいか。

ナイフリッジの途中で雄山の方を望むと、槍穂高が見られた。移動性高気圧に覆われて展望は最高♪
IMGP0947

久々のアイゼン歩行だったが、剱御前小屋に到着。

昨年と違い、時間的に余裕があるので剱沢へ向けてドロップ。
IMGP0955

ふかふかのパウダースノーで気持ちよく滑走♪板を自在にコントロールでき、自分の滑走技術が格段に上がったかのような錯覚に陥る(笑)
剱沢小屋直上あたりまで滑走し、剱岳の雄姿を拝む。
IMGP0958

久々にこの位置から剱岳を見たが、やっぱりこの場所から見る剱岳が一番カッコいい気がする。

時間的余裕はたっぷりあるが、早めに引き返すことにし、剱沢をシール登高。

剱御前小屋から雷鳥沢へドロップ。
IMGP0961

こちら側もふかふかのパウダー♪
雷鳥沢野営場を通過。
IMGP0963

室堂にデポしたメインザックを回収し、雷鳥沢野営場に引き返して幕営。
昨年は室堂で幕営できたが、今年から厳しくなったみたいで室堂では幕営禁止になっていた。

快晴無風の雷鳥沢での幕営は風の音も無く、静まり返っており、時間が止まっているかのような錯覚を覚えた。

日付が変わった未明、風が吹き始める。
テント設営時、無風で雲一つなく穏やかだった為、整地で積雪を1mほど掘り下げてスノーアンカーを4箇所設置したのみで耐風効果が相当低い状態での幕営になってしまった(汗)

時折風にテントを煽られつつも無事朝を迎える。
日が昇る前の5時頃テントの外に出てみると辺り一帯ガスに包まれており、雄山もガスで見えなかった。
今日の山行は無理かなぁと早くも諦めムードになりつつも朝食を取りだらだらと準備していると、いつの間にかガスが晴れて高曇りでまずまずの天候になっていた。

とりあえず今日の行動は天候が持ちそうだと判断し、さっさとテントを撤収。
明日は低気圧に伴う寒冷前線の通過で大荒れの天候になるのはほぼ間違いなさそうで、立山駅~室堂間の高原バスは終日運休になることが容易に予想できる。
下山するなら今日しかあるまいということで、メインザックを担いで室堂に移動。
昨日同様メインザックは室堂にデポし、雄山へ向かう。
IMGP0964

室堂で出会ったスキーヤーのおばちゃんに「昨日・今日の日程で入山している」と言うと「運がいいね」って言われたが、予想天気図から判断して日程を変えているので運がいいわけでは全くない。元々の予定だった3連休が天候が悪かった為、天候の良い今回の日程に変更したので当たり前のことだ。

この時期、3,000m級の高山で3日天候が持つことはないようで、結局昨年と同じく1泊2日の行程になってしまった。

昨年保存しておいた山行日の予想地上及び高層天気図を見ると今回とほとんど同じ気圧配置になっていた。立山での実際の天候も2日間とも昨年とほぼ同じだった。

一ノ越に近づくにつれて風速が増し、一ノ越に到着すると15m/s以上の猛烈な風に吹かれる。
IMGP0966

気温はマイナス10℃で体感温度は昨日同様マイナス20℃ほど。

昨年も雄山頂上で15m/s以上の強風に吹かれたが、一ノ越の時点で昨年の雄山頂上付近と同様の強風で、完全に気勢を削がれる・・・
IMGP0968

ピークハントにこだわる必要もなし、観天望気から判断すると高層の雲の高度が下がってきており、明らかに天候は悪化している。
それに雄山を見上げると強風で地吹雪が見られ、一ノ越以上の強風が吹いていることが予想される。


ってことで一ノ越から室堂へ向けてドロップ。
IMGP0970

上部はウィンドクラストでアイスバーンになっていたが、谷合いは比較的いい状態を保った積雪だった。

室堂付近に戻り、このまま下山するのも消化不良なので、室堂へ直接滑降できるピークへ向かう。
国見岳の直ぐ東にある小ピークから最後の一本で今回の山行を終了することにする。
今回最後のシール登高を開始して間も無く、先程まで青空の元にあった雄山頂上がガスに包まれてしまう。やはり天候は悪化し始めている。
IMGP0972

その後3,000m付近はガスに覆われてしまい、雄山登頂を諦めた判断に自分で納得。

程無く急登をシールで登り詰めて国見岳の東側のピークに登頂。
IMGP0973

ピークから室堂を見下ろす。
IMGP0975

室堂へ向けてドロップ。太陽がガスで隠されてしまい、雪面の起伏がほとんど見えなくなって滑走に手こずる。近くにいた他のスキーヤーも凹凸が見えないと言っていた。
ゴーグルを外しても起伏が分からず、最後の一本なのにイマイチな滑走で終了・・・
雪質はシャバシャバのザラメ状になっており、昨日の極上パウダーとは比べるべくも無かった。

室堂にデポしたメインザックへ向かって滑走していると、室堂から雄山へ向かってスノーシューで歩いているボーダーが背負っているボードに見覚えが・・・
そのボーダーの元へ滑走していくと、土谷さんだった!向こうもビックリしていたが、なんと三浦さんも後方にいるとのこと(驚)
まさかこんな所で出会うとは・・・世間は狭い(笑)
二人は他の友人と扇沢から本日入山したとのこと。今日一杯滑って、天候の悪化する明日はノンビリ下山するらしい。
立山から入山した僕は今日下山しないと車を回収できなくなるので、二人を見送って下山した。

IMGP0978

北陸自動車道に向かう途中で立山方面を望むと、山の上はガスに覆われたままだった。

奥穂西穂縦走登山(敗退)

奥穂西穂縦走登山(敗退)    平成24年9月22日(土)-23日(日) Y山(単独)



ようやく厳しい残暑も終わり、秋めいてきたところで久々に幕営縦走登山に行ってきた。
ルートは一般登山道では最難関と言われている奥穂・西穂の縦走路↓
新穂高温泉→白出沢→穂高岳山荘(幕営)→奥穂→ジャンダルム→西穂→新穂高ロープウェイ→新穂高温泉
奥穂西穂概念図

幕営縦走登山自体は約1年半ぶりとなる。前回の幕営縦走登山は昨年5月のダイヤモンドトレイル1泊2日縦走だった。
ダイヤモンドトレイルの時は軽量化を全く無視して臨んだが、今回は最難関の岩稜ルートということもあり、極力軽量化する為テントではなくツエルトでの幕営にすることにした。
軽量化しつつも、落石が多そうなルートの為、最低限の装備としてヘルメットは装備から外せない。
 
台風一過、予想天気図を毎日観察していたが、今週末は天候が安定していそうなので決行!

金曜夜、仕事を終えて新穂高無料駐車場に到着すると、ほぼ満杯だった(汗)登山ブームやね~。

土曜早朝に駐車場を出発。
今年4月末の雪山槍ヶ岳山スキー以来のルート。

白出沢は2年ぶりかな?前回は槍穂縦走で下ってきたルートだが、結構な急登なので、幕営装備だとザックが重く、体力を消耗しそう(汗)
IMGP0619

予想通り、長い登り一本調子の急坂に体力を消耗・・・

秋だというのにまだ残雪が・・・昨シーズンは雪が多かったしなぁ。
IMGP0623

軽量化したにも関わらず、メチャしんどい。
穂高岳山荘の石垣が見え始めてからも相当長い・・・

富士登山でも3,500mを越すまでは空気が薄いと感じることが無かったのに、今回は2,500mほどでも空気を薄く感じる(苦笑)久々の幕営装備を担いでいるせいか?

あえぎつつも、ゆっくり前進し、何とか穂高岳山荘着。
IMGP0640
いや~しんどかった!

時間は昼前で余裕もあり、あわよくば翌日の行程に備えて行ける所まで行こうかとも思ったが、いざ奥穂西穂縦走路に踏み込んでしまうと天候が悪化した場合にエスケープできないので、あっさり却下(笑)

受付で幕営の申し込みを済ませ、最新の天気予報を見ると明日は曇りで降水確率40%だった。金曜の時点で見た予報だと晴れで降水確率は20%だった気がするので、予報が悪い方に変わったようだ。

明日のことは明日起きてから観天望気で考慮することにして早速幕営。
ツエルト幕営は久々だ。

とりあえず張ってみた。
IMGP0642
まぁこんなもんかな・・・とテキトーに設営を済ませ、コーヒーを沸かして、涸沢や前穂北尾根、奥穂への取付きを眺めてまったりする♪
IMGP0648IMGP0653
IMGP0654
時間が有り余っていたので、ツエルト設営の微調整を繰り返し、最終的にファイントラックのツエルトの特性を活かして、縦にもテンションを効かして随分綺麗に設営できた♪
IMGP0657
完全に自己満足だが、これで明日は悪天候で奥穂西穂を縦走できなくてもいいか・・・と一体何の為の山行だったのか分からなくなる(笑)

午前中の急登でのアルバイトの為か、行動食を摂取しているにも関わらず腹が減って仕方がないので、早めに夕食を採って早めに就寝することにする。
夕食のラーメンを作っていると、ガスがかかり始め、天気予報通りになりそうだった。

そして二日目早朝未明。午前3時半過ぎにそろそろ起きて朝食の準備でもとまどろんでいると、ツエルトをたたくアラレ混じりの雨音で目覚める。
予報通り降り出したかと思いつつも、とりあえず朝食を採ってから本日の行動を決めることとする。

ファイントラックのツエルトは、HPでの謳い文句通り結露も無く快適だった。ただし雨が降り出すまでは・・・
雨が降るとツエルトだとどうしようもない。雨が内側に染み出してきて、朝食を終える頃には雨漏りし始めた。これは堪らないと、さっさと出発の準備を整えてツエルトを撤収することにする。

朝食を採っている段階で雨は止みそうになく、山荘のまわりはガスに包まれており視界は10mくらい。
気温は約4℃で風速は3~4m/sほどの微風だが、稜線で雨に濡れながら且つこの条件ではかなり厳しい。低体温症に陥る危険性があるのと、岩稜帯の縦走で濡れた岩場は危険極まりない。

ってことで撤退を決断。

決断を下すには早過ぎるかな?とも思ったが、幕営許可証を山荘受付に返却に行った際に最新の天気予報を見ると、降水確率が午前午後ともに50%に上昇しており、天候の回復は午後以降とのことだったので、自分の出した結論は正しいことを再確認。

まだ薄暗い早朝5時半前に山荘を出発。
雪渓の辺りまで下るとガスを抜けたようで視界が効くようになったが、山頂方面は依然ガスの中。
濡れた岩場を慎重に下っていき、4時間弱で新穂高温泉無料駐車場着。

昨日は6時間弱で山荘まで登ったんで、やっぱり登りは体力的に厳しい。下りは膝に厳しいが・・・
それにしてもコースタイムが登り9時間って多過ぎやね。メチャゆっくり登ったのに、コースタイムを3時間も縮めてるなんて(汗)

結局下山してからも山頂付近はガスがかかったまま。麓もシトシト雨が降り続いていたので撤退判断は正しかったかなと自己満足(笑)

温泉でゆったり汗を流し、いずれ奥穂西穂はリベンジするかと思いつつ帰神。

11月11日 鍋集会報告

11月11日(日) 鍋集会  於 登山研修所

生憎の小雨模様でしたが、レスキューおさらいの後、鍋を囲んで集会と
なりました。
参加者:岡島、橘、大西、平木、堀田、芝、濱野、青木夫妻、渡邉、横山、魚本

KC3Z0029KC3Z0028KC3Z0027KC3Z0030

決定事項:

11月18日(日) 大山 岡島夫妻 参加者募集 前夜発

11月25日(日) 未定 

12月1日 (土) 12月集会 岳連の森にて 酒、食料、薪等持参
           18時頃より 阪急御影駅より車で?分
           (兵岳連の森の場所詳細については調査中。駐車場有り) 
           テント、飲料水等持参。泊まり可。参加費1000円程度予定

        ☆変更 登山研修所にて1900~に変更しました。

12月2日(日) ☆変更 六甲山ITT  参加者募集

12月9日(日) ☆変更 有馬四十八滝 ITT JR宝塚駅900集合 橘、渡邉 参加募集

12月8日(土)-9日(日)  八ヶ岳 赤岳主稜 三浦 参加募集

12月16日(日)ー17日(月) 八ヶ岳 阿弥陀南稜 橘 岩瀬 渡邉 参加募集

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

kobe_alpine

  • ライブドアブログ