伯耆大山
登山(夏道)&雪上訓練

2018年3月13日(火)
天候 晴
メンバー A井(L)、O西(SL)、T口、T内、I 橋、OKD(記)

今回は雪山初心者も参加ということで、雪上訓練も兼ね伯耆大山へ。
午前0時半にメンバー全員三ノ宮駅に集合し、「さあ出発!」といきたいところが・・・T口さん、まさかの寝坊・・・直接現地に向かうとのことで、残りのメンバーで大山へ向かう。
午前4時ころに駐車場に着き、しばし仮眠、目が覚めるとT口さんの真っ赤なロードスターが横に止まっておりホッと一安心、さっそく準備に取り掛かる。
午前6時40分それぞれ準備を整え気合を入れて出発。
A井リーダーを中心になんだか戦隊もののような後ろ姿。
P3131656P3131658


夏道登山口から入ってすぐ、連日の陽気で溶けた雪が再び夜中に凍ったのか足元がツルツル滑り、早々にアイゼンを着けることに。
足元もしっかりしてザックも軽くなり、仕切り直していざ出発。
A井リーダーを先頭にフラットキックに心がけながら順調に高度を稼ぐ。
P3131661P3131673


午前8時40分、6合目避難小屋に到着。
ここで滑落停止訓練。
O西監督の御指導のもと、ピッケルを使ったセルフビレイ、腰がらみでのビレイ、滑落停止方法等、慣れない動作に戸惑いながらも皆積極的に反復練習する。
監督の滑落停止見本はさながら❝蝶のように舞い蜂のように刺す❞といった感じで、ひらりと反転したと思うと一撃必殺でピックを突き刺し、ピタリと停止。
皆一同に「おぉ~」と歓声が上がりました。
P3131678P3131679P3131687


滑落停止訓練を終え再び登山開始。
励ましあいながら最後の登りを越え、1600m付近になると急になだらかな斜面となった。
天気は常に快晴、日本海の水平線まで見渡せた。
海の向こうでは平昌パラリンピックの選手が健闘しているころか。
I 橋君が海に向かって「ヤッホー」と叫ぶ。。。当然返事はない。。。。
P3131693P3131697P3131700


スタートから順調なペースで登り続け、滑落停止訓練にも小一時間を費やしたがほぼ予定通り午前10時40分頂上碑に到着、しばし各々撮影タイム。
偶然通りかかった他の登山者に依頼し、全員集合で写真におさまることができた。
お約束の❝シェー❞させて頂きました。
向こうに見えるのが最高峰の剣が峰、冬季のみ登頂可能だがこの日は気温も高く、この時点で雪も緩んできている。
剣が峰の登頂はまた次の機会ということで。
P3131708


撮影会後は弥山避難小屋で軽く腹ごなし。
T内さんのザックからゴボウ天が出てきたのは少々驚きましたが、これがまた絶妙。
汗をかいた体に、優しい塩味が染みました。
その後美しい北壁を眺めながら一気に高度を下げる。
来シーズンは北壁にチャレンジしたいですね。
P3131711


午前11時50分、再び6合目避難小屋に到着。
小屋横の雪だまりで雪崩の弱層テスト。
皆で雪を掘り出し、弱層テストの方法をO西監督から教わるも今日の雪はなかなかに強固でうまく層からズレてくれず・・・「雪崩の心配なし!」との結論。
T口さん、PetzlのNewヘルメットかと見紛うようなヘアースタイル、似合ってますYO!!
P3131714P3131715


最後は阿弥陀堂横の開けた場所で、ビーコンの使用方法を確認。
今回は1台を隠して探索し、トリプルアンテナ、シングルアンテナの性能の違いや使用方法を試してみた。
実際にやってみると、ある程度の範囲は絞ることができるものの残り数メートルの探索が非常に難しく、ゾンデ棒も併用することでいかに早く発見することが重要かを体験することができた。
P3131716P3131718


午後2時10分下山。
装備を片付け、豪円湯院で汗を流す。
顔が日焼けしていて温泉でピリピリしました。
温泉でサッパリしてから食事し、その後帰路につきました。
帰りの車窓からもかっこいい伯耆大山の姿が見られました。
P3131719P3131722


今回の山行を計画してくれたA井リーダー、多々指導してくれたO西さん、パーティーの皆さん、有意義で楽しい山行をありがとうございました!!
下界はもう春の陽気、沢シーズン始まりの予感!!