2013年04月

御着の岩場クライミング

14日にA木夫妻と濱野と友人でクライミングしてきました。
天気もよくてクライミング日和でしたね^ー^

ここの岩場のトポを入手したので、始めて岩場のグレードが分かりました。
グレードを知らずにリードするのも良い練習にはなりますけどね(笑)

A木夫妻も久しぶりの外岩って事で、まずはトップロープで登りました。
人気ルート「南十字星5.10d」
P1050645






ダイナマイトホールを使って登る面白いルートです。
P1050648






お二人共ブランクを感じさせないクライミングでしたね^ー^


「流沙河沙悟浄5.10c」
P1050666








昼からは東面に移動し、感を取り戻すべく久しぶりにA木さんもリードトライしました。
「よいこ5.9」
P1050687












おニューのシューズをここぞと降ろしたようですが、足に馴染んでないので少し違和感が、、、。
ですが、安定した登りでクリアです。
奥さんも楽しみながら登ってました^^
P1050694








「わるいこ5.10c」
これは手足のホールドがめっちゃ小さく、バランスも必要で難しかったです。
3ピン目のクリップもギリギリの体制やったし、その後でテンションかけてしまいましたが、何とかクリア
P1050698







その他もいろいろ登れて結構楽しかったです。
東面のスラブは全体的にホールドが小さくバランスも要求されるルートが多いみたいで、スラブが苦手な僕には良い練習場所になりそうです^ー^
まだトポにも載ってない場所もあり、この岩場は当分遊べそうです。

ダイヤモンドトレイル山岳レース

ダイヤモンドトレイル山岳レース  平成25年4月14日(日)  Y山(単独)


本日、自身初となる山岳レースに出場した。大阪府山岳連盟主催の大会。

トレイルランニングは個人的に六甲山で何回か経験済みだったが、レースへのエントリーは初めて。

早朝にスタート地点へ向かうが、電車で隣に座っていた登山の部に参加するおっちゃんに直前でスタート地点が変わったことを教えてもらい、事なきを得る(汗)
HPに情報が出ていたらしい・・・
事前に郵送で届いた案内しか見ていなかったんで、危うく何も無いところへ行くところだった。

無事受付を済ませると、登山の部とは違い、山岳マラソンの部はウェーブスタートの為スタート時間が決められてしまった。せっかく朝一で来たのに約1時間の足止めを食らう。

1時間待たされ、いよいよ08:40にスタート。
スタート初っ端は坂道発進からスタートとなった。
IMGP1227





久々のトレランということもあり、ペースが全く分からない・・・
ロードと違って勾配も半端無いし、1年以上早朝ランを習慣にしているが、全てロードしか走っていない為、トレイルのペース配分が分からない。しかもダイヤモンドトレイルを端から端まで全縦走したのは1回きりだしルートをはっきり覚えていない。

本日の予想天気は夜には雨ということで、早まって夕方から雨が降るかも・・・と真面目に雨具をトレランザックに積めてきたが、まわりのランナーのザックを見るとどう見ても雨具を持っていない。
雨具で多少なりともザックの重量増となり、余裕もないのにハンデを背負うことになってしまった。

自分ではペースを抑えたつもりで走っていたが、どうも序盤に登りのペースが速すぎたようで、途中でバテてしまい、終盤はガタガタやった。
IMGP1229IMGP1230




全行程36㎞のところ、15:09にゴールし、タイムは6時間29分でギリギリ6時間半を切った。
IMGP1231IMGP1232




来年どうするか?と問われれば今のところは出たくない・・・
とりあえず今年エントリーした100㎞ウルトラマラソンに向けていいトレーニングになったかな。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ