2015年12月

伊吹山 雪中行動訓練

伊吹山    平成27年12月18日
U本 T K島 満寿居(記)

18日、雪中行動訓練として伊吹山に行ってきました。
暖冬らしく、まだまとまった雪が降ってないみたいです。どうやら今夜に雪が降るとの事…

17日 21:00
三ノ宮に集合。Tさんの車でU本さんの運転で滋賀県へ

24:00
道の駅、伊吹の里に到着、まだ雪はない…就寝前にいつもの小宴会を開始。
ビールが冷たかったけど、、焼酎のお湯割りも美味しかった、気温は何度かは見てなかったので分かりませんが、それほど寒くはなかったのかよく眠れました。

18日6:30起床
本当に雪が降るのか心配でしたが朝起きて伊吹山をみるとうっすらと雪が積もっていました。どうやら、寝てる間に降ってたみたいです。駐車場には雪はなかったです。
IMG_3056 

6:45
各自で簡単な朝食を食べる予定でしたが、何とK島さんがサプライズで全員分の朝食を持ってきてくれてました!それがこちらです!やっぱ女性は違いますね…自分はカロリーメイトで済ますつもりでしたので、有り難いです!流石です!
IMG_3088
 


7:45
準備し上野登山口へ出発。

8:00 
登山口の目の前の旅館の駐車場(500円)に車を止めさせて頂きました。駐車場を管理している方にみかんと飴と伊吹山の地図を貰いました、山行後、靴を洗う為のブラシも使って良いとの事。まさに至れり尽くせりです。トレランの人がいました。

8:30
登山開始IMG_3059
 

IMG_3116
うっすらとしか雪が無かったですが5合目を越えたあたりから、しっかりした雪の登山道がちらほらと…それでもアイゼンは要らないぐらいです。
 

8合目を越えたあたりで朝のトレランの人とすれ違いました。
山頂から戻ってきたみたいです。今日2周目と聞き一同驚愕。
これは、ずっとアイゼン要らないかも…雪中行動訓練なのに。
樹氷が綺麗です。IMG_3091





IMG_3090
 



13:00
山頂到着
IMG_3113IMG_3100IMG_3107

 
結局、アイゼンは使用せずに頂に。
天候も良く崩れなさそうなので食事をここで取る、雪と戯れたりと…風もそれなりに吹いていて止まっていると流石に寒い!

14:00
下山開始

16:30
上野登山口到着                             
下山報告をし、ブラシを借りて靴をきれいに洗いました。

17:30
あねがわ温泉へ、源泉かけ流し・炭酸泉浴・蘇生の湯などで、半分は露天風呂になっていてずっと露天風呂で足のマッサージしてました!最高でした!そこで晩御飯も食べ、のんびりと過ごしました。

20:00
あねがわ温泉を出発

22:30
三ノ宮到着 

雪は少なかったですが、それも幸いしてか無事に何事もなく登頂する事ができました。
たまにはのんびりした山行も良いもんですね。 

赤岳 主稜

赤岳 主稜          平成27年12月12日-13日

               L三浦 橘(記)


 約3年前から、行こう行こうと決めていた赤岳主稜についに

行ける日が来た。仕事と体調のスケジュール管理が大変だが

何とか1週間の仕事を乗り越え、金曜の夜21時に集合し、

美濃戸を目指して出発する。前日に食当のA君が不参加となった

ので予定していた朝飯と晩飯を持ってきてもらう。全部レトルト

で、若干拍子抜けする。

 翌朝3時に美濃戸着。雪は全然ないが早速仕事の疲れをとるため

仮眠する。朝7時を過ぎると続々と車がやってきて目が覚める。

 朝8時、行者小屋を目指して出発。この道を歩くのは何年振り

だろうか。何故か懐かしく感じられる。南沢のだらだらとした

登りを睡眠不足の体を一歩ずつ引き上げていく。やがてだらだら坂に

にも飽きたころ、突然行者小屋が現れる。平らなテントサイトを

探してうろうろした後、適当なスペースを見つけてテントを張る。
PC120597

 まだ12時過ぎなので、早速レトルトを開けて昼飯とする。

 しばらく酒などを飲んで寛いでいたが、もうやることもないので

とりあえず明日の取り付きを見に行こうということで装備を整え

出発する。酒が入っているので異常に息が上がる。心臓も止まりそうだ。

 文三郎道も階段や鎖場があって、なかなか手ごわい。やがて黒い

遭難碑が現れ、暫く迷った後、左に伸びるルンゼの道を発見する。

 中間部には岩にアンカーも打たれていて確保に使えそうだ。

あとは明日の天気次第ということで取り付き分岐点にマークを付けて

引き上げる。テントに戻って、晩飯のレトルトの準備をする。

 あーレトルトはわびしい。行者小屋のBCで栄養をつけて疲労回復

する予定だったが。それでも何とかデザートも作り、お茶などを飲んで

18時過ぎ、寝ることにする。隣の学生テントがうるさいので思わず

「静かにしてくれ!」と叫んでしまった。まだ時間も早かったが・・・

 それでも夜中の12時過ぎ、小便をしにテントを出るとまだ遠くの

テントでわいわいガヤガヤとやっている。さすがは八つの行者小屋だと

呆れて怒る気にもならなくなってしまう。鉱泉もさぞ賑やかいことだろう。

 気温は高いが朝4時に起きてみるとうっすらと雪が積もっていた。

 朝飯の棒ラーメンではなく、またもやレトルトを食べ餅を7個ほど

食べてカーボロードしてから、5時過ぎに出発する。1時間ほどで

分岐に到着するとすでに1パーティが暗い中取り付いている。

真っ暗な中、よう行くわと感心する。我々も負けじと薄明かりが

差してきた来た中をトラバースを開始する。朝なので体も固い。

2ピッチでチョックストンに到着し立派なビレイ点も整備されているので

登攀を開始する。雪は少ないので石の下を潜って取り付く。適度にガばが

あるのでそう難しくはない。しかし中間支点はほとんどないので落ちたら

大変だ。その後は釣瓶でピッチ交替しながらひたすら頂上を目指す。

 なんか足がグラグラするなとよくアイゼンを見てみたら、愛用の

グリベルエアーテックの2列目の爪がちびて丸くなっている。この

アイゼンはもともと爪が短いので先が丸くなったら致命的だ。前爪で

登るところはまだよいが、草付きの斜面になると足を置くたびにぬるっと

ずれる。これはいかん、アイゼンを研いでくればよかったがちびていて

研ぎようもない。帰ったらほかすことにしてなんとか今日一日頑張ろう。

 思えば不動岩でもよく足が滑ったが、原因はこれだったか・・

相方はクオーク2本とペツルのモノポイントアイゼンで頑張っている。

PC130606PC120603PC130609






 今回こそは忘れ物をしないと心に決めていたが、結局カメラとアイゼン

研ぎを忘れていた。その他にも久々の釣瓶登攀なのでどうも動作もちぐはぐ

する。天気は曇りで視界は悪いが明日は回復傾向なのでこれ以上は悪く

ならないだろうと推測する。風は弱くて助かる。しかし常用のモンベルの

冬靴が底が割れたので修理に出したため、約27年前に買ったハンワグの

革靴を引っ張り出して履いてきたがやはり昔の靴は保温性が悪く、靴下

1枚では冷えてきたので急いで靴用のカイロを入れる。あー極楽。歳は

取りたくないものじゃのう・・。靴は27年前の青年だが履く本人が

お爺さんになっていたとは!。しかし革靴の耐用年数はすごい。

もうすぐ抜かされそうだ・・

 分けのわからんことを考えながら合計10ピッチほどを越え、ふと

見ると縦走路を歩く登山者が見える。あー着いたと最後の簡単な道を

進んで縦走路で相方のM君と握手をする。いつになっても完登後の

固い握手はいいもんだ。縦走路を少し歩くと突如赤岳頂上山荘が現れ

登山者をがっかりさせる。そこから少しで赤岳頂上着。
PC130608PC130607 (1)

写真をとり、

行動食を食べた後、文三郎を目指して出発。すぐに分岐着。急傾斜の

一般路も鎖や梯子がないと非常に危ないので慎重に下りる。階段を

アイゼンで慎重に踏みしめながら樹林帯まで下り、少しで行者小屋着。

11時30分。疲れた体をテントで寝転んで癒したいがそうもいかない

ので行動食を食べ、テントを撤収して下山を開始する。美濃戸着14時。

 登山者専用の温泉「もみの湯」で二日間の汗を流してから、長い

道のりを神戸まで戻る。


 NOTES:

   

   ・ビレイ点は以前登った時よりも40m毎に整備されていた。

    (ペッツルのアンカー2個)中間支点は相変わらずハーケン。

   ・キャメロットの5番手位が非常に出番が多く重宝した。

   ・風が吹くとほとんどコールもかき消されて聞こえない。

    聞こえないときにどうするかの意思疎通も必要。

   ・撤退はさらに困難。アクシデント時は縦走路まで登り切るか

    エアーレスキューを要請するしかない。

   ・八ヶ岳西面は独特の雰囲気がある。

    

 

 

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

kobe_alpine

  • ライブドアブログ