2018年07月

H30.7.25御在所岳前尾根

パーティー:A(リーダー)YM(記録)

 

直前の22日に別パーティーも入っているが、我々も御在所岳前尾根に向かってみる。Y君は22日のパーティーにも入ってたので、2日ぶりの御在所となる。22日は酷暑で、2.5Lの水が枯渇したと聞き、飲み物を3L用意して恐れながら駐車場を後にしたところ、前情報通り暑くて汗が噴き出る。「夏は沢がいいなー」と話しながら、Aリーダーのハイペースに頑張って付いて行くと、兎の耳が右側に見え、これも登ったら楽しそうだ。最後の水場で冷たい水に元気をもらい、木陰の道を上っていくと、裏道との分岐点となるクライマー以外立入り禁止看板まで1時間ほどで到着することができた。また、若干雲が出てきてうっすら太陽を隠してくれると、風も出てきて非常に爽やかな状況となってきた。
IMG_4080







一の壁や中尾根バットレスのカリフォルニアドリーミングのすっきりとした岩壁に見とれながら、右の踏み跡をたどると
P7に到着。身支度を整えていると、汗も引いてきてやる気が湧いてくる。P7はノーマルルート(Ⅴ-)を選択。Aリーダーにリードを任せると、カムの効きを確かめながら、安定して登って行く。
IMG_4052







P6
は、チムニールート()を選択。リードはY君、細かい足場を探すも全くなく、手と足で突っ張りつつ非常に狭い奥側のカンテを使い、「ヘルメットが邪魔やー!」と叫びながら、きっちり登ってくれた。チムニー内はプロテクションが取りづらいので、リードは注意が必要。登り方が三者三様で全く違うムーブで、しんどかったが面白かった。
IMG_4075IMG_4073IMG_4033




P5北谷側ノーマルルート()、P4北谷側凹角ルート()はコンテと思っていたので、クライミングシューズからトレランシューズに履き替えたが、所々滑って肝を冷やした。後ろからガイドパーティーが追いついて来たら、Aリーダーの知り合いで、突然の出合いとAリーダの顔の広さにびっくり。P4の中間から上部はちょっと気持ち悪かったので、即座にロープを出す事にした。終了点からズレていたので、カムを2つ使ってビレイポイントを工作し、スタカットで登った。リードA

P4を越えると丁度良い場所があったので小休止。補給していると涼しい風が通り抜けてくれた。景色は快晴には及ばないが、気持ちの良いクライミングができることに感謝。P3は途中までノーロープで上部のクラックだけスタカット、リードM、ハンドジャミングも決まれば面白いが、足が不安。P2下部で荷物をデポし、ギアを減らしてヤグラに取り付く。
IMG_4038








ヤグラ(Ⅳ)、リードY、プロテクションがほとんど無いので、カムでランナーを取っていく。ヌンチャクやスリング使って、ロープの流れを意識したランナーを構築してくれ、しっかりと登っていく。中間でもピッチを切れそうだったが、トップまで抜けてもらう。3人登ったら記念撮影。二人とも旅の相棒を連れてきており、若干うらやましい。
IMG_4079IMG_4001







懸垂でコルまで下り、デポした荷物を整えて下山開始、コルから裏道に合流するまでは浮き石も多く油断出来ない。なかなか良いペースで下って行くと、藤内小屋に着いた時に「これは駐車場に4時までに着けるのでは?」との事で、ここから文字通り駆け下りていく。岩を天狗のように飛び降りながらガンガン下りていくと、気温も上がってきて、スタート時と同様に汗が噴き出る。その甲斐もあって、駐車場には45分に到着。その後、片岡温泉に浸かって、自然薯のとろろめしを食べ過ぎて帰路につく。Aリーダーは翌日誕生日とのことで、おめでとう&良い山行をありがとう!

 

(気付き)

・カムは外側の歯を安定した壁側で使用した方が良い。

・カムは9割以上引いてセットすると、回収が大変。

3人なのでダブルロープで時間差で同時に登る方法とした。最初カラビナ二枚でそれぞれムンターでセカンドビレイを行っていたが、スムースさと安全性を重視し、以降はセカンドビレイ機能のATCでビレイを行った。

・前尾根は終了点がきっちり整備されており、安心して確保できる。また短くピッチを切れるので、練習にも丁度良い。

・あまりに暑い日は山専ボトル(魔法瓶)に氷水を入れておくと幸せを感じれる。

 

(タイム概要)

0700蒼滝駐車場-0730藤内小屋-0750分岐点看板-0800 P70930 P61030 P51130 P41200 P31300 P21530分岐-1550藤内小屋-1605蒼滝駐車場

小川山クライミング合宿

メンバー:金谷(リーダー)、OKD、前田(記)
期間:7月14-17日

前田です。このところ暑くて毎日でも沢に行きたい日が続きますね。

今回は小川山にクライミング合宿に行ってきました。
キャンプ場の標高がだいたい1500mくらいあるので涼しい!

私は今回が初小川山なので、初日は小川山レイバックに挑戦。めっちゃきれいなクラックで驚き。
初めてのナチュプロルートにビビって焦りまくりand足がよく滑ってオンサイトならず。OKDさんにリードで行ってもらったおかげでトップロープでクリア。
徹夜で運転してきて疲れたので午後はキャンプ場に戻ってアイスを食べたりビールを飲む。
晩御飯はOKDさんがBBQを用意してくれた。
これぞ最高の夏休み。

2日目は屋根岩2峰のセレクションを登る。先行パーティーはなし。
1ピッチ目の短いクラックはOKDさんが苦戦しつつも登りきる。
2ピッチ目はスラブを金谷さんが登る。ランアウトが長くドキドキする。
3ピッチ目はチョックストーンがある楽しいチムニー。
4ピッチ目は少し長めのクラック、木から乗り移るところがやらしい。
5ピッチ目のトラバースは足元がスパッと切れて、はるか下に地面が見える。
ハラハラドキドキ。こういうの大好き。
6ピッチ目はOKDさんがオリジナルのセレクションのルートを行く。後半のワイドクラックの下に足がつきそうでつかないところにはヤキモキさせられた。
「セレクション」の名前にふさわしく、バリエーション豊富で見どころ満載のルートでした。
キャンプ場に戻って例のごとく悠々自適に過ごす。
私は家から持ってきたリオネル・テレイの「無償の征服者」を読む。

20180714-17小川山合宿_180723_0023







2ピッチ目




20180714-17小川山合宿_180723_0022








3ピッチ目


20180714-17小川山合宿_180724_0002



懸垂で撤収




3日目は3峰のレモンに向かうも...。
迷った。
2峰の取り付きの横を伝って行けば3峰にたどり着けるかと思ったら違ったり、
間違って4峰のほうに行きすぎたりして小一時間、いや小二時間くらい歩き回ってようやく3峰にたどり着く。
今日の核心は取り付きまでだったかも...?
気を取り直して登攀開始。
2ピッチ目はトラバース、昨日ほどではないがここもいい感じに高度感がある。
3ピッチ目はレモンのオリジナルの5.6を、自分がリードさせてもらう。
今まで3人パーティーの2人目として登ってたので、二人にビレイしてもらってダブルロープ風になる。
ただ自分はダブルロープの経験が皆無なので勝手がよくわからず、取らなくていい木に支点を取ったりして若干混乱ぎみ。
5.6なので苦も無く登れたが、もっとスムーズに支点構築とかできればよかったと反省。
そして最終の4ピッチ目、多く登られているルートは稜線のリッジを行くルートらしいが、我々はあえて右側のトラバースのルートを行く。
金谷さんがリードで登る。早々に壁の向こうに消えて姿が見えなくなり、結構な時間がかかってようやくセカンドで登り始める。
登って初めて時間がかかった理由がわかる。誰もこのルートにきてなさすぎるので壁にびっしり岩苔が張り付いている...!足を置くたびにパリパリと岩苔が音を立てるので、一挙手一投足が壁の掃除をしながら踏み出さざるを得ない。
しかも足元が切れていて高度感がめっちゃある!
このスリル、アルパインだなぁ。
金谷さんは「チンネ左方カンテを思い起こす。」と言って満足そうだ。
キャンプ場に戻ると今日はレタス味のソフトクリームを食べる。
意外とおいしいけどこれレタス味なのか...???
晩御飯は私が用意した皿うどんが好評だった。今度から山に入った時は作ろうと思う。

4日目は小川山を出て二子山に向かう。
予定ではまたマルチをやるつもりだったが、前日にこの辺りに雨が降ったようで、
あちこちから水が滴るので悪魔のエチュードだけやって帰ることに。
OKDさんが2回目のトライで成功。
今回が初めての石灰岩の岩場で、悪魔の指にさえ触れなかった。上達してまた訪れたい。


20180714-17小川山合宿_180723_0048



”悪魔の指”と格闘するOKDさん





今回の合宿ではナチュプロやクラック、マルチに石灰岩など新しい経験を積むことができた。
正直なところ自分の実力ではまだまだ及ばないものが多かったのでへこんだりもしたが、
今回は「自分の限界がわかっただけでも大進歩」ということにしておこう。
クライミングにキャンプ、夏休みの思い出としてこれ以上ないくらい楽しい日々を過ごせた。
今回登れなかった夏休みの宿題たちを片付けにまた訪れたい。

剱岳 八峰

剱岳 八ツ峰           2018年7月14日ー16日 
                 メンバー:T(記)、M下(L)、T口


 25年振りに剱岳に行くことにする。それには仕事を辞める覚悟も要るので
ブラック企業は大変だ。
 7月13日(金)21時半、川西市のM邸集合。一路北陸道を走り立山駅前の
駐車場には4時前に到着、暫く仮眠し、予約済みのケーブルとバスに乗り込み
満員の人ごみに辟易しながらようやく室堂に降り立つ。9時。荷物を担いで
人工の道をえんやらこと歩き、雷鳥沢、剣御前、剣沢と越え、ようやく真砂沢に
ついたのは16時位か。途中、長次郎雪渓を偵察に上がり、1・2峰間ルンゼの
取り付きを確認する。他の二名は遥か下でへばっていた。剱沢の警備隊の方に
聞くと長次郎上部は雪渓が切れてかなり悪いとのことで、下山路をどうとるかについて
悩む。メンバーのアイゼン歩行の状況を見ると、あまり無理はできない。
DSCF1606
1・2ルンゼ取り付きのフェースと岩小屋(穴)(中段右二か所)




 とりあえず5・6のコルから上がり、八峰頭から本峰を経由し、平蔵谷まで
伸ばして、そこから下山することにする。しかし新人T君が四日前に買ったアイゼンが
完全にハイキング用のモンベル10本爪であることがわかり、計画を縮小して
1・2コルから入り、5・6のコルから長次郎を下りるという最も確実な計画に変更する。
 テントを張り、今夜の飯を作る。新人二人は要らないもの満載だ。金属製のペグやら
焼き網やら。服の着替えを5着?やらETC。。剱のバリエーションを目指すなら
軽量化も大事だ。果たして明日、剱は我々を暖かく迎え入れてくれるだろうか。
 様々なことを想いながら山奥で暑くて寝苦しい夜を過ごす。
 15日(日)本日は行動日だが、早速寝過ごす。3時半起床。5時出発。
 テント生活はほとんど経験がないので、準備に時間がかかる。まわりのテントは
皆出発したようだ。しかし我々は既に計画を縮小しているのであまり慌てずに出発する。
 歩くこと2時間ほどで1・2のコルへ到着。天気も良いし5・6のコルから上がって
何とか本峰も踏みたいという誘惑と楽観的な期待が勝り、第二案の5.6のコルから
本峰まで登り、カニの横這いを経由して最も斜度の緩い平蔵谷を下りることにする。
DSCF1611DSCF1648DSCF1615







 5・6のコル取り付き8時。6峰が馬鹿でかい。乗越すのに2時間ほどかかった。
DSCF1618DSCF1623DSCF1627
 










DSCF1617DSCF1622DSCF1630DSCF1645
次いで7峰。どうも三の窓側の巻き道と、忠実に岩稜を辿る二つのルートがあるようだ。
この巻き道の通過に小一時間浪費 
DSCF1637
どちらがよいかは判断が付きかねるが、より安全を重視して巻きルートを進む。
 道が明瞭な間は快調だが、日陰のルンゼでは堅雪がべっとりついていて軽装備では
通過できない。這い松君にお願いして支点になってもらい、10mほど降りて
氷を通過し、また10mほどをずり上がる。捨て縄を買って来た担当に捨て縄を作るよう
指示したら、なんとナイフはテントに忘れてきたという。。剱のバリに来てナイフを忘れる
とはこれまたお粗末なことだった。その前に、ロープも新品2本をT君が買って持ってきた
が、まだ売り場のビニールに入ったままでキンク状態だ。これまたお粗末君でした。
 家でさばいてから持って来るように!それよりも新品を持ってこずとも使い慣れたので
良いのでは!?。突っ込みどころ満載で7峰を乗越し、どれが何峰やらと相談していると、
突然マイナーピークの向う側で大落石の音とともに男女の強烈な悲鳴が。。その状況により
尋常な事故ではないことがすぐに理解できたが我々の位置からはどうすることもできない。
DSCF1652DSCF1655DSCF1639
 人のことを心配するより自分たちの足元に集中を指示してピークを越えると、事故パーティ
とコンタクトが取れた。すでに初期対応はその前のPの協力を得て終わっており要救助者は
担がれてへりに拾ってもらえる開けた地点に運ばれている。下半身が動かせないようなので
胸が痛むがわれわれにできることは早く県警ヘリが到着することを祈るしかない。ふと
痩せ尾根から左に目を転じれば熊の岩の上部の雪渓で人が倒れており、廻りで何人かが介抱
している。うーむ、同時に二人も要救が命の灯を灯しながら不覚な体勢で救助を待つしか
ない状況に追いやられているとは、この山は一体どれほどの山なのだろうか!!。
 思わず胸に熱いものがこみ上げる。事故発生より1時間ほどでようやく県警ヘリが
飛来して、二名の傷着いた岳人を拾い上げていく。頼みますよ、早く病院へ。幸い
時刻も早く何より快晴なのでそれは助かった。しかし我々は相変わらず浮石だらけの
稜線を悩みながら登っていた。八峰上部は常に3級ーの岩場で、落ち頃、登り頃だ。
DSCF1616DSCF1625DSCF1628DSCF1632DSCF1650






DSCF1646
 ロープ2本では効率が悪いのでだいたい1本で登下降する。ようやく何やらわからないが
8峰を越えたように思えた。あと一登足で8峰頭に出られそうだがこれまでの時間経過を
考えると甘い判断も出来ない。時間は13時過ぎ。降りる判断をするならよい時間だ。
 幸いその地点から長次郎側に下りられそうで懸垂支点も見える。ここでこの先突入したら
頂上は17時ごろ、下山に4時間でテントは21時頃か。このメンバーで夜の雪渓下りは
大変そうだ。長次郎右又上部の雪渓下りも危険だが、まだ焦る時間帯でもないので
軽アイゼンのメンバーに安全にクライムダウンできるか確認し、本人も行けますと言うので
降りることにする。まあ最悪はロープをフィクスすれば降ろすことはできる。頂上への期待は
残った。13時半下降開始。アンテナの入る最後のエリアと思われたので、ラインに
その旨打っておく。剱の稜線では携帯が命綱だが、T君は写真等色々使っているうちに
敢え無く一日目にして電源喪失。予備電源も持たず。
 さて、長次郎に降り立つ際に3番目で降りたM君が誰でもわかる明確な墓石位の浮石に
足をのせ、落石を起こす。クライムダウンも出来る斜面だったが、運悪く下に投げられた
新品のロープを直撃。早速ロープを一つお釈迦にする。会の装備とはいえ、物の扱いが
無造作に過ぎる。不安定な石はそれ一個のみ。わざわざその上に乗るとは。。
 まだまだ練習が足りないな。切れたらまた買えばよいという問題ではない。長年に
わたって先輩諸氏が築き上げた会の財産で購入した物だ。若輩者がホイホイと会のお金を
使って次の装備を買い足していては罰が当たる。いや、すでに剱から罰を与えられている
のだ。君らは残念だがまだ早いと。
DSCF1666DSCF1667DSCF1668DSCF1669DSCF1672DSCF1673
 閑話休題。雪渓には無事下りれたが下には2,3のシュルンドが大きな口を開けて
我々を食べようと待っている。そこに落ちるわけにはいかない。先行のトレースを
参考にしながら左右に大きくシュルンドをかわし、それを抜けるとやや安心するが
あとはまだまだ前向きには降りられないのでひたすら雪面を見ながら後ろ向きに下りる。
 私のアイゼンは12本のグリベル縦走用だが爪が摩耗してほぼ廃棄用品なので非常に
刺さりが悪い。これはこの山をなめていた。この時期でも凍っている!
DSCF1674DSCF1675DSCF1677DSCF1678DSCF1679DSCF1682DSCF1683











源次郎尾根末端と平蔵谷

 苦難の数々を越えやっとのことで長次郎を下りきり、真砂沢へと延々と続く下りを
歩いてなんとかテントに到着する。明日はこれをまた登り返すと思うとぞっとするが
それが剣の懐深さだろう。いつまでこの山奥まで来て自分の能力を発揮できるのであろうか。
 荷物が担げなくなったらもう終わりだろう。それまでになんとか再燃焼させたい。
 さて、17時にテントに戻ると他の7張りほどのテントはまだ誰も帰っていないようだ。
 なんだか申し訳ないようなふがいないような微妙な気持ちになる。パックのおでんと
生の佐藤のご飯をかじったりして、酒を飲んでいるとぼつぼつと他のPが帰ってきた。
 最終は21時近くではなかっただろうか。さすがだ。我々より先に立ち、目標貫徹して
残業して楽園のテントに辿り着く。聞こえてきた声で印象があるのは「人生で一番疲れた~」
「八峰は全部で何峰あるのか訳が分からん~」しかし勝利の美酒で締めておられることだろう。
 総合力のあるものだけに山がそこへ訪れる許可を与える。なるほど剣は岳人を試す、登り
甲斐のある山だ。小手先の知識と技術で登れる山ではない。再度鍛えてもらいに行かなければ
ならない。

 NOTES:
  ・ロープは懸垂下降を考慮してダブル2本で臨んだが、残置支点も多く(古い物も多いが)
   ダブル1本でも行けそうだ。その際は補助に30m1本あれば心強い
  ・小さめのカムの出番が多かった。3本ほどあれば有効
  ・上部雪渓の切れ方によって下山時間が大幅に変わるので注意が必要。
  ・真砂沢キャンプ場は携帯もラジオの電波も入らない。俗世間から隔絶された環境。
   八峰の稜線では、所どころ携帯の電波が入った。谷へ下りると通じない。
  ・5・6のコルより上(1~5は行っていないので分からない)は平坦な場所がほとんど
   なく、全体の50%が浮石だ。二人用ツエルト位ならなんとか張れるが4人用テントは
   厳しい。燃料さえあれば雪渓から水は作れる。
  ・靴はしっかりした軽登山靴と、それに合うバンド締め12本爪アイゼンが必要。
   モンベルカジタのアイゼン(LXT系?)が良いと思うが、H30年7月現在、ジョイント部で
   外れやすいということでリコールが出ている模様。稜線自体はアプローチシューズが
   一番快適そうだが、アイゼンとの兼ね合いがある。
  ・軽アイゼン購入の顛末は店員さんに強引に勧められたためとのこと。その店員さんが
   どれだけ山を知っていたかは疑問。(スノースパイク10)。剱の雪渓で使うことを
   申告済での話。因みに、隣のテントの人とその話をしていると、あ!私もそれを買ってえ
   らい目に合って、二度と使っていない!という代物だった。
   M社の製品は玉石混合でリコールも多く、店員さんは素人が多いので新人の方は特に
   注意が必要。
   
 
  



  





記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

kobe_alpine

  • ライブドアブログ