2016年01月20日

過去のカウンセリング講座(2016)

神戸メンタルサービスの過去の「カウンセリング講座」です。
今後のカウンセリング講座は >>> こちら

きくまるカウンセリング講座の一部は、 ダウンロードサービスきくまるで購入したいただけます。

【2016年】


恋愛のカウンセリング
16/12/23 東京 原裕輝   
私のカウンセリングで依頼が多い内容の一つが恋愛に関してカウンセリング。
パートナーを作りたいう内容だったり、なぜつきあっている人があんな行動をとるのか?
という疑問に対して心理分析をしたり、お別れに関しての相談だったりなどなど恋愛に関しての相談が多々あります。
恋愛のご相談というのは割合的にかなり多いように思います。
カウンセラー志望の方々は恋愛の相談があった場合どうしたらいいかをおさえておくと、カウンセラーになった時にきっと役に立つのではないかと思います。
ケーススタディーを用いて原的恋愛カウンセリングのアプローチを説明していきます。


●転移と逆転移基礎
16/12/16 名古屋 浅野寿和 16/12/02 東京 平準司 16/11/18 大阪 原裕輝  
カウンセラーにとって、もっとも危険でもっとも陥りがちな罠が「転移と逆転移」です。
例えば、親子関係に問題を抱えるクライアントは、カウンセリングが進むに連れてカウンセラーに徐々に「親」を投影するようになります。
そして、まるで「親」に対するのと同じような態度をカウンセラーに取りはじめます(転移)。
そうすると、まるでそのクライアントの「親」がするような態度をカウンセラーが取ってしまうようになります(逆転移)。
この現象により、親子関係がカウンセラーとの間に再現されてしまうという問題が生まれるのです。


誠実さ
16/12/09 大阪 平準司   
カウンセラーとして人に信頼されるためにいちばん大事な要素は、“誠実さ”かもしれません。
この“誠実さ”という要素があなたの生き方に入れば入るほど、人はあなたのことを信頼しやすくなります。
では、“誠実さ”とは、いったいどのようなものなのでしょうか?


心理療法入門
16/11/18 東京 平準司   
怒りから愛へと心を転換することで、癒やしがつくられるといわれます。
そのための作業である“心理療法”をどのようにして作り上げていくか、詳しく解説しましょう。


●エディプス・エレクトラコンプレックス 基礎
16/11/18 名古屋 池尾昌紀 16/10/20 大阪 平準司 16/10/18 東京 みずがきひろみ  
私たちの初恋はみんな不倫でした・・・そう聞いたら意外な感じがしますか?
私たちは生まれたころ、自分とお母さん、そして、お父さんの3人の世界が全てでした。
そして、その3者の中であらゆる人間関係の基礎を学んでいくことになるのです。
男の子は世界で唯一の女性であるお母さんを巡って、お父さんと競争を始めます。
女の子は逆にお父さんを巡ってお母さんとの競争を起こします。
その競争の結果は男女関係や仕事などあらゆるジャンルで影響を及ぼすことになるのです。


罪悪感を扱うカウンセリング
16/11/09 神戸 大門昌代   
どんな問題や悩みも、掘り下げていけば、罪悪感と無価値観に行きつくと言われるくらいに、カウンセリングで扱うことが多い罪悪感という感情。
男女の間で起こる様々な問題や、ハードワーク、親子関係や、友人関係での問題・・・掘り下げていくと罪悪感が顔を出すことが多々あるのです。
カウンセリングでは、その罪悪感をどのように扱い、どのように癒していくのでしょうか?
罪悪感が巻き起こす様々な問題と、その扱い方をお話しさせていただきます。


●補償行為 基礎
16/10/20 名古屋 池尾昌紀 16/10/13 東京 平準司 16/09/08 神戸 大門昌代  
例えば自己嫌悪があって人に嫌われる怖れがあると、そうならないように無理していい人になったり、人に気を使うようになったりします。
でも、それって本当の自分じゃないのでストレスばかりを溜め込んで辛い状況を招いてしまうんです。そういう行動を補償行為と言います。
私たちは大人になればなるほど、少なからず「補償行為」にはまってしまい、自分自身ではない誰かになり、そこに問題がやってきます。
補償行為をしているときは愛や親密感からも遠のいてしまうものです。そんな深層心理のカラクリを解説します。


イメージワーク入門
16/09/15 大阪 平準司   
心理療法でよく使われるイメージの力を使ったものごとの見方・考え方、そして、セルフセラピーにも応用できるイメージワークの作り方を解説します。


視点を変える
16/09/14 名古屋 池尾昌紀   
問題を抱えている時、目標を達成できない時、クライアントさんは心に余裕がなく、自分の考え方に捕らわれている場合が多いです。
そこから抜け出すのに有効な方法は「視点を変える」「新しい視点を得る」こと。
「実は愛はあなたの周りにたくさんある」のような視点が、クライアントさんを楽にしていきます。


自分とココロを整える
16/09/08 東京 大塚統子   
私達がうまくいかないと感じる時、ネガティブな方に傾きすぎたり、イカリにとらわれたり、自由を失ったり、心のバランスに不具合が起きています。
心をメンテナンスし、整えていく方法のうち、意識的に言葉を用いる方法を紹介します。
クライアントさんはもちろん、カウンセラー自身の心を整えるためにも、言葉の活用法への理解を深めましょう。原則を知れば、様々に応用していけるでしょう。


カウンセリングに大切なこと
16/08/25 大阪 大門昌代   
カウンセリングでは、心理分析や知識も大切ですが、それよりも大切なものがあります。
どう物事を見るのか?受け入れられる器がどれくらいあるのか?これがとても大切なのです。
心理学が人を癒すのではなく、人が人を癒します。
人を癒せる人になるために、物事の見方を学び、器を大きくしていきましょう。
将来売れっ子カウンセラーになるために、身近な人を癒せるようになるために、チャレンジしてみませんか?


●許し 基礎
16/08/24 東京 平準司 16/08/24 名古屋 池尾昌紀 16/07/28 神戸 大門昌代    
「許し」とは、心理療法の基本的な考えです。許しというのは、どういうことなのか、人が許せないのはなぜなのかを具体的に説明していきます。
どうすればクライアントが人を許しやすくなるのかをカウンセリング現場の話を織り交ぜて、みなさんに説明していきます。


魅力・才能の見つけ方
16/08/05 東京 大塚統子   
私達が問題の中にいる時、多くの場合「自己信頼」をなくしています。
それは、自分の素晴らしさや自分の持つ力を見失っている状態といえるでしょう。
カウンセラーがその人の持つ魅力や才能に気づくには、どんな点に着目していくといいのでしょう。
また、どんな伝え方がクライアントの心に届く表現なのでしょう。
自身が持っているものに気づく体験をしながら、魅力・才能の見つけ方を学んでみませんか。


●投影 基礎
16/07/27 名古屋 池尾昌紀 16/06/17 大阪 原裕輝 16/06/02 東京 平準司   
クライアントは、自分の中に持っているルールをそのまま人に映し出し、自分にしていることをそのまま人にも行います。
この講座では、投影をとは何か、そして人はどのように投影を使うのかをわかりやすく説明していきます。
カウンセリング現場でのクライアントの具体な投影を例にしながら、投影がどのように行われるかを学んでいきます。


自分に似た人へのカウンセリング
16/07/14 大阪 堀池典代   
私がカウンセリングをさせていただいていて、一番難しいと思うのが自分に似た人へのカウンセリングです。
自分に似ているからこそ、気持ちが分かり過ぎてどんな言葉を掛けてあげたら良いのか分からなくなることもありました。
そして、似ているからこそ、腹が立ってしまうこともありました。
私の数々の失敗談をこれからカウンセラーを目指される方にお披露目します。


受け入れ力
16/07/08 東京 原裕輝   
あなたは受けれてもらえなかったことで傷ついたことや嫌な思いをしたことはありませんか?
クライエントが社会で受け入れられなくて傷ついた思いが癒えていくプロセスでは、
その受け入れられなかった思いをカウンセラーが受け入れてあげることは癒やしのポイントになります。
ということはカウンセラーの受け入れる力が小さいと上手くカウンセリングが進みにくなっちゃうことになりますよね?
カウンセラーの受け入れ力を伸ばすためのヒントをお伝えします。


●家族の役割 基礎
16/06/24 名古屋 池尾昌紀 16/05/17 東京 平準司 16/05/11 大阪 大門昌代  
私たちは家族の中で役割というものを持ちます。
家族の機能不全を補い修復するためや、自分は欠けていると思いこんでいる部分を隠すのに役に立とうとして役割を持つことがあります。
ヒーロー・問題児・チャーマー・家なき子・殉教者という役割を担うのです。
あなたも家族で何らか役割を担っていたという覚えはありませんか?
役割を学ぶことはあなたの人生のパターンを知ることに役立ち、より良い人生のパターンを作るのに役立ちます。


怒りからの解放
16/06/23 東京 平準司   
解放といっても、それはガマンすることを手放して怒りまくれと言っているわけではありません。
この言葉の真意は、あなたの心から怒りというものをなくすこと。そのカギとなるのが、ものごとの見方や考え方を変えてみることです。
心の中から怒りがなくなれば、それを隠そうとしたり、抑え込もうとする努力も必要なくなって、もっとラクで自然体の人生を送れるようになるはずですよ。


感情の力学
16/05/26 神戸 16/04/20 東京 平準司   
私たちはときとして感情に苦しめられますが、その苦しさの原因はあなたが愛されていないことではありません。
そうではなく、「自分が愛していないもの」のすべてにあなたは問題意識をもっており、それこそが不安や恐れをつくるものの正体なのです。
感情には感情の法則があり、それはどうも、論理上の力学とはまったく違うようなのです。


カウンセリングQ&A
16/05/20 名古屋 池尾昌紀   
今回の講座では、カウンセリングの手法、心理分析、セラピーの手法など、カウンセリングをしていく上で必要なスキルについて、
みなさんからの質問に答えていく形で進めていきます。具体的で実践的なカウンセリング講座です。


●成長プロセス 基礎
16/04/13 名古屋 池尾昌紀 16/04/07 東京 16/03/10 神戸 平準司
私たちは子ども時代はオムツを替えてもらう、ご飯を作ってもらうなど依存をしている時期というのがあります。
そこらか自分でできるように自立していくという成長の仕方をします。自立の次は誰かと共にいきていくという相互依存という成長のステージがあります。
それぞれの成長のステージでどのようなプロセスや問題が起こるかを知ると、人生で起こることを成長のプロセスと捉え、発生する問題も乗り越えやすくなります。


カウンセラーとしての聴き方、話し方
16/04/08 大阪 大門昌代   
「きく」と言っても、聞くのと聴くのでは、聞き方が違います。カウンセラーは、聴くのです。
自分の価値観で聞くのではなく、フラットな状態で聴く。
聴き方ひとつで、クライアントさんが癒されることがあるくらいに、聴くということは、とても大切なことです。
話し方も同じで、カウンセラーの話し方というのがあります。
クライアントさんの、気持ちに寄り添いつつ、自分が話すことによって、どんな反応をするのか?どんな気分になるのか?を、ある程度予想しながら話します。
「そんなつもりで、言ったのではないのに!!」と、誤解を招くような話し方は、カウンセラーとしてはNGとなります。
また、より分かりやすく、より伝わりやすい話し方というものがあります。
「伝える」と「伝わる」は違うのです。
カウンセラーとしての聴き方、話し方について、学んでみませんか?


カウンセラーマインド
16/03/18 大阪 大門昌代   
カウンセラーは、カウンセラーマインドという心の持ちようで、ご相談者さまのお話をお伺いします。
このカウンセラーマインドは、カウンセラーにとっては、とても大切なものです。
また、カウンセラーを目指している訳ではないけれどという方にとっても、何かしらの問題や悩みを解決していくために使える技術です。
カウンセラーとしてよくご質問いただくのが、「暗い話ばかり聞いて、カウンセラーさんて暗くならないのですか?」というものです。
ならないのです。
それは、カウンセラーマインドを持っているからです。
カウンセラーは、どのように問題や悩み、ご相談者さまを見て、どのようにお話を聞いているのでしょうか?
カウンセラーにとって、とても大切なカウンセラーマインドについて、じっくりお話しさせていただきます。


カウンセラーを目指す人のための『自分の強み発見講座』
16/03/17 名古屋 池尾昌紀   
カウンセラーとして力を発揮するためには、自分の強み、得意なことを知っておくことが大切です。
今回の講座では、カウンセラーを目指す方のために、こうした自分の強みを発見していきます。


肯定的な理解はカウンセリングの要
16/03/11 東京 原裕輝   
私たちの心が傷つく時はどんな時なのでしょう?
その一つが『わかってもらえなかった』と感じた時ではないでしょうか?
例えばあなたの体験で『あなたの言っていることは正しいけど、私の言い分もわかってよ』と感じ、そして傷ついたことはないでしょうか?
逆にわかってくれる人がいたことで心が癒やされた、元気がでた、その状況を踏ん張れたというご経験はありませんか?
きっとあなたのクライエントになる方もそんな方はいるはず。あなたが理解することで救われる心があると思うのです!
カウンセリングだけではなく友人、恋人、子どもの心を癒やす術にも使えます。


●心の仕組み基礎
16/02/26 東京 原裕輝 16/02/24 名古屋 池尾昌紀 16/01/29 大阪 平準司
心は3つのエリアに別れているといわれます。私たちが普段認識しているのは意識という部分です。
意識は海に浮かぶ氷山のようなもので、海に浮かぶ氷山は船の上から見えない海面下に大きな氷の固まりがあるように、心も意識の奥にある2つのエリアはとても大きいのです。
その大きい2つのエリアは私たちの恋愛・仕事・人間関係などの日常生活に大きな影響を及ぼしています。心を理解することは日常生活をより良い物にすることができます。


●受容と共感基礎
16/02/18 大阪 原裕輝 16/01/20 名古屋 池尾昌紀 16/01/07 東京 平準司  
カウンセリングのスタイルには、いろいろなものがありますが、どのスタイルのカウンセリングでも、「受容と共感」がカウンセリングの基本となっています。
「受容」とは、相手を変えることではなく、クライアントをそのままの状態で受け入れることです。そして、「共感」とは、一緒に感じ、ともに泣き笑いすることです。
この講座では、カウンセリング現場での受容と共感をいろいろな角度からご紹介します。


売れっ子カウンセラーの器
16/02/05 東京 平準司   
“売れっ子カウンセラー”と呼ばれる人たちに共通すること、その一つが人間的に大きな器をもっているということです。
つまり、さまざまな人を受け入れるだけの幅広いものごとの見方ができるわけです。
人それぞれ、好き嫌いはあるものですが、器の大きい人はこの好き嫌いが少なく、守備範囲が広いことも特徴です。では、どうすればそんな人になることができるのか‥‥? 
久しぶりの実名シリーズで、売れっ子たちの大きな器の中身を披露していきましょう。


●カウンセラーとしてのものごとの見方入門
16/01/14 神戸 平準司   
カウンセラーには、一般とはちょっと違うものの見方・考え方が必要とされます。
たとえば、遊び歩いている人を見たとき、カウンセラーは「一人で過ごす時間が淋しいからではないだろうか」などと考えたりします。
つまり、「人はなぜ、そういうことをしてしまうのか」といった“行動の土台”にあるものにたえず興味をもち、深く考えることが求められるわけです。
そのようなものごとの見方を学ぶ講座です。


 

 

 

 

 



Posted by kobe_mental at 01:30│ カウンセリング講座