氷ノ山山スキー     平成24年2月11日(土)  Y山(単独)


一時冬型気圧配置が崩れて気温が上がってましたが、冬型の気圧配置に戻ってパウダースノーの上に、本日は冬型気圧配置が若干緩んで絶好の山頂アタック日和が予想天気図から読み取れた為、氷ノ山山頂アタックを敢行しました。
今回は自身初となる若桜スキー場からリフトを使用して体力温存。
つい最近35歳となり、四捨五入すれば早40歳・・・体力は落ちていく一方なので、使えるものは有効活用して楽させてもらいます(苦笑)
あんまりハードな山行は、おっちゃん疲れました(笑)
 
今回の山行計画↓
08:30わかさスキー場ゲレンデトップ→09:30三ノ丸→10:30氷ノ山山頂→11:00仙谷滑降→12:00ゲレンデ→12:30ゲレンデトップ→13:30三ノ丸→14:00ワサビ谷滑降→15:00ゲレンデ
1シーズンで何回出遭えるか分からない厳冬期の好天且つパウダースノーの滑走に重点を置いたハードスケジュールです。
 
予報から読みとった好天とはいかず、山頂部がガスがかかっている中アタック開始。
リフトを降りた後、急坂をツボ足登高。先行者のトレースがあり、助かりました。
傾斜がなだらかになった所で、先行のスノーボード・パーティに追いつき、スノボ・パーティは直ぐに滑降するらしく、トレースが無くなる。ここからはシール登高。
P2110002

山頂台地はガスがかかっており、視程は8mほどで、ほとんど何も見えない中、読図に神経を集中させて山頂アタックを継続。
P2110005

スマホのGPSを補助で使いましたが、あくまでも補助的な使用しかできません。スマホのGPSはメインにするには性能がショボ過ぎる・・・

ホワイトモンスターを見ながらも読図に集中。
P2110018

視界が悪過ぎて、雪面の起伏が分かり辛く、ゆっくりとシールのまま滑走してたら段差があり、転落。幸い怪我も無く、直ぐに行動できましたが、単独行で怪我をしたら致命的(恐)
一時、緩傾斜をシール滑走していると雪酔いになりました。視界が効かない為に、ゆっくり進んでいるつもりが全く板が滑って無くて気持ち悪くなりました。これが噂に聞く"雪酔い"ってヤツか・・・と妙に納得(苦笑)
より慎重に地形を読みつつ前進。

そして、約10ヶ月ぶりの氷ノ山山頂!気温はマイナス12℃、風速は10m/sほど。
P2110020

なんとかルートファインディングに成功し、無事登頂できました♪
単独での視界不良の雪山行動はかなり不安で緊張し、心細かった・・・
パーティ登山ならどれ程心強いか・・・
でも単独の為に必死で読図をするので、読図力を身につけるには最適な登山形態ですね(笑)かなりリスクが高いですけど。

山頂付近はウィンドクラストでカリカリの雪質でした。先日気温が上がった際に雨が降ったのかもしれません。
 
スキーラッセルじゃなかったら遅々として進まずにピークに立てなかった気がします。スキーラッセルで脛でした。
ツボ足では有り得ないスキーの驚異的なラッセル能力様様です。スノーシューや山スキーもどきのスキーベンチャー程度の浮力だと深雪ラッセルはキツいでしょうね。
こういう深雪パウダーの時には贅沢を言えばスーパーファット板が欲しいところですが、しがないサラリーマンには望むべくもありません(涙)
 
視界の効かないシビアなルートファインディングを強いられ、予想以上に山頂着に時間がかかった為、山頂から程近い仙谷のみの滑走にする。
出だしの樹林帯が滑りにくかったけど、程無く快適な滑走ができる。
P2110027

予想通りの極楽パウダー♪
P2110032
P2110034
P2110037

谷を下っていくと、堰堤らしきものがあり、一部ぽっかりと穴が開いており、滑落の危険が。クレバスですね(汗)

クレバスに注意しながらも極楽パウダーを堪能してゲレンデに無事帰還。
谷上の地形の為、雪崩が怖かったですが、気温が低かった為雪は安定してました。

今まではなるべくリフトを使用しない山スキー山行を計画してましたが、リフトを使用しての山行もアリですね~。何より楽チン♪
体力が下降の一途を辿るおっさんには最適でハマりそうです(笑)

GPSがあれば、当初の計画通りワサビ谷の滑走もできたでしょうね。
視界が悪いと読図にも限界があります・・・

何気に厳冬期の氷ノ山登頂は今回が初めて。それだけ厳冬期の氷ノ山登頂は難しいってことかな。