こんにちは、田中です。
初冬の槍ヶ岳に行ってきました。
雪山に向けての身体慣らしと思っていましたが、ラッセルや強風に煽られながら、なかなかハードな山行になりました。それでも、やはり白銀の世界は言葉にならない美しさ。感動の連続でした。


以下山行報告です。

◎メンバー
田中、長野

◎装備
ツエルト、寝袋、エアマット、マット、ダウン(上下・シューズ)、ヘルメット、ピッケル、アイゼン、ゲイター、バラクラバ、手袋、スリング、カラビナ、ゴーグル、ガス、水4.2l、食料、行動食、地図、コンパス、カメラ、充電器、ヘッドランプ、カイロ

◎行程概要
11月16日
20:30 集合、出発
2:30 新穂高温泉着・仮眠

11月17日
3:30 起床
4:50 新穂高温泉出発
6:50 白出沢出合
9:40 槍平小屋
15:30 千丈分岐点
18:05 飛騨乗越
18:30 冬季小屋


11月18日
5:00 起床
6:10 小屋周辺散歩
8:30 冬季小屋出発
8:40 飛騨乗越
9:20 千丈分岐点
11:00 槍平小屋
13:30 白出沢出合
15:00 新穂高温泉


◎行程詳細
11月17日
駐車場には計10台程の車。この時期ともなれば
ぐっと登山者が減る。

出発は睡眠優先で少し遅めへ。気温は2℃、風もなく寒さを感じない。2人とも厳冬期用のシュラフが入っているためか、「ザックが嵩高い割には軽いね」と言いながら出発。長野君は55Lの容量がハチきれそうでした。
PB170020

白出沢を過ぎた辺りから雪景色になってくる。そして2人して登場したゴム手。やっぱり冬はコレ、最強の相棒。
PB170040

滝谷出合はまだしっかりと水が流れており、雪の積もった木橋を渡る。
PB170054

line_9680375649811

槍平小屋辺りは積雪5〜6cm程。
朝も昼も行動食もどら焼き揃いの長野君。因みに2日目も。
PB170089

PB170114


そして、ここからラッセルに苦しめられる。飛騨沢の登りも加わり、目先の距離が全然縮まらない。今の時期でこれなので、この先のことを考えると恐ろしい…。
PB170183
PB170224
PB170232
PB170238

あっという間に時間が過ぎ、日没に備えアイゼン装着と防寒着を着込みラストスパート。
ヘトヘトで冬期小屋に到着。



11月18日
仮眠のつもりが起きたら0時。
日付けが変わってからの夜ご飯へ。鍋で温まり、2時半再び就寝。

4時、暴風唸る音を聞きアラームをスルー。
5時に目が覚め起床するも、依然ゴーゴーとすごい風の音。とても穂先に登れるような状況ではない。朝食を済ませ、外を偵察。
PB180250
PB180252
PB180266

外を見てビックリ!ちょうど日の出の時間で、強風が吹き荒れる中、ガスの晴れ間から眺望が。
嬉しくてしばし撮影大会。
PB180289
PB180323
PB180334
PB180360
PB180362
PB180386
PB180383


夜間の降雪は3〜4cm程。

時折身体が持って行かれそうな突風が吹く。
PB180375


幸せな時間
PB180530
PB180478
PB180492
PB180483
PB180498


だいぶ満喫させてもらい、ゆっくりめの出発。
PB180540
PB180552
PB180554

前日苦労した登りも、下りは快適。新雪のフカフカ雪をグングン下る。
PB180580
PB180588
PB180589

それにしても今日はすごい風。
PB180612


下りは早く、あっという間に槍平小屋。
昨日の晴天で雪が溶けたのか、積雪量が減っている。
白出沢を過ぎた辺りから雨が振りだす。なんともいいタイミング。
line_9695267384315

15時新穂高温着。

◎まとめ
当初の計画より、両日ともゆったり時間をとっての山行となりました。初冬と言えどやっぱりラッセルは苦しかったです。
それでも天候に恵まれた2日間、感動的な世界でした。