山スキー

乗鞍 山スキー

乗鞍 山スキー

令和2年2月23-24日

岡島家

 

2/23(天皇誕生日) 雪

前日に入山予定であったが低気圧の通過で全国的に悪天のため、入山を一日遅らせた。今日は冬型で風雪が強く、スキー場の駐車場でしばらく時間待ち。
リフト終点12:00出発。2200m付近にてテント泊14:00

 

2/24() 快晴 地吹雪

出発5:30、位ヶ原上部2600m付近の便所小屋7:30、肩ノ小屋8:30

朝日岳9:30引き返し、天場11:30、スキー場駐車場14:00下山

 

乗鞍は2007年の年末に金田さん、野上さん、迫田さん達と来て以来であった。あの時は大雪で位ヶ原へ上がる途中でホワイトアウトとなり、地図と磁石を必死に見ながらなんとか車道の目印のポールを見つけ、ツアーコースに戻ることができた。丁度、槍平で大きな雪崩遭難が起こった時だった。

乗鞍はスキー場から直ぐに上がれる安易なイメージがあるかも知れないが、位ヶ原から上は視界がないと行動できない。また、樹林限界を越えると風除けも無く、車道沿いの便所小屋と、肩ノ小屋の脇ぐらいしか落ち着いて休めるところが無い。今回は快晴で視界無限大であったが、前日の大雪は強風で舞い上がりブリザードとなり、最高峰の剣ヶ峰手前は脚を払われそうな危険な風のため朝日岳で引き返した。

 展望はすばらしい。北方は左手から白山連峰、正面は笠と槍穂高が一望でき、前穂の北尾根がはっきりと認められる。南側の御嶽も至近距離に見える。

 

位ヶ原からの下りでスキーで転んでズッコケている処に芦田さん達が上がってきた。予定どおり出合えて安心した。上部の様子などを話してそれぞれの方向に向かう。

スキー場に下山してから仰ぐ乗鞍頂上は先程にも増して猛烈な雪煙が上がっていた。

追記 
スキーシールの糊が乾いて板に張り付かなくなったら、幅広の両面テープ(5cm幅で絨毯固定用)がよい。安上がりで楽に張れる。


入山ツアーコース位ヶ原2

ツアーコースから位ヶ原




ブリザード位ヶ原

位ヶ原から肩ノ小屋





朝日岳剣ヶ峰
朝日岳から剣ヶ峰






芦田さん

芦田さんに撮ってもらう






両面テープ


シールとビンディングの調整


  




元年の黒部源流の春山

元年の黒部源流の春山  令和元年 5月3日~5日

岡島×2+娘、浦本

 

5/3(憲法記念日) 快晴

新穂高7:30-鏡平13:00

蒲田川左俣は初めての山域でした。これまで穂高や槍に向かう右俣ばかりであった。笠ヶ岳の穴毛谷の荒々しい景観が広角で間近に迫り、滝谷とはまた違った迫力である。小池新道に入る手前の下抜戸沢付近や奥抜戸沢は巨大なデブリの山となっている。

 昨年の11月に大西さん達と槍ヶ岳に行ったとき、西鎌から鏡平が手の届く様な近くに見え、次は鏡平に泊まって黒部源流の山を登ろうと決めていた。この時期は鏡平の小屋や池は雪の下で、樹々も大半は雪に埋もれており、槍から穂高のパノラマを遮るものが無い。

 6テンを張ってメシの準備をしようと、ガソリンコンロに火を点けようとするが、気化したガスが出てこない。ノズルの詰まりかと思ってニードルで突くが貫通しない。分解してガソリン臭い管を口で吹いて詰まり個所を調べると、どうやら本体の火口付近のプレヒート部分の管が詰まっている。無理に使用してガソリンが炎上して火事になっても危ないので、残りのEPIガス2缶で燃料計画を考える。ガス缶2ケを使い切ったら、非常用のメタ1箱でお湯を作ることは可能である。

3泊4日で三俣小屋にベースを置いて、鷲羽と水晶を登る計画である。皆で相談したところ、燃料を心配しながら水晶まで行くのは止めて、ここから鷲羽岳の往復に変更することに変更する。余談であるが、松濤昭の「風雪のビバーク」はラジウス(石油コンロ)の故障が発端である。

ガソリンもガスもヘッドが詰まって使えなくなるかも知れないので、非常用のメタとロウソク、ライターとマッチの携行を奨めます。メタやライターは長期間放ったらかしておくと可燃ガスの気が無くなるので、昔ながらのロウソクとマッチが壊れることも減ることも無く安心。

 そして、コンロは山に行く前に点検すること。今までは山に入る前にガソリンコンロは家で燃焼テストをしていたのに、今回に限って確認しなかった。怠慢をこいた時に限ってトラブルである。

 

5/4(みどりの日) 快晴

鏡平 発4:30-鷲羽岳10:30~11:00-鏡平 帰着17:00

早朝の雪が未だ硬いうちに出来るだけ距離を稼ぐ。三俣蓮華あたりまでは、ひょっとして水晶岳も行けるかも知れないとの楽勝感が沸く。しかし9時頃を過ぎると雪が腐りだしてスピードが出ない。鷲羽から水晶までは楽そうだが、帰路に黒部源流を登り返して更に三俣蓮華を登るのは無理やな、と鷲羽岳を登りながら悟る。

三俣に着いた頃から双六・三俣周辺をヘリが旋回して騒々しくなってきた。まだ山小屋は締まっているので荷揚げのヘリではない。樅沢岳の北面をヘリがホバーリングしている。事故があった様子だ。ヘリはレスキュー隊をデブリの斜面に降ろして、一旦立ち去った。しばらくして再びヘリが飛来し、ホバーリングして直ぐに西鎌尾根を越えて飛び去った。ピックアップできた様だ。

黒部源流は元の静寂に戻った。鷲羽岳の登山者は意外と少なく、頂上は4人の男女のグループだけであった。黒部五郎の方は殆ど人の気配が感じられない。
 天気が崩れる心配も無いので、日暮れるまでにベースキャンプに帰ればよい。

 

5/5(こどもの日) 快晴

鏡平 800 - 新穂高 下山1200

下山はスキーで滑降するので、雪が緩むまでゆっくり出発する。所々バーンで硬いが振子沢で滑りやすい。下るほどデブリが増えるので林道に出る辺りからスキーを脱いで担ぐ。デブリ地帯を抜けたらワサビ平辺りまで再びスキーを履いて平地滑走。

雪が無くなり今シーズンのスキーは終了。山菜採りに商売替えして、コゴミを摘みながら新穂高へ。今度は薬師か黒部五郎にスキーを持って行きたい。
 追記。平湯バスターミナルの温泉は営業中止したのでご注意。 
DSC06900.JPG DSC06906.JPGDSC06915.JPG  DSC06975.JPG
 入山          抜戸岳からのデブリ     鏡平への急登を終えて      アタックの朝
 
DSC07003.JPGDSC07009.JPGDSC07029.JPGDSC07033




 弓折岳付近        鷲羽岳遠望 左が双六岳  三俣蓮華岳から鷲羽へ    黒部川の源

CIMG0509DSC07046.JPGDSC07054.JPG




 鏡平BCを見下ろす    BC撤収         滑降


西穂高沢スキー滑降

ワンデイで西穂山頂から西穂高沢をスキー滑降しました。

始発の新穂高ロープウェイに乗り、西穂高口駅から西穂山荘までシールでハイク。
西穂山荘から先は斜面が凍っているのでスキーを背負ってアイゼンに履き替えました。
独標以降、アップダウンの続くやせた岩稜を進み、西穂高岳に登頂。

山頂で穂高連峰の絶景を楽しんだ後、滑走準備していよいよドロップ。
山頂直下で横滑りやスキーカットをしてから思い切って飛び込みました。
急斜面、オープンバーン、パウダー、快晴と最高のコンディションで
思わず奇声を発しながら滑りました。

西穂高沢下部のクラストとデブリをやっつけて、途中から岳沢の登山道に合流し
上高地まで下りました。上高地からはスケーティングしたりスキーを担いだりして
釜トンネルの下側出口へ到着、タクシーで新穂高ロープウェイ駐車場へ帰着しました。

3シーズン前からの目標だった西穂山頂からの西穂高沢スキー滑降をついに達成、
記憶に残る山行になりました。

2012年4月8日
西穂高口 9:05 - 10:05 西穂山荘 10:25 - 11:32 西穂独標 11:40 - 13:33 西穂高岳山頂 14:00 - 西穂高沢スキー滑降 - 岳沢 - 15:12 上高地 - 16:52 釜トンネル下側出口
<メンバー> M、T

IMG_8275
西穂に向けて岩稜を登行。

IMG_5712
西穂山頂にて。

IMG_5737_20120410001032
西穂山頂から西穂高沢へドロップ。

IMG_8297
西穂山頂から西穂高沢へドロップ。

IMG_8453
西穂高沢を滑降。

記: M

蘇武岳山スキー

蘇武岳山スキー     平成24年1月15日(日)  Y山(単独)


加藤文太郎・植村直己が愛した故郷の山、蘇武岳へ山スキーに行ってきました。

当初1/14(土)に行く予定でしたが、1/15(日)の休日出勤が無くなり、且つ日曜日の方が冬型気圧配置が緩んで風が弱そうな天気図だったんで、1/15(日)に日程変更。
単独行の強みでフレキシブルに山行予定を組めます。

06:38閉鎖された名色スキー場を出発。
06:00に駐車場から出発するつもりでしたが、初めての場所で暗くて道がよく分からず辺りが明るくなり始める頃に出発を遅らせました。

積雪は十分で、トレースの全くないゲレンデをスタートからシール登高。

閉鎖されたロッジを確認。地形図を見て高度計を補正。
P1150002

振り返ると、単独ボーダーに追跡されてました。
ゲレンデトップの斜面には巨大な雪庇が。

雪庇を迂回し、樹林帯を登高し、ゲレンデトップの尾根に出ました。
左側は雪庇の為、右側の樹林帯に沿って進みます。

振り返るとゲレンデ側の雪庇が今にも崩れそう。
P1150007

08:27ゲレンデトップの旧リフト降り場着。

さて、ここから本格的に読図開始。
気を引き締めて出発するも、いきなりあらぬ方向へ進んでしまい、地形図とコンパスを使用し、間違いに気付く。

地形図・コンパスを使用して正しいルートを見出だし、蘇武岳へ向かう。
初めてのルートの為、頻繁に地形図・コンパス・高度計で現在地を確認しつつルートファインディング。緊張するけど、最高に楽しい♪
ここまで読図をするのは昨年2月の視界不良の氷ノ山以来。
残雪期の乗鞍・御嶽でも結構読図をしましたが、残雪期で天候が良く、視界が効いていたので厳冬期の氷ノ山ほどのシビアさはありませんでした。

緊張しながらも読図を楽しみつつ進んでいくと、スキーツアーの標識がありました。

これで間違いなく蘇武岳へ向かっていることが判明。一安心。
自分では正しくルートファインディングしているつもりでも尾根一本間違えたら大変なことになりますからね。

程良い起伏があり、スキーツアーには持って来いのルート。スノーボード向きじゃないルートですね。
P1150010

樹氷が満開です。

雪の重みと強風で(?)傾いたホワイトモンスター。
P1150018

標高を上げるにつれ、ガスが掛かり始める。ホワイトモンスター越しに見た山頂方面。

視界が悪い中、顕著なコルに出ましたが現在地がはっきりせず。

およその見当をつけ、目の前の雪庇を迂回して尾根に出る。

10:52地形図・コンパス・高度計を確認すると、どうも蘇武岳山頂に着いたっぽいが、視界不良で山座同定ができず、イマイチ自信が無い。
雪庇を迂回して登ってきた方向を見やるも視界が効かず・・・

とりあえず、頂上台地と思しき場所で最も標高が高い地点と思われる場所周辺を捜索。
すると明らかに人工物と思われる木片が雪面から覗いているのを発見。
スコップを出すのも面倒なので、手で雪面を掘り下げると頂上標識が出てきました。
P1150026

「俺のルートファインディングも大したもんだ」と自画自賛(笑)
頂上は気温マイナス7℃、風速は4~5m/sといったところで、肌寒くなってきたのでハードシェルを羽織り、下山準備。
掘り起こした山頂標識付近の頂上台地。
P1150027

後は自分のトレースを辿ってゲレンデに戻り、ゲレンデを気持ち良く滑走するのみ。

しばらく自分のトレースを辿っていくと、途中からスノーシューと思しきトレースが脇から合流してゲレンデ方面へ向かっているのを発見。他にもスキーのトレースがあり、どのルートでここまで来たんだろう?と疑問に思いながら進んでいくと、5~6人のパーティに追いつく。
一人だけスノーボーダーのパーティでしたが、このルートでスノーボードはツラいだろうなぁと思いつつ、爽やかに挨拶を交わす。
頂上まで行ったんですか?と聞かれたので、行ってきましたと言うと、単独でしかも蘇武岳自体が初めてというのを「相当読図に慣れてますね」と非常に驚かれました。
「俺ってスゴいかも」と有頂天になりつつ(笑)、そのパーティと分かれて先行。ゲレンデスキーとは違い、山スキーは上手く滑るよりも無事下山することが重要なので、改めて気を引き締め下山続行。

僕の場合、読図力が身に着いたのは単独行で雪山を経験した成果ですね。パーティ登山だとリーダーに頼り勝ちになるので中々読図力が付きにくいでしょうし、GPS持ってるとGPSに頼ってしまうので読図が上達しないでしょうね。

12:00ゲレンデトップに戻り、起伏も無くなったんで、シールを剥がして滑走準備。
ゲレンデトップの雪庇を迂回し、滑走開始!
P1150028

ゲレンデ上部はパウダースノーで快適♪中部は重いパウダー。下部は気温が高い為かシャバシャバのザラメ雪でした。
前回の伊吹山の様なモナカ雪も無く、楽しくスキー滑走できました。

無事下山し、振り返ると上部はガスに覆われてました。
P1150029

伊吹山山スキー

伊吹山山スキー     平成24年1月8日(日)  Y山(単独)


本日厳冬期雪山伊吹山へ山スキーに行ってきました。
2012年初の山行は山スキーで幕開け。昨年2月にツボ足登高して以来の伊吹山です。

昨日、最新の予想天気図を見ると山陰沖に低気圧が発生し、天候が心配されましたが、1/8 21:00の時点でも大して進まない予想となっており、問題無いと判断。

この低気圧が発生したことにより、冬型の気圧配置が緩み、却って好都合。
等圧線の幅が広がっているので、厳冬期にしては風も弱いだろうと予測しました。

早朝6時過ぎ、ヘッデンの灯りを頼りに上野登山口出発。気温はマイナス4℃で天候は予報通りまずまず。

1合目からは積雪があり、スキーを履いてシール登高開始。
3合目に着き、伊吹山の山頂付近が顔を出す。
P1080001

ここから見ると、8合目付近の斜面は絶壁に見えます。

6合目手前で下山中の重装備の登山者が何故か浮輪を背負ってました。謎です。一体何に使うんやろ?
P1080004

6合目避難小屋から山頂への急斜面。
P1080005

7合目付近から9合目直下までの急登。
P1080007

8合目辺り、手持ちの高度計で1,080mの急斜面で流石にシール登高が厳しくなり、アイゼンに換装。
ピッケルを手にツボ足登高に切り替える。

ツボ足登高だとラッセルがキツく、スキーラッセルの楽チンさを改めて再認識。喘ぎつつ、頂上台地着。
頂上避難小屋は北面がびっしりと"エビのしっぽ"で覆われていました。
P1080010

山頂の像と標識も"エビのしっぽ"がえらいことになってます。
P1080012

風速は5~6m/s、気温はマイナス9℃。体感温度はマイナス10℃を下回って、立ち止まると寒い。

山頂台地から望む北方の景色。

P1080013

北面から見た頂上避難小屋。全体が凍り付いているように見えます。
P1080015

アイゼン&ピッケルからスキーに換装の準備をし、避難小屋で行動食を採りつつ小休止。
いざ滑走開始!

9合目から眼下を望むと、登山者・スキーヤー・ボーダーが列をなして登高中。
P1080017

伊吹山は百名山に選ばれているせいか、閑散とした氷ノ山に比べて人が多いなぁ・・・

山頂台地はパウダーと言っても差し支えない雪質でしたが、9合目から下はモナカ雪で滑り難く、快適な滑走というよりも下降という感じで下山しました。
1合目手前で日に当たった雪が適度なザラメになり、ごく短い滑降でしたが楽しめました。

記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

kobe_alpine

  • ライブドアブログ