2019年02月

2019.2.9-11 錫杖岳アイスクライミング

錫杖岳アイスクライミング 2/9-11
メンバー:丹波山岳会 M(リーダー)、F、Y
     神戸山岳会 前田(記)

こんにちは、前田です。今回は3連休で丹波山岳会の皆さんに錫杖岳に連れて行ってもらいました。写真はないです。
1日目
前泊して錫杖入り、しばらく雪が降っておらず、トレースがバッチリ残っていたため2時間ほど歩いて9時頃岩小屋着。アプローチの途中で見えた錫杖岳はマジ威圧感超ヤベー。中でも、黒い岩肌を割る白い雷光のような1ルンゼの氷瀑がエモい。今回は先行パーティーがいたため岩小屋から少し歩いた所にテント設営。設営後、私はMさんに連れられて1ルンゼへ、FさんとYさんは2ルンゼへ。
1ルンゼ1ピッチ目はWI5ということで、リードをMさんにお任せした。フォローで何度もテンションをかけて登る。核心部はさっぱり足がかりが見つからない上に、幾度も塵雪崩に襲われる。長い時は1分以上もスノーシャワーを浴びせられ精神的に痛めつけられる。2ピッチ目は傾斜の緩い氷瀑と雪田でここはリード。3ピッチ目は4~5mの立った氷瀑、Mさんリードで左側を登る。4ピッチ目は上部2~3mだけ立っている氷瀑で私がリードするも、腕がすでに限界でフォール、その際の落氷でMさんが顔に傷を負ってしまい申し訳ないことをした。リードで抜けられなさそうなのでMさんにリードを交代してもらい4ピッチ目を抜ける。そこで5ピッチ目に挑むと暗くなることに気付き、アバラコフに捨て縄で懸垂し撤退。FさんYさんは2ルンゼで4ピッチ目まで行ったとのこと。午後から雪が降り出す。

2日目
2日目はMさんと3ルンゼに挑む。1ピッチ目を私リードのコンテで抜ける。昨日からしんしんと降り積もった雪がかなりの頻度で浴びせかけられる。2ピッチ目はフォローに回る。氷が薄く核心部でプロテクションが取れず危ない。3ピッチ目はトンネル状のチムニーを抜けるピッチでリードをさせてもらった。なかなか楽しいピッチ。トンネルを抜けたとたんスノーシャワーを浴びせられ、穴に残した足を取られそうになる。4ピッチ目はMさんのリードでアックスのよく刺さる右の壁を登る。4ピッチ目が終わった所で、5ピッチ目のリードは私の番だが何やら難しそうで自信がなく、日が暮れる前に下まで降りるつもりでもあったのでここでリタイアし懸垂で撤退。FさんとYさんと合流し車まで戻る。
3日目
 この日は4人で善五郎の滝に転戦。スノーシューで氷瀑見物に来ている観光客が見守る中、お昼前までアイスクライミングを楽しんだ。

2019.2.12-13 日和佐の岩場

徳島県 美波町 日和佐 阿瀬比ノ鼻
日和佐クライミングの記録


IMG_9739

こんにちは、岩瀬琢海(以下岩瀬た)です。
1泊2日で日和佐の岩場にフリークライミングをしに行きました。
海辺の壁でロケーション抜群。難易度も初級〜中上級まであって抜群。砂岩に削られる指皮の痛みも抜群なクライミング・トリップでした。


-------------------------------------------

・メンバー
吉岡
金谷
谷口
岩瀬た(記録)



・アプローチについて
神戸から高速道路を使って3時間ほど。
今回、吉岡さんの事前調べによると岩場までのアプローチが若干わかりにくくて少し危ないらしいとのことだったので全員初めて行く場所ということもあり少し調べてから行きました。
IMG_9768



・1日目
IMG_9741

まずは手始めにということで、ひだまりエリアにて金谷さん&吉岡さん、谷口さん&岩瀬た、に分かれて各々登る。

谷口・岩瀬たチーム。
1本目"フィッシュダンス5.10a"でウォーミングアップして、さっそく"二人のアイランド5.11a"にとりかかる。ランナウトしてることは見てすぐにわかるけど、「いける」と踏んで果敢にトライする谷口さん。
シビれるクライミングができたようです。

一方、金谷・吉岡チーム。
行きの道中、金谷さんは「なんだか体調いまいちでなぁ。先に宿行っとこうかなぁ。」とか言ってましたが、岩場に着けばいの一番にひだまりエリアのどのラインを登るか見に行っていたような気がします、、、笑

IMG_9766


各課題の詳細は書きませんが、1つだけ。
実は「二人のアイランド」は5ピン目が打たれていた岩が2015年頃に崩落していたらしく、実力が無かったり手に取った岩がさらに崩壊すれば7〜10mほどのグランドフォールをするので注意です。
今回、岩が剥がれたりしなくて良かった・・・

ある程度ひだまりエリアを登ったところでドーム内に移動。
谷口さんは甌穴群を観察。僕はラビリンス、吉岡さんはサウダージを触って、明日もあることだしということで宿へ。

弘陽荘という民宿に泊まりました。朝夕食事付き¥6,500。
ご夫婦でされている民宿で、夕飯時におかわり自由のご飯が足りなくなってしまい、自分たちの夕食だったであろう豆ご飯を出してくれたりして、ホンワカする宿でした。また行きたいです◎



・2日目
吉岡さんと僕は"ラビリンス5.10d"。谷口さんは"甌穴群5.11d"、金谷さんは日向ぼっこ。じゃ無くて、甌穴群に取り組む谷口さんと組む。

IMG_9751

ラビリンス5.10dチーム。
アプローチで温まった身体でさっそくラビリンス開始。
ムーブも解決し、レストをはさみつつ交代で登って、吉岡さんは指を切って出血しながらも二人してRP。
スッキリ爽快でした。
IMG_9764


そして甌穴群5.11dチーム。
ラビリンスの隣のラインだったので、聞こえてくるうめき声からして難儀してるなぁと思ってましたが、、、
お昼休憩をはさんで、甌穴群チームは谷口さんの悔しそうな顔とともにひだまりエリアに移動していきました。
IMG_9739



引き続きラビリンスチームは、昨日吉岡さんがサウダージ5.12b/cに残置したカラビナの回収にトライ。
5.12b/cという今の僕らには手の届かないグレードを触って打ちのめされてみたいという吉岡さんはなかなかドMだなぁと思ったりしつつ、取りかかる。
3ピン目に吉岡さんのカラビナ、4ピン目に残置のカラビナがあったので、その残置カラビナをとりあえずのゴールに。
吉岡さん、3ピン目を越えて行き、ゲートが錆びてなかなか開かない4ピン目のカラビナに微妙な体制でどうにかクリップ。ギア回収成功。
12b/cはやっぱムズイゼと思いながらも、割と良い気分で素直に荷物をまとめる。
ひだまりエリアに行くと、ちょうど金谷さんが"のぼれタイヤキくん5.10c"を登って降りて来たところでした。

お菓子を片手にクライミング見学と洒落込む。
岩壁にしがみつくクライマーとその向こうに広がる海。降り注ぐ陽光と頬をなでる風。
あぁこのままずっとここに居たいなぁ。

と思えるほどには暖かくは無かったですが(風が結構強かった)、谷口さんもタイヤキくんをRPし、荷物をまとめて帰路につきました。

IMG_9745



・成果

金谷さん
幸せな海亀5.8 FL
のぼれタイヤキくん5.10c RP
フィッシュダンス5.10a FL
潮騒エクスタシー5.10b FL
カノープス5.10b FL
甌穴群5.11d 2ピン目まで

谷口さん
フィッシュダンス5.10a OS
ニ人のアイランド5.11a 2テントップアウト
潮騒エクスタシー5.10b TR回収
甌穴群5.11d 2ピン目まで
のぼれタイヤキくん5.10c RP

吉岡さん
幸せな海亀5.8 OS
のぼれタイヤキくん5.10c 1フォール1テントップアウト
フィッシュダンス5.10a OS
潮騒エクスタシー5.10b OS
カノープス5.10b OS
ラビリンス5.10d RP
サウダージ5.12b/c 4ピン目まで

岩瀬た
フィッシュダンス5.10a FL
ニ人のアイランド5.11a 4ピン目まで
潮騒エクスタシー 5.10b OS
ラビリンス5.10d RP
サウダージ5.12b/c 3ピン目まで


----------------------------------------

「ここを登ろう」
と決めて取りつく瞬間は、それが長い歩きの山でも、ボルトルートのフリークライミングでも、全く同じ意気込みだなぁとふと感じた日和佐でした。

今回登りたかったけど登れなかったり、宿題となってしまった課題がそれぞれ数多くあると思うので、また行きましょう!!
明日にでも行きたい。。。けれどグッとこらえてもっと鍛えてからにしよう。

金谷さん、車の運転、ずっとして頂いてありがとうございました!
そして、今回の日和佐を計画してくれた岡田さん、まさかの直前で予定が変わって行けなくなったのに宿の手配までして頂き、ありがとうございました!また一緒に行きましょう!!!
IMG_9730






2019.2.5 堂満岳第一ルンゼ中央稜ルート

2019.2.5
滋賀県 比良山地 堂満岳
堂満岳第一ルンゼ中央稜ルートの記録

IMG_9673

こんにちは、岩瀬琢海(以下岩瀬た)です。
堂満ルンゼに行ってきました。
この山行の前後2、3日の天候の予報が不安定だったので大丈夫かなぁと思っていましたが、当日の天気は良く存分に楽しむことができました。



以下、山行報告です。

--------------------------------------------------------------------

◎メンバー
竹内(リーダー)
岩瀬た(記録)


◎行程概要
IMG_9707

・2/4
21:30 JR比良駅 到着
22:30 イン谷口を過ぎた広場到着・テント設営
23:00 就寝

・2/5
曇りのち晴れ
気温 ー2℃〜+5℃
所により微風
5:30 起床・朝食
6:40 出発
7:50 第一ルンゼ取付の堰堤 到着
8:20 中央稜取付 到着
12:00 中央稜終了・休憩
13:20 堂満岳頂上
14:00 金糞峠
15:00 テント場 到着・休憩・撤収
17:00 JR比良駅 到着 山行終了

IMG_9686




◎行程詳細

・堂満岳第一ルンゼ中央稜について
IMG_9678

イン谷口からの登山道の道すがら、左手に2つ連続して堰堤があるところから入山。
すぐに3つ目の堰堤があり、先に進みフィックスロープが張られている小滝を越え、支谷に入らないように右岸沿いに進むと中央稜の取付きに到着。
堰堤より先は若干トレースが残っていて、膝〜場所によっては腰まで踏み抜きつつのアプローチとなりました。
中央稜取り付きからロープを出して、登攀開始。
1ピッチ目、25m
トップ竹内、フォロー岩瀬た
出だしにⅢ級程度の岩があり、それを乗っ越して岩と雪をしばらく進む。立木でビレイ。
2ピッチ目、40m
トップ岩瀬た、フォロー竹内
岩と雪をつないで、立木とピナクルでビレイ。
3ピッチ目、30m
トップ竹内、フォロー岩瀬た
リッジ。リッジ終わりで雪面を歩き正面の立木でビレイ。
4ピッチ目、25m
トップ岩瀬た、フォロー竹内
ビレイ点を直上して進んだ先の、岩のもろそうなせまいガリーに入るか、少しトラバースして雪稜のガリーに入るか迷って、直上を選択。チムニー手前の立木でビレイ
5ピッチ目、20m
トップ岩瀬た、フォロー竹内
チムニー。落石に注意を払い、ちょうど良い間隔で生えた立木に中間支点をとりつつ登る。Ⅲ級程度。
チムニーを抜けて10m程歩いて松の木とピナクルでビレイ。
6ピッチ目、25m
トップ竹内、フォロー岩瀬た
このピッチから先は竹内さんもまだ歩いたことがないらしく、リードをしたいとのことでお任せしてみる。難なく通過。立木でビレイ。
7ピッチ目、25m
トップ竹内、フォロー岩瀬た
続けて竹内さんのリード。階段状になっている岩と草付きに雪がちらほら。難なく通過し、立木でビレイ。
あとは歩きで行けるようだったので、ここでロープをしまい、踏み跡を辿ると雪の小広い広場に出ました。中央稜の登攀終了。

IMG_9708



・堂満岳頂上までのラッセルについて
IMG_9679

中央稜の頭の小広場から頂上までトレースがありましたが、それでもところどころ膝〜腰まで踏み抜くラッセルでした。
交代番子でラッセルするつもりでしたが、「ギャッ」とか「ウワァ」とか言いながらも根性と気合で竹内さんがほとんど先頭でラッセルし、交代したのは1回だけ。
強いなぁと思いながら僕は後ろをついていくだけの1時間半でした。竹内さん、ありがとうございます!
IMG_9681



・雪崩について
山行日の2日前から神戸では雨が降ったり止んだり。気温も高い。
神戸のこの雨は比良では雪になっていてルンゼは雪で埋め尽くされてるかもしれないなぁと思ったりしながら当日を迎え、比良駅に着くと全く雪が無く登山口のテント場もほぼ無雪でした。
登山道に入ると雪が出始めましたが、ルンゼ取り付きまでの一般道のトレースは硬く、降雪の影も薄い。どうやら昨日までは雪ではなく雨だったもよう。
第一ルンゼの堰堤から腐った雪を掻き分け、ある程度雪崩れた跡を確認し、それでも気温の上昇に伴う雪崩の可能性を考えながら竹内さんの示す道の通りにラッセル。
中央稜に取り付けば雪崩の危険性も皆無に思われ、雪稜のリッジ部分はここ数日降ったであろう雨によって適度に削がれて程よく締まりバイルもよく効く。
ワクワク登っているうちに中央稜が終わり、しばし休憩。
時間もまだ余裕のある範囲内。
よし、今回の目標であった堂満岳の頂上まで行きましょうと、目に見えて深そうな稜線樹林帯のラッセルをこなし、無事に頂上に到着。眩しく日が当たり、風も弱く清々しい気分。
一息ついて、さてでは降りましょうと一般道を歩くと、おそらく第2ルンゼの抜け口にあたるであろう箇所に崩壊寸前の雪庇を見る。
下山の道中にも今日雪崩れたであろう箇所が一箇所あり、僕は雪崩の可能性やイメージについて無知だなと反省するような気持ちになりました。
雪の状態を見る目をつけるのと合わせて、もっと地形図を読み込むようにしようと思います。

IMG_9682


-----------------------------------------------------------------

以上、山行報告でした。


今回、僕は初めてのアルパインクライミングで、なおかつお誘い頂いた竹内さんとは初めての山行ということもあり事前の計画段階では入門者向けのルートで情報豊富といえども雪崩のことやこの2人でのトータルの能力などを考えると未知の要素が大きく正直不安で少しナーバスになっていました。
しかし、当日を迎えて顔を合わせて話をしていると僕がこっそり懸念していた考え方や取り組み方のすれ違いも埋まっていき、結果、人間的なストレスの無い良い山行となったので、メールなどのやりとりだけじゃなくて顔を合わせてのコミュニケーションは非常に大事なんだなと改めて思いました!

また、余談ですが、中央稜での登攀はロープの流れを考慮した中間支点もとって、各々もっとロープを伸ばせばピッチ数も少なくなり、より素早い行動ができたのだろうと思います。
スポーツ的なクライミングと違って、自由にルートどりができる(登りたいルートの弱点を探って登れる)アルパインクライミングではシステム面での効率的な素早い登攀をすることが最重要なことのうちの1つに入ると思うので、次回はそれを課題に工夫してみようと思います。


竹内さん、ありがとうございました!!!
お互い早く車に乗れるようになって、良いカーライフを送れるようになったら良いなと思います!が、たまには電車で登山口に行くのも良いなとも思います!

IMG_9674




記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

kobe_alpine

  • ライブドアブログ