滋賀県・八池谷 沢登り
日時:2018年6月24日
メンバー:ⓂM田、K谷、S、I橋(記録)


午前7時に谷上駅にてK谷さんの車にピックアップしていただき、滋賀県・八池谷へ向かった。
天候はこれ以上ない晴天で、前日まで空を覆っていた雨雲の姿はない。ⓂM田さんとK谷さんが揃って山に行く時は晴れるらしい。今回も2人の晴れ男の力が効いたようだ。
しかしここで事件が。なんと途中立ち寄ったコンビニでⓂM田さんが財布の中身を忘れたことに気づき、高校生のI橋からお金を借りる羽目に。普段の行いが良いから山に行く日は天気がいいと言い張っていたM田さん。こんな大失態があった日には天気が崩れるかもしれないとメンバー全員に不安がよぎる。
午前9時にガリバー青少年旅行村の駐車場に到着。準備を整え、9時半に駐車場を出発した。歩くこと20分、アプローチで迷ったが予定の入渓地点に到着した。


1529845608629







入渓から10分。魚止めの滝に到着。ロープを1本出し、滝に取り付いた。ⓂM田さんがリードで登り、続いて残る3人が登る。

続いて障子ヶ淵に取り付く。ここからはパーティを二つに分け、ロープを2本使ってK谷・I橋、ⓂM田・Sで組んで登る。
相手の姿が岩陰に隠れて見えず、滝の音でお互いの声が聞こえないビレイは不安でいっぱいではあったが、ロープの流れを見てクライマーの動きを想像し、それに合わせたビレイをするのはなかなか頭を使うものでこれもまた面白かった。K谷さんが「沢登りをすると頭が冴える」と言っていたのはこういうことが続くからなのだろうか。


1529941789977






なかなか日に当たることが出来ず凍えながら障子ヶ淵を越え、さらに遡行を続ける。障子ヶ淵の上部にて登攀中だったⓂM田さんがグランドフォールする事態が発生。落ちた際にM田さんに怪我がなかったのが不幸中の幸いであったが、沢の登攀には細心の注意が必要であるのだと改めて感じさせられた瞬間であった。


1529941828357  IMG_20180626_214650_900












その後は空戸の滝まで上がり、大岩壁を登って午後12時20分に大摺鉢に到着した。大摺鉢で昼食を取ったあとはお楽しみの飛び込みタイムである。K谷さん以外の3人はビビりながらも滝壺へ飛び込んでいく。これも楽しい思い出のひとつとなった。


15299416896151529845636561












午後13時10分、大摺鉢を出発しナメ床の美しい渓流を登って行く。10分ほど歩いたところでゴルジュが現れた。ゴルジュの上部から太陽の光が差し込み、澄んだ水はさらに美しくそそり立つ岩の合間を流れる。その美しい景色にしばしの間目を奪われていた。
しかし、その美しいゴルジュを通過するのにも苦労した。K谷さんが軽々と登った2m弱の壁をあとに続く3人はなかなか登れない。登ろうとしてもすぐに落ちてしまう。ついには2人がK谷さんが出したお助けロープを使ってなんとか登りきった。



152983177831415298297001211529845452353










美しいゴルジュを後にし、最終目的地である貴船の滝に向かって巻道を歩く。だんだんと水が流れ落ちる音が聞こえてくる。入渓から4時間、ついに貴船の滝に到着した。八池谷の中で最大級の大きさを誇る貴船の滝はその滝壺まで歩み寄ると思わず滝の流れが起こす爆風に押し倒されそうになる。高くそびえ立つ滝はまるで天へと続く道のような様相で、滝の上から差し込む光がさらに幻想的で雄大な景色を作り出していた。




1529844429720IMG_20180624_191032_541













滝の上部へ回り込み、K谷さんが貴船の滝を登るための準備に取り掛かる。懸垂下降で滝の下部まで降り、そこからアッセンダーで確保を取りながら登っていくK谷さん。轟々と流れ落ちる滝の横を登るK谷さんの姿を見て、ただ「すごいなぁ」と見つめることしか出来なかった。実はI橋にとってはこの沢登りが沢デビューであった。まさか初めての沢でここまでの光景が見られるとは思っていなかった。今回の沢で沢の面白さと凄さを味わえた良い山行だったと思う。




15299416569461529941876262













貴船の滝でK谷さんが登ったあと、遡行を打ち切って一般登山道を駐車場に向けて下り始める。途中、大摺鉢で休憩した際にはSさんが沢にかかる倒木によじ登り始めたのには驚いた。さすがはK谷さんにお猿さんと言われたほどの人は元気の良さが違う。


1529845693901












大摺鉢からは30分ほど歩き、15:30に駐車場へ到着した。

今回の山行では前日まで雨が降り、当日の天気が心配ではあったが無事に晴れてくれた(途中その天候を揺るがしかねない事件も起こってしまったが…)。水量も少し多く、苦労を強いられる場面もあったがおかげで普段よりも一段と迫力を増した貴船の滝を拝むことも出来た。
これからは夏になるにつれ、会でも沢登りに出かける人が増えていくだろう。会の皆さんが楽しく有意義な沢登りができることを願っています。