2019.6.14 安曇川水系ヘク谷 メンバーHI(記)

 

 

今年の沢始めとして、南紀の名渓2本立てで計画する。

しかし、無情にもピンポイントで2日間、雨予報となってしまう。

考えた末、南部よりも雨雲がかかるのが遅い、北部ヘク谷日帰りに計画を切り替える。

でも、やっぱり雨から逃れることはできなかった(哀・・・。)
DSCN8368





 

614日(金)曇り後雨

深夜、すっかり忘れていた名神工事通行止めを回避しながら、琵琶湖畔の道の駅に到着するも何故か雨が本降り。

仮眠から目覚めると雨は止んでいたものの、いつ降り出してもおかしくない曇天だ。

軽く朝食を摂り、峠を越えて葛川坂下へ向かう。

坂下トンネルを抜けて左の細い側道に入り、国道下の空スペースに駐車する。

目の前がヘク谷で、アプローチが楽なのは嬉しい限り。
DSCN8343







短パンを忘れたので、カッパを履いて準備し、入渓する。

安曇川を渡渉して対岸の細い水流に入り、うっそうとした樹林帯の中を進む。
DSCN8346







過去の台風等の影響か、倒木が多い。

当日、詳しいトポが手元になかったので、以下、印象に残った滝等を記録しておく。

標高470m付近に現れた2段滝(2条8m滝?)だが、濡れるのが嫌なので、左の大岩を縫うようにして中段に登り、更に左の岩穴から上部へ抜ける。

滑って悪そうだったので、後続は、中段にて腰絡みで確保する。

DSCN8356






その後はお手頃な斜滝が連続し、殆どが水流沿いに越えて行ける。
DSCN8370DSCN8371DSCN8373







この多段滝は、登れそうになかったので左から巻き上がる。
DSCN8382







その後も、お手頃滝が続く。
DSCN8392DSCN8395






標高620m付近に現れた212m滝。
DSCN8398






冷水を浴びたくないが、左手水流沿いなら登れそうだ。

ロープを引いて左からステップを右上し、中段から左手の水流沿いを登る。

容易に見えたが、抜け口が意外に悪く、水流沿いのスタンスを拾いながら、じわりと乗っ越す。

右岸の岩肌に沢山の錆び付いた残置ハーケンがあったが、一本補強打ちして後続をビレイ。
釜をもった3m滝を越えると、標高670m付近に現れた核心の215m滝。
DSCN8402DSCN8406







ご丁寧に、滝の右手にピンクリボンが付いたハーケンが要所要所に打ち込んである。

暫く逡巡し、大人しく左岸を高巻くことにする。

しかし、この高巻きは、濡れた落ち葉の滑り易い急斜面で手がかりも少なく、高度感も相俟って結構悪かった。

これを越えると直ぐに、この谷最大の18m滝。(標高720m付近)
DSCN8416







直瀑は迫力があるが、飛沫で冷えて寒いので、そうそうに左岸のガレ場を巻き上がる。

このガレ場は脆く崩れやすいので注意が必要だが、小さく巻ける。

核心部を抜けたので大滝上で、暫く大休止する。

休憩中にヒルが首の後ろを這っているのに気付き、慌てて振り払う。(高巻き時に付着したようだ。)

この先、谷は狭まり、小滝が連続する。
DSCN8424






最後の3m小滝が滑り易く、抜けるのに少々手こずる。
DSCN8430






そして標高760m付近の最初の二俣を右に進む。
DSCN8433






傾斜と流れが穏やかになり、釜を持った2mナメ滝等の小滝を越えて行く。
DSCN8442DSCN8447







標高810m付近の二俣は右手に進む。(崩壊した植林小屋跡?あり。)
DSCN8450







標高870m付近で右手から小さい沢が合流するが、そのまま進み次の二俣へ。

直ぐ先の二俣は、右手に赤茶色の5mナメ滝がかかるので、これを登る。
DSCN8462







抜け口の手がかりが少なく、垂れ下がった木の枝でA0

これを越えると水流がなくなり、巨岩の積み重なった岩場を縫うように越えて行くが、疲労感の濃いオッサンにはしんどい。
DSCN8464






辺りは霧に包まれ、仙人でも出てきそうな幻想的な雰囲気だ。
DSCN8466







次の二俣から沢は更に狭まり、石がゴロゴロして歩きにくいので、右岸沿いの踏み跡を辿る。

最後の二俣を右手(南西)に進み、暫く沢筋を辿ると、待望の小女郎ヶ池に飛び出した。
DSCN8469






晴れていれば間違いなく昼寝だが、視界がなく強風が吹き抜けていくので、その余裕すらない。

寒さに震えながら、靴を履き替えていると、ポツリポツリと雨が降り出す。

急いで下山と重い腰を上げるも、視界が悪いので、下山方向も定まらない。

コンパスで方角を確認しながら、坂下への細い登山道を辿る。

途中で本降りが土砂降りに変わり、やるせない気持ちになりながら、ポツポツと下る。

登山道は、倒木等で所々荒れており、特に標高650m付近の緩傾斜面は、注意が必要。(北進だが西方の谷間に降りる踏み跡あり。)

漸くサカ谷まで下山するも、渡渉で、まさかのドボンをかまし、更に気持ちが萎える。

何気なく濡れた足元に目をやると、沢山小枝が付いているなと思いきや、大量のヒルが纏わり付いているではないか!?

これはヤバイ!と登山口まで小走りに下り、一匹一匹丁寧に指で摘まんで取り除く。

ヒル地獄を脱し、舗装路を10分程歩いて駐車地まで戻る。

入念にヒルチェックしながら着替えると、案の定、何匹か喰らい付いていたので、忌避剤で、旅立っていただく。

帰りは、少し遠回りになるが、朽木温泉てんくうで汗を流し、大津市内でご当地ラーメンを食べて帰路に着く。

 

コースタイム:駐車地06300830 212m滝~0910 215m滝~0935 18m滝~1020最初の二俣~1040 2つ目の二俣(本谷分岐)~1115 3つ目の二俣(5mナメ滝)11404つ目の二俣(涸沢)~1200小女郎ヶ池12251400サカ谷登山口~1410駐車地

平面距離:7.52km、累積標高(登り、下り)1,100m

 ****************************************************************** 

初級者向けの沢と思って急遽選んだが、渋い滝もあり、意外と登り応えがあった。

もう少し天気が良ければ、積極的に登れた気もするが・・・。

過去の台風等の影響か、倒木が多く、所々荒れた雰囲気なのが残念。

ヒルは、沢沿いと、登山道に多数生息している模様です。(雨天時は特に活動が活発⁉)

Hさん、雨の中お疲れさまでした!また懲りずに次回もよろしくです!